【FDの考え】

日常の、些細な事柄から心の琴線にひっかかったコトについて書き綴ってみようと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黙示の許諾の勉強をする間に・・・妄想してしまいました。

これこそ、転載する側が礼をつくした転載では!と、とあるおバカな妄想をしてしまいました。



原作者が記事を書き、投稿する。当然、転載不可です。
→当然、悪意のある転載者を防ぐため


「ためになりますっ!転載させてくださいっ!」と思った人は、メールフォームか何かから礼をつくしてお願いする。
→頼みにきた相手のブログがどういったものなのか?うわべだけの礼かどうか?などなど・・・そして、フリーメールとはいえども、記事をくださいとくる以上、欲しい人にも何かしらの負担をさせるため。記事内に問題が発生した場合などの削除や訂正要請にも応えてもらえるかどうかの確認も必要?


転載をしてもよいかどうかを決定したら、メモ帳に保存していたソースをその相手のメールに送る。
(当然、「この記事は転載記事です。転載元は○○・・・」等のバナーつき)
(「この記事内の画像等を無断使用した場合は、○○までご連絡を」などもいいかも)
(当然、転載する人はそのソースを使って投稿する時は転載不可!
→先程のメールフォームはここでも必要


転載された側は「いつ・だれに・なんの記事を転載許可したか?」がデータとして管理
→削除や訂正要請のためにも活用できる。




書いてて思いました・・・これ・・・明示の許諾じゃないですかっ。




でも・・・文責を負う原作者・・・書いた内容に責任を持つ・書いた内容と矛盾したことをしない・・・そんな重たい責任を持っており・・・且つ文章の構成から画像の処理など手間もかけ・・・でもその向こうに何かしらの充実感がある・・・その何かしらの充実感を求めるために時間をかける原作者・・・そういった原作者に対し・・・。




「転載させてくださいっ」




の一言で、ボタンが押されるよりも・・・ある程度、手間をかけても欲しいという人・・・きっとそんな人は自分の記事も大事にしてくれる・・・そういった人に転載させてあげてもいいのでは・・・などと思ってしまったのでした。




以前、「転載機能の良い点」を募って、まだ宿題のまま放置してあります。その点について、僕は「転載する側のメリット」ではなく「転載される側=作者」の側でメリットはないのかなと今、考えているところです。(黙示の許諾とは別に)
スポンサーサイト

コメント

WEB素材

転載じゃないんですけど……。FDさんはWEB素材のサイトって御覧になるほうですか? 絵や写真を他サイト他ブログで使えるように提供してくださるサイトのことなのですけども……。そういうところの「素材使用条件」ってけっこう千差万別で、ただ「素材を持っていって自由に使ってください」というところから、「リンク必須」「BBSに報告必須」とかいろいろあるのです。

その千差万別ぶりを、「WEB上の慣習」と見なして、転載機能と比較できないかなぁ、と思っていたんですが、ナカナカ^^;

もっとも、千差万別とはいっても、「明示許諾」のとこはあまり見ないです。

>転載される側=作者の側のメリット
画像素材の場合は、純粋に「自分の絵が他のサイトを飾る喜び」が原動力らしいんですよね。


私がずっと唱えていた「転載機能をベースに、ユーザー間の許諾条件の付与ができる」という見解とは異なり、「《Y!》ブログを使う以上、自由転載に了解したと見なすべきではないか」という見解を、プロから取った方がいらっしゃるようです。
http://blogs.yahoo.co.jp/ahootyousatai/27206894.html
(まあOYAJIさんは、お取りになった「個人」に対してなにやらおっしゃりたいようではありますが……。 )
http://blogs.yahoo.co.jp/adankadan/2504560.html##2599090
なお、うちのブログにて当分OYAJIさんのコメントをご遠慮いただいておりますが、FDさんブログなど他ブログの議論に思考と時間を割いていただくためで、発言権を奪う意図ではありません。

  • 2007/01/16(火) 17:52:57 |
  • URL |
  • 阿檀 #z8Ev11P6
  • [ 編集 ]

カスタムオーダーのような

FDさんこんにちは。

なんとなくですが車のマフラーの車種に合わせたカスタマイズを思いだしました。そして「そのマフラーを付けたい!」といってその人と車を見て「うーん、ちょっと・・」ならば作って渡さない。「この人なら」ならばそこで始めて製作して取り付けまで面倒見るような。

ただし・・・車を買い替えたり、好みによって付け替えたりな場合には
恐らくは付けたお店には一言もなくするほうがきっと多いのだろうなとも
感じます。

  • 2007/01/16(火) 18:05:41 |
  • URL |
  • おや #-
  • [ 編集 ]

デザイナー冥利につきる・・・?

阿檀さん こんばんは!

Web 素材・・・もう何年も更新していないHPを作成する際に活用させて頂いた記憶が・・・しかし、最近はあまり見ないですねぇ~。ただ、確かに使用条件に関しては千差万別であった記憶が・・・。


転載機能に関する見解、読ませて頂きました。確かに「~かもしれない」という危険予見性の点から見ると、そういう解釈は生まれますよね。


阿檀さんが仰っているような「自分の絵が他のサイトを飾る喜び」・・・デザイナーの醍醐味なのでしょうねぇ~。そういった意味では転載された自身の記事が色々なブログで紹介されるのも同様の喜びなのでしょうかねぇ~。

  • 2007/01/16(火) 21:57:38 |
  • URL |
  • FD #rHC6qD16
  • [ 編集 ]

全然、切り返しが違うのですが・・・。

おやさん こんばんは!


そういったあたり・・・職人気質、とでもいうのでしょうか・・・作り手も千差万別ですし、買い手も・・・。


最近、おやさんと車をからめたコメントをしているので、またFDを買い戻す夢を見てしまいました。


220万で下取ってもらった(新車購入後三年次)FDを270万で買い戻してました・・・そして、夢の中ですら友人に「なんで売った時より高い値段で買ってるの?」とツッコミを入れられてました(笑)

  • 2007/01/16(火) 22:05:04 |
  • URL |
  • FD #rHC6qD16
  • [ 編集 ]

明示の許諾が必要な場合は。。

「転載不可」にすれば良いだけの事だと思います。

たった一度の「選択」で、「転載」に関するすべてを許諾し、煩わしい「許諾」から、永久に解放されるのが、「転載可」だと思います。
(転載によって発生する一切の権利について「許諾」を与えるのが「転載可」であるというのが、私の認識です。)

自らの記事にこだわりを持ち、自らの記事の著作権を大切に考える人が、「転載可」を選択するようなことはしないでしょう。

「転載可」となっている記事に「転載させてください」とお願いすることは、「リンクフリー」と書かれている記事に「リンクさせてください」とお願いすることに似ています。
特に必要はないのですが、その方がマナーとして良い(かな?)という程度のことでしょう。

うーん

>明示の許諾が必要な場合は。。
>
>「転載不可」にすれば良いだけの事だと思います。
いやま、そうなんだけど、非公開何タラつまりコピー機能(しかも元記事リンクで修正が反映できる便利さ?)として使おうと言うんでしょ。
お勉強の資料としてお配りするもの(自分のものだなんて公開しちゃダメよ)で、修正が必要になった時再配布しなくて済む...ほら便利でしょってシチュエーションですか。


専門家でないので分からないというのがホントのところですが、自分なりに。

黙示の許諾:
例えば中古車、
車を作る上で特許だの意匠だの権利が色々付いているわけです。
車と言う仕組み:本質は変わりない、使用済みと言うことは痛むわけでその部分は変化している、
譲渡(販売)に於いて、
本質部分(権利)で黙示の許諾論、痛む部分で消尽論。

著作物、
変化はないので、コピーに黙示の許諾はない。
だが、
ゼミとか会議とか用いる場合に黙示の許諾。

ソフトウェア(プログラム)、
一切ない。
補完のためのバックアップなどに黙示の許諾


転載ボタンに黙示の許諾はあるか:
あるようにもないようにも見える、曖昧さがあり不明。
そもそも黙示の許諾と言う用語を以て考えるのはよいのだろうか。
まぁ、明示してなくてもそう取れるという意味と見ればそうだから良いのかな。

ではYahooは何と答えるか、
「サービスとしての提供」のみであり「個々の判断にはお答えしません」
許諾、使用など「すべて責任はブログ管理者にある」
問題発生に於いては、ガイドラインに沿って「当事者間解決もしくは予告無く削除」
#削除に於いて当該ブログ管理者のみ閲覧できるも編集不可の模様
#たぶん証拠保全措置

表示あれば、
一般的には、機能を使用して良いよとそれを暗黙に許諾していると取るのも自然。
また、
OYAJI氏のように、その機能を使用して良いと「単に機能がある」のみであり、
使用に当たっての許諾は別と解釈するのも無理ないと言える。

曖昧さがある以上、表示するに於いて無条件でないなら特に配慮が必要になろう。
本文に無条件では許可していないことを明示して混乱を回避するか
もしくは機能そのものの仕様改善(許諾認証を挟むなど)が必要。

#OYAJI氏には、その曖昧さがあることを示すと共に、未必の故意等の懸念考慮を促し、
#提案は、混乱避け得るべく「ボタン表示した場合」の対処例を示したもの
#理解されないのは、私の書き込みにあるとの批判はあるかも

と書いてみると、ひっそりとシリーズの一部焼き直しでんな、ゴメン。

  • 2007/01/17(水) 15:57:19 |
  • URL |
  • NEeDS #qBvN53Tk
  • [ 編集 ]

「無条件の許諾」と理解しないと、「転載」機能自体が成り立たない。

(阿風さんのサイトより)
> 決まり・説明として存在するのは
>  ・転載ボタンを押したら、記事を転載できます
>  ・転載されたくなかったら、設定を不可にしてください
>  ・転載記事は編集できません
>  くらいなものです
Yahooの「仕様」はこの通りですから、「転載可」を選択するということは、これを実現するために必要な権利を、転載者に対して「無条件かつ全面的に許諾」したと考えるのが妥当ではないでしょうか?
「転載ボタン」というのは、記事投稿者が「転載可」を「選択」した結果によって表示されるので、「転載」機能を使用することを「明示的に許諾」したものだという理解なのですが。。
(単なる「機能」ではなく、投稿者の「明示的な意思表示」だという解釈です)

それ「以外」の権利について「明示的に許諾」を与えるなら、本文中に記載すれば良いと思います。
ただ、「非公開書庫への転載」は、転載ボタンで既に「許諾」されていますから、あえて書き加える必要はないと思いますし、一方で「全面的に許諾」したものに対して、一方では制限を加えるような記述をすることは、矛盾した記述により読者を混乱させるだけのような気がします。
(作為的なものがあれば、「罠」になります)

「転載」機能でできることを「全面的に許諾」するつもりがないなら、「転載不可」を選択すればよい。それだけのことです。

すんません

>Yahooの「仕様」はこの通りですから、「転載可」を選択するということは、これを実現するために必要な権利を、転載者に対して「無条件かつ全面的に許諾」したと考えるのが妥当ではないでしょうか?

はい。
仙人さんや他の方の見解、否定してるのではないのです。
チョッと書き方悪かったです。
私が言いたいのは、要するに、

かなり曖昧な機能だ

ってことです。
見解も色々分かれて当然なんではと言うことです。

で、ここで別の角度から<と言う程じゃないか
そもそもこの機能は「ベータ版」なんです。
ほら、良く言うでしょ。
ベータ版は人柱って。
そんなものを正版と同じに扱うのもなんだかなぁって見方。
#尤も大分ベータのまんまってのも不思議
#Yahooは何のテスト/検証もしとらんのじゃないかって疑いたくもなる

だから、
 そんなもん知らんものに使わせるな
未完成品なんだから、
 使うなら十二分に配慮せなあかん
ちゅうことやねん。

  • 2007/01/17(水) 18:41:48 |
  • URL |
  • NEeDS #qBvN53Tk
  • [ 編集 ]

黙示の許諾・・・

児島さん、NEeDS さん、こんばんは!


ソフトウェアの使用許諾の分類には、ソフトウェアの使用そのものに対して黙示の許諾を与える文面があるようです。(あくまで、ようです、にしておきます。まだまだ調査中ですので。)ただし、使用範囲外の目的には使ったらダメよ、というものが多いと思います。


そういう点でいくと、黙示の許諾には、必ずしも著作権者が著作物使用者の特定を必要としないのではないかなとも思います。


・・・とはいいましても、まだまだ知識補完中ですので・・・。

  • 2007/01/17(水) 19:47:31 |
  • URL |
  • FD #rHC6qD16
  • [ 編集 ]

そうか

>ソフトウェアの使用そのものに対して黙示の許諾を与える文面があるようです。

インストールしたPCを不特定多数が使用する、
ネット上からアクセスして使う、
バックアップの作成、
と言った場合の黙示の許諾があったか。

先のコメント、一切なしは間違いだな。

  • 2007/01/17(水) 20:28:47 |
  • URL |
  • NEeDS #qBvN53Tk
  • [ 編集 ]

ただ・・・黙示の許諾は・・・

NEeDS さん こんばんは!

著作権法を読み込めば読み込むほど・・・ある意味、黙示の許諾は・・・一種の例外の概念です。黙示の許諾論と言われるくらいですからね・・・。

ですから(例えば右クリックコピペによる)無断転載をして、相手がそれを知っていながらも何も言わず、一日二日経過したくらいで「黙示の許諾」といえない場合もあると思います。

そういったあたり、黙示の許諾に関してもうちょっと学習したいところです。

  • 2007/01/17(水) 22:35:35 |
  • URL |
  • FD #rHC6qD16
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fd3sawada.blog56.fc2.com/tb.php/52-17eadb80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。