【FDの考え】

日常の、些細な事柄から心の琴線にひっかかったコトについて書き綴ってみようと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再度、ボールを投げ返させてください・・・転載機能の件です。

先日、OYAJIさんのもう一度、転載について(1)という記事に対してYahoo!Blog転載機能・・・こんな考え方・・・かな。という記事を作成し、トラックバックをさせてもらいました。

そして、僕のその記事に関してOYAJIさんからもう一度、転載について(2)
という記事をトラックバックしてもらいました。



話題の方向が若干広がった感がありますので、ちょっと整理をしたいなと思います。


転載機能そのものに関する記述と、僕の記事の意図や目的の部分の記述の二つの話題が出てきていますのでOYAJIさんの記事の「行動するなら効果的な行動を」という項目を境に上下に分けて話をさせてもらいますね。


共通認識としては、やはりというか当然というか・・・著作権にからむ危険性、そして転載機能というものは使い方を誤るとトラブルの原因となるよ、というのは一致しているかと思います。


そして、ここからが意見の色合いが分かれる点ですよね・・・?いわゆる「転載機能をどう処理するか?」という点ですよね?OYAJIさんの記事の中の「行動するなら効果的な行動を」より上の部分が、それに対するご意見と解釈しました。


もう一点、これは前回の記事も併せて包括的な前提として捉えて頂きたい点・・・それは「トラックバックすることによって、OYAJIさんの意見を論破するだとか、僕の意見の正当性を証明するものでは決してないこと」です。

この前提をもって読んで頂かないと、記事から受ける印象が全く違ったものとなってしまいます。是非よろしくお願い致します。では本文に・・・。


第一、「もう一度、転載について(2)」及び「仕掛けとは何か?」部分から・・・

僕は「あるから使う」ではなく「あるけど、使わない」スタンスでいます。そしてOYAJIさんは「ルールを設定した上でマナーを遵守し、使う」というスタンスですよね?

僕は、どちらかというと臆病な人間なのかもしれないです。(自分の記事を人が転載したがる価値があるかないかは別としてですよ^^;)自分の管理下から離れた記事がどんな動き方をするか予測できない状態に陥ってしまったら、原作者・被転載者としてとても責任を負えないと考えてしまいます。


「いやいやFDさん、それは考えすぎだよ♪著作権に抵触しない、違法性のない記事ならさ、万が一マナー違反の転載のされ方をしたって問題ないでしょう?転載する人を信じようよ♪」


ぶっちゃけ、そうなのかもしれません。が、僕は「(転載機能選択が現在デフォルト可の状態において、可のまま何の意識もせず放置するという)そういったクセ」に慣れてしまうのが怖いのです。


ブログというものは、記事として投稿ボタンを押した時点で全世界の人間が見る機会をもつものとなります。

全世界の人間が自分の記事を読む機会がある・・・ちょっと大げさかもしれませんが、それだけで「ブログを運営していない状態」と比較して責任が一つ、自分の背中に加わります。

Yahoo! ブログ以外の他社ブログを運営し、アクセス解析を設置し自分のブログにアメリカ・ヨーロッパ・東南アジアから見に来てくれていることがわかってから、その責任に関する自覚がより一層増しました。

「自分で書いた記事に対する責任って重いよな・・・それがたとえ他人から見たら駄文といえども。」

こんな感覚です。そしてそういった気持ちが増えたが故に自分の記事をボタン一つで転載者のところに持っていける転載機能には「自分の責任の範囲の拡散」を真っ先に考えてしまう訳です。

OYAJIさんが提唱されていらっしゃるローカルルールは確かにOYAJIさん自身が転載機能に関しての危険性を認識され、少しでもその問題を減らそうという意識のもと行なっているということは理解できます。

ただ臆病な僕はOYAJIさんも記事内で発言されていた『転載機能が無かったとしても、「転載行為」が無くなるとは思えません。』という点に目がいってしまう訳です。

ローカルルールを設定し、それを理解している良識ある転載者に対しては浸透したとして、そうでない転載者、しかも悪意(法律用語でない、通常用語としての意味合いです)の者が転載、更には二次転載したならば・・・とついつい考えてしまう訳です。


実は、「やっぱり転載機能って、今の仕様のままじゃ駄目だよな・・・」と思った出来事が一つありました。それはOYAJIさんが転載なさった★都道府県の名前を当ててください!という記事でのコメント欄のやりとりです。

実は・・・僕も・・・あの記事を読んでいる途中、「え?これ、二次転載を推奨しちゃってない?」と思ってしまいました。

記事は上から下に向かって読んでいくものです。途中にそんな印象をもったまま最後の文末に・・・そして、OYAJIさんの一番最初の「この記事は転載記事です」という注意書きのコメントを見て、「あぁ、あの文章は原作者・被転載者自身によるものか・・・『転載元からの転載は自由です』という意味ね。二次転載を推奨するものではない訳ね。」と思った訳です。


転載機能によって転載された記事は、中身が改変できない関係上、原作者の言葉のまま他者のブログに転載されてしまい、原作を見ていない訪問者はその転載記事をOYAJIさんの記事として捉えてしまう危険性があるのではないか?と思った訳です。

「FDさん、それはあなたがバカだからでしょう?そんなのじっくり読めばわかることでしょう?」

なんて反論はしないでくださいね(笑)僕の文章読解力が高い・低いということではなく・・・いえ、僕の能力が低いと断定してもいいです(笑)

要は「転載によって読者が誤解しやすいものになってしまうのではないか?原作者・被転載者による言葉なのか、転載者による言葉なのか誤解しやすいのではないか?」と感じたのです。「同じ空を見ていた企画」の転載記事を見た時も同じ印象を受けました。


そうなると、原作者は「この記事は転載されてもいい」と意識した途端、「転載されることを想定し、更に訪問者が原作記事よりも先に転載された記事を読まれた場合も考え文章を構成」する必要も生じるのではないかと・・・。

例えば前述のクイズ記事・・・

問題の転載は可としますので、みなさんのブログでテストをしていただいても差し支えません。
転載時の「転載します!」などのコメントは不要です。
転載時には、転載先の確認のためにトラックバックも併せて入れていただきますようにお願いいたします。
※記事部分最下段部分の引用


とある部分を・・・

記事冒頭には「○○というブログの○○がこの記事を書きました」と入れる。
記事の文末には、「当該記事は転載可とします。但し転載は記事作成元である○○の元記事を転載してください。転載された記事から御覧になられた方は、誤ってその転載記事の転載(二次転載)なきよう、お願い致します。」と入れる。


うがー!良い表現が浮かばない・・・!(涙)というより、転載を想定して記事を書くと余計なものがつきすぎちゃう!(涙)

・・・と思ってしまいました。



「記事そのものが全く同じまま移転してしまう特性」が故に「場合によっては、転載者の言葉としてとらえられてしまうのではないか?」ということを言いたいのです。


実際、現在のYahoo!ブログの仕様においては、転載した記事と元々存在している記事の差というのは、記事右下の「転載元」という表記しかないですよね?書庫のリスト欄では【転載】と出ますかね?(間違ってたらごめんなさい)だからこそOYAJIさんはコメント部分にて「この記事は転載記事です・・・」という注意を喚起するコメントを一番に入れておられると思います。


SNSのように閲覧する人間がある程度管理者によって把握できる仕様と違い、ブログは本当に無秩序に閲覧可能です。Yahoo!ブロガーという肩書きがあるだけで転載できる権限を持ってしまいます。転載機能を使わずともコピペして転載もできる状態ですから転載機能があろうがなかろうが相違はないのかもしれません。ただ自分は自らに負担をかけてしまう要素を備えた機能に固執する必要はないのかな・・・と考えてしまう訳です。


結果としてOYAJIさんが提唱されている転載機能についての考え並びに現在の仕様に対する対処アイデアに対して反対している論述となってしまいます。でも・・・記事冒頭の前提を忘れないでくださいね。このやりとりを見て各ブロガーさんが、「自分だったらどうするかな?」と考えてくれたらいい訳ですので・・・。


「FDさん、あなたは別に How to 系のブログ運営をしてる訳じゃないんだから、そこまで深く考えなくても・・・」という声がROMをしている皆さんから聞こえてきそうです・・・(笑)。




第二、「行動するなら効果的な行動を」以降の部分から・・・

OYAJIさんの転載機能に関する純粋な考え、そしてそれに対するOYAJIさんの取り組みとして行っている記述がなされていた記事前段に対し、後半のこちらの部分からは「僕の記事全体、及び他の転載機能に対し否定的意見を述べられている方々に対するOYAJIさんの雑感的要素」の記述となっているかと思います。


ここから述べる僕の記述は冒頭に示したとおり

「トラックバックすることによって、OYAJIさんの意見を論破するだとか、僕の意見の正当性を証明するものでは決してないこと」

を前提にして読んで頂きたいと思います。

「OYAJIさんの意見を論破するために記事にして挑んだ(トラックバックした)」

というスタンスで記述を読むと、受ける印象が全く変わってしまう可能性もありますので・・・。


僕の「目的」について・・・
僕が「転載機能ってよくないよね」という記事を書いたのは、OYAJIさんが述べられた「危険な転載機能の乱用を少なくする為」という気持ちをもって記事を書いたのは事実です。


「何故OYAJIさんの記事にトラックバックしたのか?」という点について・・・。

OYAJIさんが自分の作成したブログ記事、そしてそのブログ内部にて自身で書かれた文章に対してどのような気持ちで書かれたかは内面の問題となります。

僕達読者はあくまで具現化されたもの=記事・文章から「あぁ、この人はこんな考えをもっているのかな?」と思いを膨らませます。


「楽しむYahoo!ブログの作り方♪」というOYAJIさんのブログ、いつ頃から僕は閲覧しだしたかもう忘れましたが、ゲストブックにある・・・

Yahoo!ブログ初心者の為のお役立ち解説記事が満載!
ブログペットやアクセサリーの設置方法
音楽ソースの付け方など、楽しむ為のノウハウ盛り沢山♪
(OYAJIさんのブログのゲストブックの記述を引用)


や、記事の文章、そしてコメントに対するOYAJIさんの対応ぶりを見させて頂いて「あぁ、初心者を中心とした方々に対してブログというものを運営するにあたり方向性を指し示そうとしているな」という点を感じています。


「How to 系ブログ」


というジャンルの仕方で区分けしていいのかわかりませんが、「PC知識・ネット知識の乏しい方々に対して様々な方法・手法を紹介し、導く作業を中心に運営されていますよね?

事実、過去において、僕もOYAJIさんのブログではありませんが(ごめんなさい)ブログペット設置に関して同様の運営をされていらっしゃる方の記事をROMしながら自身のブログにブログペットを設置しました。その時は本当に助かりました。

教えるという作業は、本当に大変ですからね・・・。

そういった苦労を読者が理解しているからこそ、「OYAJIさんOYAJIさん♪」と訪問された方々が親しみをこめて何度も足を運ぶのだと思います。

そして色んなところで「参考ブログ;楽しむYahoo!ブログの作り方♪」という紹介リンクまたは言及記事を見かけました。

「ここのブログ(OYAJIさんのブログです)のおかげで○○ができました♪」

といった紹介・・・そしてトップページに「お気に入りブログ」として掲げられている様子・・・そういった光景を多く見ています。


ブログに限らず色んなジャンルで「~~流」などという「教えの伝承が川のようにつながった形」ができあがっています。

僕はOYAJIさんは「OYAJIさん流」というYahoo!ブログ内において、一つの伝承の川を既に形成されていらっしゃる立場にあると思っています。

ブログに限らず、どんなジャンルにおいても How to 系、いや、換言して「人に教え導く立場」というものは教える醍醐味・喜びを味わえることと同様、大きな責任・影響力をもつものと思います。


「ブログ初心者なので、勉強させてもらいます」
「おかげで自分のブログが○○になりました!ありがとうございました!」
という感謝の言葉に喜びを感じ、明日へのブログ運営の活力となるかと思えば・・・


「だって、○○さんがこうしていいんだよ、って言ったんだもん♪」
「○○っていうサイトに書いてあったからさ♪」
などという言葉がいきなり襲いかかってくることもあるでしょう・・・



確かに訪問者数や一番最初に訪れるブログは?という問いについてはトップページに掲げられているランキングに入っているブログかもしれません。

が、しかし・・・「ブログとは?」「ブログのハード面の方向性」など、ブロガーが模索するべき状況に陥った時に訪問するブログは・・・?そして、立ち止まって色々なことを考える可能性が高いブログは・・・?


僕は、そういった時に頼るブログは、OYAJIさんのようなブロガーが運営している How to 系ブログであると思っています。


「ブログペットでどうやったらつけられるのかな?」
「アクセスカウンターつけてみたいけど・・・」
「ブログに音楽を流したいな♪」
「Yahoo! のヘルプじゃ Wiki文法がわからないや(涙)」


きっかけはどうあれ、自分のブログに対し、記事の充実以外の何らかのアクションをかけようとする場合に一番に訪問するブログは How to 系ブログであると思います。


その中で、OYAJIさんのブログは、そういった類のオーソリティーのようなブログではないかと僕は思っています。

ランキングにあがっているブログは確かに訪問者数は多いでしょう、が反面「素通りユーザー」が多いのも否定できないと思います。

逆にOYAJIさんのブログは、ユーザーが定期的に訪問しOYAJIさんの記事を何度も読み返し、OYAJIさんが指し示す方向に対し影響を受けているかと思います。


そんな影響力のあるOYAJIさんのブログだからこそ、こういった意見の交換をする価値があると思った訳です。

ブログペットなどのブログパーツの紹介やWiki文法の紹介のみならず、ブロガーとして初心者の方々を導いていくんだというような意気込みを記事やコメントから感じます。そして訪問者がOYAJIさんに対して投げかけるコメントには、OYAJIさんを師と仰ぐような発言をされる方も多いように感じられます。

現在、OYAJIさんが自身のブログに対してどんな考えをもって活動されていらっしゃるかわかりませんが、前述のような紹介記事を掲げ、更には記事にて表明・活動している以上、自身が持っていらっしゃる影響力を自身で認識しておく必要はあるかと思います。訪問者数○○人などの表層に表れるものばかりが影響力ではありません。


「なんでもっと実効性のある行動をしないの?」という点について・・・
「直接違反しているブログに対して行えばいいのではないか、その方が即効性がある」という記述をされていました。色々なブログを巡回して、そういった対象の方々に注意喚起せよという意味だと思うのですが・・・。


これは奇しくもOYAJIさんの記事から読み取れる、「現在の転載機能の仕様に対してウチはウチなりの対処法をしている。なのになんでこのFDは『転載機能否定!』などとトラックバックをうってくるの?」と持っていらっしゃる疑問が象徴しています。


他の転載機能否定意見を持っていらっしゃる方々の気持ちはわかりません。ですからこれはあくまで僕個人の考えとして記述します。

How to 系ブログとして初心者の方々に対して色々な啓蒙をしていこうというスタンスを持って活動をされていらっしゃるOYAJIさんですら、「なんでウチに?」的な感覚をもたれているのに・・・どうでしょう?いきなりバカスカ「あなたのブログ、違反ですよ!」というトラックバックをガンガンうちこまれたら・・・?

即効性を求める方法としてはそういった方法がよいのかもしれません。そういった行動により「あぁ、自分のブログ運営は間違っていたのか」と改心される方もいるかもしれません。が、記事内容と関連の薄い、しかも警告の内容が含まれたトラックバック・コメントがなされたら・・・しかもそういった訂正をさせる権限を持たないような一介のブロガーから・・・。


チマチマと、即効性のない行動かも知れませんが、ブログの真骨頂である「記事を書くこと」によって人に普及し、場合によってはトラックバックでそれぞれが繋がり、少しずつ少しずつ浸透していく・・・そういったコトでは駄目ですか?



「臭い物にフタ的思考では解決しないのでは?」について・・・

この部分の「当ブログが、全ての記事を転載不可設定にする事が目的でしょうか?」という感想を持たれている時点で僕は「OYAJIさんの意見を変えさせてやる!」と誤解されていると思ってしまいました。


クドクドと何度も言います(笑)そういうつもりでトラックバックをしている訳ではないです(笑)

このやりとりを見て、「自分だったらどうする?」と考える人が増えればいいと思っています。僕は正義の使者でもありませんし、「あなた、こうしなさい!」なんて意見を押し付けるつもりはないです。記事の読み手が各自判断していけばよいと思っています。

当該部分の中身に関しては、今まで述べてきた部分と重複しますので割愛をしたいと思います。



ちょっと蛇足として・・・これは議論でもなんでもない・・・言葉遊びです・・・。
「臭い物にフタ・・・」・・・「元を断たずにその場しのぎ」ということでしょうか・・・?転載機能にはメリットがあり、そのメリットを生かすべくアイデアを絞ればいいのに、その良さを見殺しにする形で全否定する考え方はいかがなものか、という意味で使われたのだと思います。


「臭い物」を「違法転載行為の撲滅」ととらえ、「フタ」を「転載機能否定という考え方」ととらえるのかな・・・でも・・・フタをしなかったら・・・?そして、閉じようとするフタが、規格外のものだったら・・・?


またまたこの記事の前提を忘れないでくださいよ・・・。「論破」でも「揚げ足取り」でもないのですから!(笑)

『転載機能が無かったとしても、「転載行為」が無くなるとは思えません。(だから使ってもいいのでは・・・?)』
『転載機能にローカルルールを設定しても、守らない人は守らない。(だから転載機能そのものを使うのやめたら・・・?)』

この二つの「フタ」・・・二つとも「臭い物そのものを除去」すること、できませんよね・・・(涙)じゃあ、「フタ」も「フタ」なら、より臭いを封じ込める具合の強いフタの方がよいのではと思ってしまう訳です。


僕は・・・そうですねぇ~・・・転載機能の否定のためのことわざとしては・・・「泣いて馬謖(ばしょく) を切る」かな・・・。


確かに使い方によっては可能性として広がりがありそうな転載機能・・・が、現在の仕様においてはメリットもあるのでしょうが、デメリットも・・・。う~む・・・Yahoo!ブログ界において統制を乱すような機能は・・・可能性がある機能を切るのは惜しいが・・・えい!(斬り!)・・・あぁ・・・こういう時はブログで音が出せるといいのですが・・・。

将来は有望な若手・・・才能あふれる若手ですが・・・切らなくてはならないツラさ・・・こんな使い方はいかがでしょう?

「泣いて馬謖(ばしょく) を切る的思考では?」という言葉に直して掲載されたら、より「プラスのストローク具合」が上がるのでは?と・・・。だって「臭い物にフタ」って、ネガティブイメージが先行してますから・・・それを見出しとして出されたら、短気な人はそれだけで「攻撃モード」になってしまいます(涙)・・・それではプラスどころかマイナスのストロークですよね・・・。

すみません・・・かなりの蛇足です。申し訳ありませんでした(涙)



第三、最近の直リンクの件で・・・ここからはもう世間話として読んでください・・・。

最近、OYAJIさんの記事から直リンクの話題で意見が交わされていることを知りました。色んな方の記事を読み、その話題に触れ、自ら考える・・・これこそブログの真骨頂です。

直リンクそのものの是非については、僕自身まったく知識がありませんので、どちらが良い悪いなどとても意見できません。


問題は、並びたつ二つの意見の普及が「転載機能」で広がっている点です。


実は、OYAJIさんの記事からトラックバックを辿って色々な記事をまわりました・・・。


その途中・・・「あれ?これ・・・さっきも見たな・・・」と・・・案の定、記事の最下部まで行ってはじめて「転載記事」だとわかりました。


そして、各転載記事に対してコメントがなされ、各転載記事ごとに論争が・・・。


しまいにはOYAJIさんがよかれと思ってしたことに対し、転載者がOYAJIさんにクレームともとれるコメントを・・・。


これ・・・OYAJIさんの提唱するローカルルールを完璧にこなしてたとしても、「各転載記事にて発生するコメントのやりとり」は制御できないような気が・・・。


そしてこの問題で僕が思ったのが「転載者は、『この記事、賛同できる』という気持ちだけで転載してしまって、論争になった時は自分の言葉で記事を綴っていないから大変だな」ということです。

「賛同できると思ったので転載したまでです」
「内容の詳細の知識は、自分にはありません」

なんて・・・まずいなぁと見てて思ってしまいました・・・。


そして、双方ともに「転載可、二次転載もいいよ」的書き方をしちゃってるので、転載・・・そして転載しました通知の意味合いのトラックバックのオンパレード・・・。


これは訪問者さん達が混乱してしまわないでしょうか・・・。


直リンクという、中身が濃いものが故に余計に混乱をしている気がします・・・。そして中身が濃いものが故に・・・記事の訂正などをする必要性にせまられた場合・・・。


「それは直リンクなんていうディープな話題だからだよ、FDくん。例えば企画モノの連絡事項などには転載機能なんてピッタリの機能なんだよ。」


というのはナシですよ(笑)何故なら、ブログを運営する人のネット知識・マナーレベル・物事に対する許容度・・・様々な要素で千差万別です。「記事の内容の程度」と「転載する側のレベル・問題に対する認知度の程度」の両方が備わらないと・・・。「記事の中身によって、そして転載者の程度によって機能そのものの是非の評価が変わりやすい」というのも・・・ですよね?


「直リンクの問題かぁ・・・考えたこと無かったなぁ・・・ちょうど良い機会だから、勉強させてもらおう」と思って記事に臨んだ僕でしたが、転載&トラックバックの迷宮に迷ってしまい「直リンクについて」考える間もなく・・・沈没してしまいました(涙)。




すみません・・・長々と駄文・乱文を書いてしまいました。でも、おかげで色々とよいやりとりができました。ありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

コメント

初めまして☆UOOと言います。
OYAJIさんの記事からきました。
私も直リンから転載&トラックバックの迷宮にはまりましたΣ(´Д`;) 
難しい問題ですよネ。。。
まとまりのない記事なんですケド、トラックバックさせて頂きます
ヨロシク<(_ _`*)X(*´_ _)>ヨロシク
追伸 YAHOO外のブログにコメントした事がほとんどないので、名前のみ記入とさせてもらいました。。。(〃 ̄ω ̄〃ゞヨクワカラナクテ…☆

  • 2006/04/18(火) 22:05:35 |
  • URL |
  • UOO #-
  • [ 編集 ]

UOOさん、こんばんは。 はじめましてw

直リンクの話題は、もう核心の部分が・・・途中から見始めた方は何がなんだかわからない状態に・・・。あげくのはては「個人攻撃」的扱いをされてしまって・・・。

直リンクに対する双方の立場の「軸となるブログ」を中心に読んでいかないと本当に大変です・・・。

「なるほど、わかりました!」「う~ん・・・難しくてわからない(涙)」的一行コメントも混乱の一役を買っている気が・・・。コメントのやりとりそのものも、収拾がつかない状態になっていますね(涙)

なんにせよ、一つ一つ自分で噛み砕いて、ゆっくり理解していきましょう。

トラックバック&コメントありがとうございます。

  • 2006/04/19(水) 00:23:38 |
  • URL |
  • FD #hvx9OM2A
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fd3sawada.blog56.fc2.com/tb.php/7-9c03254e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

もう一度、転載について(3)

= もう一度、転載について(3) ={{{&#39;&#39;&#39;[http://fd3sawada.blog56.fc2.com/blog-entry-7.html 再度、ボールを投げ返させてください・・・転載機能の件です。]&#39;&#39;&#39;}}}まずは、先の記事で精神状態的に非常に失礼な状態で書いていた事をFDさんにお

  • 2006/04/14(金) 04:21:03 |
  • 楽しむYahoo!ブログの作り方♪

直リン・直リンク 直接リンク

直リン↑なおりんじゃなく、ちょくりんデス(〃 ̄ω ̄〃ゞカルイギャグサ||&lt;#ffffff&#39; style=&#39;font-size: 18pt;vertical-align: text-top;word-spacing:575px;width: 560px;color: #00cc00;font-weight: bold;text-align: left;layout-grid-line:auto&#39;``最

  • 2006/04/18(火) 22:07:06 |
  • WIKI・ HTMLお勉強&#9825;

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。