【FDの考え】

日常の、些細な事柄から心の琴線にひっかかったコトについて書き綴ってみようと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の中の天秤、「記事とコメント」

楽しむYahoo!ブログの作り方♪のOYAJIさんが・・・

自殺する子供の想いと親について(FDさんへの返事【1】)


という記事を書かれたので・・・OYAJIさんの記事の趣旨とは反するかもしれませんが、返事の記事を書こうと思います。




「もう、OYAJIさんに対して記事を書く事はないかな・・・」と・・・前回の転載機能の騒動の際、思っていました。だからトラックバックもせずに記事を書いていました。しかし・・・また縁ができましたね。




ここ数日、仕事に追われていたので、ROMはできていたのですが、記事作成やコメントはできませんでした。ただ、ROMをしていたおかげでボンヤリながらもOYAJIさんに感じたものが僕の頭の中で構築されつつあります。



3つの記事のタイトルが浮かびました。そして、その記事の趣旨はこういったものです・・・。


心の中の天秤、「記事とコメント」
考えさせる記事を書く度に、何故紛糾するのか?を考えてみました。


大いなるテーマに頼るべきか?
ブロガー同士の意見交換におけるアプローチを考えてみました。


まずは己を責めよ。
上の二つを踏まえた上での総括的な内容です。




一度に三つの記事は完成できませんので、まずは最初の「心の中の天秤、『記事とコメント』」について記述していきます。




ブログ上の善意で人の命を救った事実という記事のコメント欄でOYAJIさんは、僕にこうつぶやきました。



ブログって感情を出して書いてはいけないのでしょうか?それは記事の種類に拠るのだったら構わないのでしょうか?それとも感情をいつも押し殺して書かなければならないものなのでしょうか?
2006/11/15(水) 午後 8:47 OYAJIさんのコメントを一部引用






日記、創作小説、エッセイ、自作品の掲載・・・ブログのスタイルは本当に十人十色です。表現した結果がどういったものであっても、そこに原作者の気持ちが込められます。



ですから、ブログに感情を込めるのはなんら問題ない訳です。喜怒哀楽・・・そして葛藤などといったものを自分の言葉で表現する・・・それこそブログの真骨頂だと思います。




さて、この辺りで「じゃあFDさん、好きなように書いていいのに、なんでこんな展開になっちゃうの?」などという疑問がでてきそうですよね?僕はOYAJIさんのブログ記事に関するアプローチを、読者の立場で眺めるとこんな印象をもっています。(解説記事は除く。)



記事:コメント = 2:8 (記事の割合「2」という数字は、記事内の注意喚起文・宣伝なども含む)



です。




「そんなことない!」と既に、コメントの返事をうつ準備をしていらっしゃるかもしれませんね・・・(笑)




コメントそのものを否定するのではありません。記事の発展としてコメントのやりとりがなされれば・・・。しかしながら、コメントを記事の後付け説明や違った題材を持ってきて相手にぶつけるものに多用した場合・・・記事そのものが薄れてしまいます。記事とコメントが乖離したような形になってしまう訳です。




おそらく記事とコメントの理想系とはこういった形ではないでしょうか・・・。すみません、画像に関する技術がないので、物凄くチープなものしかできません(涙)その辺は御容赦ください。




記事とコメントの関係(ひろがりの線はコメントをイメージ)
記事のイメージ1





あるテーマが記事にて投げかけられ、それに対して、賛成・反対・・・または「こうしたらどうか?」などのアイデアが記事を中心軸として拡がりをみせる・・・。



しかし・・・OYAJIさんの記事に対する僕のイメージは、こうです・・・。
記事のイメージ2





記事で伝えたいことがあり、読者はその記事を読み、コメントをしてくるのに対してOYAJIさんは色々な題材を持ってきてコメントを長文で形成する・・・。




これでは、記事を中心にした発展は望めません(涙)




「仕方ないですよ。Yahoo!ブログは文字数も限られているし・・・。」という意見も出そうです。





仕様の問題ではありません。OYAJIさんの記事に対する姿勢の問題なのです。





「2:8」で示した数字・・・これは物理的な文字数だけの比率ではなく、OYAJIさんの気持ちの重さの比率ではないかと考えます。直線的な表現をするならば、「記事でしっかりと考えを書くべきものを、第三者からのコメントに呼応して、後付けで補完している。」訳です。ですから気持ちとしては記事のウェイトが少ないのです。



通常、あるテーマで記事を書こうと思った場合、様々なコトを想像します。自分の思ったこと・感じたこと、そして、文章の構成(起承転結など)、自分の意見に対して異論が出た場合はどうするか、などなどです。



勿論、人の考え方は十人十色ですし、書き手の文章能力の問題、読み手の読解能力の問題もあります。ただ、書き手の責任としては、考えうる要素を全て盛り入れ、記事に注入します。ですから、記事にしっかりとした軸ができるのです。



多分、OYAJIさんは、この段階での作業をかなり飛び越して掲載・投稿ボタンを押しているのでは?と感じるのです。




賛成・反対・異論・反論・・・読み手の反応は様々です。自分の考えに100%合う人の方が少ないと思った方がいい・・・でも、自分の考えを公にするにあたっては、やはりそれなりの準備を必要とします。







そしてコメント・・・です。



軸ができている文章に対しては、当然反論される方もそれなりに構えてコメントされます。しかし、軸ができていない文章には、コメントする側も難しい訳です。ですから、抽象的な反論コメントになってしまうこともあります。




そこにOYAJIさんのコメントが加わります。




人間、誰しも自分の意見に対して毛並みの違うものが出てくると、反応してしまうのは仕方ありません。それは僕だって同じです。




「大いなるテーマに頼るべきか?」という記事で詳細は述べますが、OYAJIさんのコメントに関する僕の印象は「基本スタンスが、異論に対して勝ち負けの線引きをつけたがる習性」「記事テーマよりも大きなものを引っ張ってくる習性」があるように感じます。そして、前述したようにOYAJIさんのコメントには総じて後付けによる補完説明の種類のものが非常に多い気がします。



ここでは、後付けによる補完説明の部分のみ言及します。残りは別のテーマで言及します。




何かしら読み手からのアクションがあり、それに対して「いや、こうなのですよ」という後付け説明・・・僕自身もあります。誰しも完璧ではありません。・・・が、OYAJIさんはそれが多い・・・。





原因は、記事に対する姿勢・・・投稿ボタンを押すまでの準備不足ではないかと思います。そして・・・それが何故起きるのか?・・・それはOYAJIさん、「ブログ作業のうち、他にかける時間が多い」のだと思います。更に「そういったことを意識していない」のだと思います。




二次・三次転載の件で、OYAJIさんはお礼とマナー啓蒙のために東奔西走しました。重い Yahoo!ブログ・・・一つ一つ処理していくには相当の時間を要するでしょう。そして、初心者からの質問・・・トップページに「いじめ」という重いテーマが掲げられているにも関わらず、「自称・初心者」はどんどん質問してきます。そしてその処理・・・。



一日24時間、という一人に与えられた時間は限られています。上記のような作業をしつつ・・・記事作成をする・・・。とても記事推敲にかける時間など、ないように思えてしまいます。




推敲、という言葉は、決して誤字脱字だけをチェックする作業ではありません。文章構成、自分の考えはうまく表現されているか?自分の考えに対して異論・反論が出た場合の対処、場合によってはその意見を想定しての文章挿入・・・。




テーマが重い内容であればあるほど・・・その作業は慎重に行なうべきものです。




僕は、いじめ問題について記事を書きませんでした。書けませんでした、という表現の方が正しいかな。簡単に口にできないテーマですし、書き始めた途端、筆がとまったんです。



でも・・・そのおかげで色々と考えましたよ。そして、そういうコトが大事ではないでしょうか?





「記事が大事。まず記事ありき。」と、色々なところで言われるこの言葉・・・。僕は、記事として公に発信するのは結果であって、この言葉は、記事として公に発信するまでの間、考え、思い、悩み、大切な自分の時間を使うその過程が重要である、ということも含まれていると思っています。



OYAJIさんがそういったことを全く思っていないなどとは思いません。・・・が、扱うテーマにしては、安易な感覚(テーマそのものではなく、記事作成に対してですよ)で記事掲載しているのではないかなと感じました。そして、それは・・・コメントで付け加えるクセが身に付いているが故にそうさせているのではないのかな?と思いました。




書物などの発行と違って、ブログはコメントがありますから読み手からの反応がダイレクトに書き手に伝わります。それがブログの良いところだと思いますが、僕は記事掲載にあたっては「コメントで追加補完しないもの。新聞や本を出版する感覚で。」と思ってしまいます。




・・・といっても、喜怒哀楽を持つ人間が書くことですから、間違いはあるのですがね・・・。怒りにまかせて記事を書くことも、沢山あります(笑)このブログでは、じっくり腰を据えて記事を書きますが・・・もう一方のブログは、メチャクチャっす(笑)





「FDさん!そんなことない!私はたっぷり時間をかけて記事を練っている!心外だ!」





というお叱りを受けるかもしれません。ごめんなさい、書き手のOYAJIさんはそう思っても、読み手の僕には・・・。自分の仕事が、書類を作成して相手に理解をさせる仕事である関係上、書き手が、その意思をしっかりと伝えたいのならば、読み手に期待をするな、己の技術を磨けと思ってしまう習性があるので・・・。




OYAJIさん、一度、今現在OYAJIさんが有しているブログにかける時間のうち、記事作成・推敲にかける時間配分割合をちょっとだけ増やしてみたらいかがでしょう?そして、色々なコトを想い廻らせるのです。そうすれば、自分の感情を思うまま、変な軋轢なく書けると思いますよ。



そして・・・その意識を強く持てば持つ程・・・文責だとか転載に関して、色々な意見が理解できるようになると思いますよ。



さて、第一話が終わりました。次は第二話「大いなるテーマに頼るべきか?」です。さて・・・いつ完成するのでしょうか・・・(笑)

スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

コメント

こんばんは。2:8ですか・・おそばだったら美味しいところなんですが。 

お互いの会話の接点のなかで、次に繋がる有効な意見がたとえ出なくてもそこには意義があると思いますが、そこに到達する以前での段階では上から見たら重なってはいますが横から見たら全く交わっていない結果になってしまいます。

OYAJIさんが、ご自身の記事に対するコメントへの正当化のために、各所で時間を使われるのであれば、その時間を使って主題を骨のある記事に仕上げていれば、たとえその記事が後発でも「ぶれない」記事になっていたのではと感じます。

  • 2006/11/18(土) 05:23:51 |
  • URL |
  • おや #-
  • [ 編集 ]

思索に耽る時間が大事・・・

おやさん、こんばんは。

「上から見ると重なっていても、横から見ると・・・」って、おもしろい表現ですねっ!

OYAJIさんのブログへのエネルギー・・・とりわけコメント・転載先への訪問のエネルギーと時間を考えると・・・。

物凄く良い記事が出来るのではないかなと思ってしまいます。勿体無いっす・・・。

記事にする間・・・思索に耽る・・・最近、この時間がすごく大切な気がしています。

  • 2006/11/19(日) 01:35:26 |
  • URL |
  • FD #rHC6qD16
  • [ 編集 ]

それは思いますね。今回の件で、ある意味自分自身も考えさせられる時間ができたというか、貴重な経験になるようにとオモイマス。

OYAJIさんもエネルギーの方向性が定まれば相当に良い記事を提供できる方であると素直に思いますし。

今はセカンダリータービンが先に回ってしまってる印象です。

  • 2006/11/19(日) 05:22:49 |
  • URL |
  • おや #-
  • [ 編集 ]

彼の場合、ヤフーブログの創世記にアバター改造やブログパーツなどを導入し、それによって祭り上げられた経験が悪い方向に行ってしまった気がしてならんのです。

どこか「後から来たやつが・・・」的な態度がありありですし、「オレに意見するのか?」的な態度がありありすぎます

実際、あちこちで指摘されていますが
アバター改造流布の片棒をかついだのや、アバターコンテストの制度を改正させるくらいの集団行為を持ち込んだのも、事実ですしね。(指摘されると、すぐ例の粘着で言い訳しますが)

残念ながら、彼は半年なりの長いスパンでネットから離れてみないと、今のスタイルは変更できないと思うな。

この文書も彼の問題をえぐってますけど、ここに返信することなく、今日もあちこちに粘着だけしにまわっていますから。

  • 2006/11/19(日) 13:55:45 |
  • URL |
  • 難解 #2NU31nKA
  • [ 編集 ]

プライマリータービンがないということは・・・

おや さん こんばんは。

本当に勿体無いっす・・・。

セカンダリタービンが先に・・・低回転が・・・ない・・・(涙)

・・・おやさんはFDの意味、ご存知のようで、嬉しいっす^^

時々、「フロッピーディスクですか?」と言われることがあるので(笑)

  • 2006/11/19(日) 22:21:16 |
  • URL |
  • FD #rHC6qD16
  • [ 編集 ]

是非、周囲にいる方の意見も聞きたいっす。

難解さん こんばんは。

OYAJIさんがここに返信しないのは、僕の次の記事を待っていると・・・信じています・・・信じたいです。まぁ、無理して返信する必要もないですしね^^

つくづく思います・・・文章って、本当に書くのは難しい・・・。自分の思っていることをいかに的確に、いかに不快にさせずに書くか・・・意見記事・批判記事などは本当に難しいと思いますね。

今回、不思議に思うのが・・・転載をされた方々は、何故僕のようなブログにTBをうって意見を書かないのかな?ということ・・・。

TBで反対意見を書く=よくないこと、という意識が働くのですかねぇ~。

  • 2006/11/19(日) 22:28:03 |
  • URL |
  • FD #rHC6qD16
  • [ 編集 ]

彼の発言ですが

「自殺問題は、もう別のステージにいっているので語る気はありません

みなさん個人個人で記事を作成するなりして・・・」

だそうです

また
「これに関して、色々な発言をいただきましたが、これをもってすべてリセット・・・」


だそうです・・・

  • 2006/11/24(金) 08:55:12 |
  • URL |
  • 難解 #2NU31nKA
  • [ 編集 ]

壮大なテーマを反論根拠にすると・・・

難解さん、こんにちは!

次回のテーマにしようと思っていたのですが、壮大なテーマ(命は大事だとか善意とは?とか)を反論の根拠として相手にぶつかると難解さんが指摘された発言すら自身に降りかかる刃になってしまうのですよね・・・(涙)

リセット発言に関しては、もう言及して欲しくないという意味・・・かな?そうなると、もう第二弾以降の記事はTBしないほうがいいかなぁ・・・。

言及記事ではなく、形をかえて記事にしたほうがよさそうです・・・。

また中途半端な形で終わってしまった・・・。きっと、数ヵ月後、また勃発するのだろうなぁ・・・(涙)

  • 2006/11/24(金) 13:14:36 |
  • URL |
  • FD #rHC6qD16
  • [ 編集 ]

返信しない理由について

未だに返信をしない理由を書いておきますね。
どうにも解せないのは、FDさんは
『私が返信していないこと』そのものを
「批判材料として利用」している方
がいらっしゃるのをおそらくご存知でいながら、
それをなぜ黙認(容認?)しているかが判らないので
まだ返信する気が起きないという理由と、
FDさんが私のブログでおっしゃられた
『一般ブロガーに「締切」はありません。』
『「記事を書きたい!」と思うまで休んでください』
とおっしゃって下さったという理由からであるというのと、
FDさんが私によく言ってくれた『引き金』を
引き続けている人に対しての考え方が見えてこないから
という理由からです。
なので、いつお返事を書かせていただく「気」になるかは
判りませんし、書かないことをこれ見よがしに「批判材料」として
利用する人間がいる限り書かないかもしれませんし、
気が変わって今日にでも書くかもしれません。
という事だけはお伝えしておきますね。
敢えて総合的に返信するとすれば、全てのブロガーが
「FDさんのような対応や姿勢」を取っていただければ
トラブルや摩擦は格段に少なくなり、より良いブログ環境、
ネット環境が醸成されると思っています。

  • 2006/11/28(火) 13:27:01 |
  • URL |
  • OYAJI #miF8IKPo
  • [ 編集 ]

大丈夫っすよ^^

OYAJIさん、こんにちは!

確かに僕に返事の記事を書かないことに対して言われていますね・・・。そのことに対する僕の気持ちはこのブログの他のコメントでも書いたように・・・

「(全3回の記事のうちの)第二弾の僕の記事を待っているのかな?」
「無理して書くものでもない」

と、思っています。僕自身、トンコさんへの宿題だった記事をほったらかしにしてOYAJIさんとやりとりしてましたし、OYAJIさん宛の記事も頓挫しています。ですから五十歩百歩ですよ(笑)

ああいった書き込みに対して僕が何も意見表明しなかったのは、ただ単純に気にしていないからです。


OYAJIさんは、おそらくご自身のことを「普通の、等身大のブロガー」と思っていらっしゃるかもしれませんが、周囲のOYAJIさんへの評価は違います。訪問者数や初心者ブロガーへ与える影響度・・・かなりのものです。下世話な言い方をすれば、有名人です^^;


OYAJIさん・・・人でも企業でもそうですが、大きくなればなるほど、有名になればなるほど・・・追い風も向かい風も強くなります。賛同者も増えれば、細かいコトにツッコミを入れる人も増えます。特にOYAJIさんが運営されているブログの種類からいくとそういったツッコミの確率は上がります。


真摯に受け取る部分は受け取り、そうでない部分に関しては過敏に反応しない・・・。


どーんと構えておきましょう、どーんと。



ちなみにOYAJIさん、僕の姿勢も、他の方々の姿勢(転載機能に言及する方々)も・・・実はそうスタンスに変わりがないのですよ。ただ直球でズバッと投げ込むのに比べて、僕はヘナチョコな球しか投げられないだけっす(涙)他の皆さんがエース球のピッチャーなら、僕は草野球の・・・ロートルっす(笑)「批判」をしていることに僕も他の方々も変わりはないのですよ。


更に・・・世の中のブロガーが全員僕みたいになったら・・・おもしろくないですよ(笑)色んな球種を投げ込む方々がいるから・・・おもしろいんですよ^^


OYAJIさん、今、ゆっくりですが転載機能に関して再度意見をまとめる作業を始めました。ROMで結構ですからのんびり読んでやってください。そして、またふつふつと書く意欲が出てきたらTBでもしてやってください。

  • 2006/11/28(火) 14:25:04 |
  • URL |
  • FD #rHC6qD16
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fd3sawada.blog56.fc2.com/tb.php/31-1880ce54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。