【FDの考え】

日常の、些細な事柄から心の琴線にひっかかったコトについて書き綴ってみようと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo!Blog転載機能・・・こんな考え方・・・かな。

楽しむYahoo!ブログの作り方♪もう一度、転載について(1)という記事に触発されて記事を書きたいと思います。



話題①
Yahoo!ブログの仕様としての「転載機能の是非」及び著作権に対する意識啓蒙

話題②
話題①に対する言及・行動


これを一つにくくった話題として捉えるのではなく、ちょっと分けてで考えてみようと思います。いわゆる脱線部分「コメントに関する点」は今回の記事では述べることはやめておきます。


話題①について
共通認識としては「著作権法に抵触するブログ運営の仕方はいけませんよ」は一致していると思います。ですからその認識についてはもう触れません。


その認識を踏まえてYahoo!ブログを見てみます・・・Yahoo!ブログには転載機能という他社ブログでは見かけない機能が存在・・・そしてそれが容易な方法にて他の方の記事の転載を認めるものであり、さらにデフォルトで「可」の状態になっている、ということですよね?

そして、Yahoo!ブログ・ユーザーの多くがその転載機能に関して、更にはその背後に潜む様々な可能性に関してあまり考えを及ぼさずにデフォルト「可」のままにしている。(色々な方々のご尽力により、設定を「不可」にしようとするユーザーさんもいらっしゃると思いますが。)転載機能を認識してて「デフォルト『可』」と転載機能を認識していないで「デフォルト『可』」では大きく意味合いが異なる訳です。

著作権法という大きな問題もさることながら、人の記事若しくは記事に含まれる画像その他一切を持っていかれる訳です。「著作権法違反だ!抵触している!」という問題に限らず「わたしが撮った写真が・・・知らないうちに・・・」「自分が作ったネタが・・・パクられてる・・・」という問題も全て包括して発生する訳です。

問題は、「問題の程度・質に関わらず、その問題が発生した後に転載機能の良くない点を理解する危険性をはらんでいる」ということです。


「え?そのまま投稿すると、勝手に転載されちゃうの?知らなかった・・・。」
「転載機能って、そういう使い方なんだ・・・。」
「そんな使われ方、されちゃうんだ・・・。」


その可能性を想定できてしまうからこそ、現時点における転載機能及びデフォルト「可」設定では駄目だよという考えになるのかなと思います。


確かに転載機能のメリットという点も否定はできないと思います。


ある特定の呼びかけや連絡事項など原作者(被転載者としましょうか)の意図を壊さないようにもっと多くの方々に広める・・・そんな点においては転載機能は被転載者さんの記事そのままを自身の記事にすることができる分正確な情報を伝達できるでしょうね。


転載は転載元から行う、転載をした場合はトラックバックなりコメントなりで通知するなどの取り決めをし転載するというローカルルールを設定し、更には転載者の良心に委ねる転載をこころがける。そういったことでトラブルの発生を防止する。


若干、心配なのが、これらの作業は全て「被転載者の願い」であり、「転載者の意思に委ねられている点」なんです・・・。


「別にボタン一つで転載できるんだからいいんじゃない?なんでトラックバックする必要あるの?」
「転載してくださいって記事にあるから転載しただけだよ。それは駄目なこと?え?イチイチ連絡する必要、あるの?」
「別に転載元から転載しなくたって、いいんじゃない?」


などというテケトーなコトを考える方(いないとは思いますが・・・)が転載をした場合、被転載者はどうされるのでしょうか?そのブログに訪問し、諭す作業をすることになるのでしょうか・・・?


「自分のブログに訪問されているブロガーさんは、そんな悪いことはしない!」というお叱りの言葉が聞こえます・・・。が、続々と流入してくる超初心者・低年齢者さん達・・・ネット・マナーを覚えて頂く必要のある方々・・・そんな方々がマナー・ルールを覚える前に「ポチッとな♪」と転載ボタンを押してしまったら・・・そして、それを更に「ポチッとな♪」と転載・・・。ネットポリスがごとくあらゆるYahoo!ブログを巡回し、「ルールに則ってないブログ探し」をする必要にせまられます。

自分の記事も考え作成し、コメントもしっかり返し、更にはルール上好ましくない転載をしているブログを巡回し、その管理者を諭す・・・。途方もない作業に思えてしまいます。



逆に「転載機能のメリットとして挙げられていた点」を従来から存在する方法で代用できないか?も考えてみます。


真っ先に挙げられるのがリンクでしょうね・・・。「実は○○の△△さんという方が、こんな企画を行っています。私もその企画に対して、○○なことができるので協力していきたいと思います。企画の詳細は下記リンク先まで」なんて書き方で企画の紹介をする訳です。



メリット・デメリットを比較検討して・・・という言葉をよく耳にしますが、転載機能によるメリットが他の方法にて代用が可能ならば、自ずと転載機能は是か非か?という答えは出てくるかと思いますが・・・。



「仕様としてある以上、使えばいいじゃない?あるものを使わないのは勿体ないよ。使いながら、著作権・マナーに対する意識啓蒙していこうよ。」


「今、自分が置かれている状況、目の前にある材料で、いかに物事を進めていくか?」という言葉、僕も好きです。「どうしよう、~になったら・・・どうしよう、~されたら?」などという未来の不確定な事柄に対して右往左往することなく、現時点の状況でベストをつくすということですよね?


僕は、「あるから使う」という選択肢ではなく、「あるけど使わない」という選択肢をとることも重要だと思います。


Yahoo!はユーザーの良識ある使用を想定して転載機能を設定したのかもしれません。そして色々な方のご尽力により、Yahoo!が想定している通りに正しく使用されるブロガーさんも増えているのでしょう。


が、あくまで転載者の良識に委ねられているこの仕様においては、悪意あるユーザーが発生した場合、Yahoo!の想定外の状況に陥ると思います。そして「良識ある使用を期待してました」というYahoo!の対応に、被転載者はどう思われるのか・・・。


「そういった事はさ、啓蒙活動をしていくことが大事なんだよ。正しい使い方を広めていこうよ。」


啓蒙活動というのは、時としてゴールの見えない活動になります。どの段階をもって啓蒙活動の終了・・・ということが見えにくい訳です。加えて前述の通り、ブロガーはどんどん増殖する訳です。転載機能条件付可+啓蒙活動により覚醒されたブロガーさんの増殖と、初心者ブロガーさんの増殖・・・増殖率を考えると・・・(涙)


決して、啓蒙活動そのものを否定している訳ではありません。そして「啓蒙活動やっても無駄」なんて、これっぽっちも思っていません。多くの時間を割き、初心者さん達をはじめとした多くのブロガーさん達に対して行っている活動は素晴らしいものだと思います。


僕はその活動が、より充実した効果のあるものであって欲しいと思います。


奇しくも「転載機能が無かったとしても、転載行為が無くなるとは思えません。」と記述されたようにマナーを守らない方は悲しいですがいらっしゃいます。そういった状況があるにも関わらず、更にその要素を増加させる現在の機能を使用するというのは・・・いかがでしょう?




話題②について
言及・行動もせずにいる・・・

「Yahoo!ブログの転載機能は、こんな危険性に発展する可能性を秘めている。だから使うべきではない」
「転載機能、やめようね。」
「著作権というものは・・・」

という記事・・・これまで何度見てきたことでしょう・・・。「自分の言葉で記事を綴り、ブログにて公開する」作業そのものが、この話題に言及しているなにものでもないと考えるのですが・・・。


そして行動・・・「自分はこれだけのことをやっている。記事にて批判記事を出すだけじゃダメダメ。もっと積極的にいかなくちゃ。」というコトを指していらっしゃるのでしょうか・・・。


「Yahoo!に改善の投書をしてない、若しくはしようとしないあなたが偉そうなコトを言う筋合いはない」
「違反しているブログにまで訪問し、諭すぐらいやらないとこの問題に対して意見する資格はない」


行動の量の多い少ない、活動の中身の濃い薄い、具体性の有無が、その者の意見の正しい正しくないを決める尺度にはなりませんよね?



「みんなさ、転載機能はダメって言ってるばかりで、それを記事に書くばかりで・・・そんなんじゃさ、どんどん新たに誕生する新規ユーザー・・・その中でも超初心者・低年齢者のユーザーには意見、届かないって!Yahoo!にだって投書しないと!間違ったことをしているブロガーには直接言って指導してあげないと!」


もっと沢山の賛同者を背景にかかえ、もっと初心者に対して啓蒙活動を行うHow to 系ブロガーさんがいて、その方が「私はこれだけの活動をさせて頂いております。そして私の転載機能に関する所見としては、NO!です。不要です!」となったら・・・?


何度も言います。そういった地道な活動そのものを否定している訳ではありません。自分にはできないことをしている時点で尊敬に値します。素晴らしいと思います。


・・・が、それだからといって盲目的に意見に賛成することとは違うと思います。


僕は、ブログにおけるそれぞれの管理者さん達は対等でいいのではないか?と思っています。だからこそ、その人の発する意見が、本当にその意見の中身だけを見て判断し、納得のできるものかどうかを決められるものと思います。



そして・・・対等なブロガーさん達が意見の表明・自己表現、そして発せられた意見に対して自身がその意見の良否を判断する最たるものはなにか・・・?それが「記事」ですよね?


記事で転載機能について考えて書いてみました。
自分は転載機能についてはこう考えています。
○○さんの記事に対して、自分はこう考えます。


それらを具現たらしめるのは、まさしく記事です。そして、記事で言及している訳です。



Yahoo!ブログ内で、多くの訪問者・賛同者さんを抱えるブロガーさんが発信する考え・意見、そしてそのブロガーさんがHow to 系であるが故に、それに対して批判という形で意見の矢が飛んでくることは多いかと思います。


それは何故か・・・?まさしく、話題①でも出た「超初心者や低年齢者がどんどん流入してくるだろう、そして、そういった方々が最初に訪れるであろうブログはHow to系ブログである」からです。それは「How to系ブログ」という看板を掲げた時点で明白であり、責務も大きくなってしまう訳です。(逆に運営されるブロガーさんは、その責務を乗り越えて味わう喜びも、ひとしおなのでしょうね・・・)


「じゃあさ、記事で言及するだけの行動でいいのならさ・・・マナーの浸透、期待できないよ。」


確かに、例えば僕のブログ・・・訪問者はかなり少ないです(笑)ですから、僕が啓蒙記事を書いたところでそれを閲覧する訪問者も少ないでしょう・・・効果も少ないでしょう・・・。


ですが、記事と記事は繋がります。現にこうして訪問者が少ない僕のブログの記事と多数の訪問者数を誇る大きなブログが記事によって繋がりました。


こういった行為は、行動とは言わないのでしょうか・・・?そして訪問者が少ないブログを運営しているからこそわかるのですが、誤った転載機能の使用による記事の増殖をとても個人で止める自信がありません。だからこそ、最初から使わない方がいいのでは?と思う訳です。


How to 系ブログの運営者さんであればあるほど、初心者・低年齢者ブロガーは著作権・ネットマナーに対する意識が低いよと実感し、その危機感もブログを運営されている中で実感をされていらっしゃると思います。であれば尚更、その危険を増加させる可能性を秘めたものに固執する必要はあるのかな?と感じます。




最後に・・・少し蛇足・・・
現在、僕は FC2 で一つ、 livedoor で二つ、Yahoo! で一つ、計4つのブログを運営しています。ローカルルールというかサイトポリシーとして何個かの自身のそのブログに対する趣旨を掲げています。・・・が、守らない人は守りません(笑)ですから、あまり運営者側でルールを設定しているから大丈夫!的発想はしない方がよいのではないかなと感じています。勿論、掲げるにこしたことはありません。

今回、久々にトラックバックをうつことを前提にして記事を書かせてもらいました。まさしくこういったやりとりがなされることによって、様々な人々がこの問題について関心をもってくれればと思います、という意見、大賛成です。


記事を書く動機を生じさせて頂き、本当にありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

コメント

転載不可に設定しようかな?

nanaは、自分の記事を転載されてぱくられても(うちの記事はするようなものが無いし)okな人なので転載設定を可にしてきましたけど、
やっぱり不可設定にしようかな・・と考え方が変わってきました。

「あるけど、使わない」っていいかも。

無断転載した管理者を諭す事が出来る人は・・・よほど暇が無いと出来ない気がします。無職とか・・・。
それか、聖職者?とか。
あの人(謎)はどこかの神に仕えているんでしょうか?(もっと謎)

  • 2006/04/12(水) 10:07:02 |
  • URL |
  • nana #-
  • [ 編集 ]

nana さん、こんばんはw

僕も・・・実はちょうどYahoo! ブログを開設したあたりは・・・かなり睡眠時間を削ってブログ更新やコメント返答をしていました。・・・が、とてもやりきれませんでした(笑)

ですから、nana さんがどの人を指しておっしゃっているかわかりませんが、多くの訪問者さんが来てコメントするブログや、相手のブログに訪問して諭す作業などは・・・とても僕にはできません(涙)

実はこのブログやYahoo! ブログとはリンクしていない僕のブログ・・・ひとつあるのですが、そのブログが一番訪問者数が多いんです(笑)
・・・といってもトータルアクセスで200~300位ですが(笑)

・・・でも、コメント数は一日に一つあるかないか・・・(笑)かなり楽です・・・記事作成に集中できますね(笑)もちろん、コメント自体は嬉しいですよw

コメントありがとうございます。

  • 2006/04/13(木) 00:16:02 |
  • URL |
  • FD #hvx9OM2A
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fd3sawada.blog56.fc2.com/tb.php/6-b214da4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

もう一度、転載について(2)

= もう一度、転載について(2) ={{{'''[http://fd3sawada.blog56.fc2.com/blog-entry-6.html Yahoo!Blog転載機能・・・こんな考え方・・・かな。]'''}}}という記事から、私の {{{'''[http://blogs.yahoo.co.jp/uragoe_2ch/31505051.h

  • 2006/04/12(水) 02:40:49 |
  • 楽しむYahoo!ブログの作り方♪

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。