【FDの考え】

日常の、些細な事柄から心の琴線にひっかかったコトについて書き綴ってみようと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題・・・過去のことを思い出しました。

一連の著作権と転載機能に関する記事に関しては、法律や判例、更にはガイドラインなどを精査したいのでもう少し時間をかけたいと思います。


閑話休題・・・過去、とある人にされたことを思い出しました。



今や開店休業状態になっている Yahoo! ブログが、まだバリバリに更新されていた時の、とある人とのやりとりです。


その人はブログを開設しては閉鎖する方で、一時期僕のブログを気に入ってくれ何度も足を運んで頂いていました。


その方とのやりとりで、ふとした齟齬が発生し僕が怒ったことがありました。


するとその人は「やってられない」と過去にご自身が書かれたコメントを削除しまくり、僕への投げかけか独り言かわからないコメントを連発し、啓蒙記事をTBしまくってきました。


その啓蒙記事の内容は・・・「相手がマイナスでぶつかってきても、プラスの気持ちで応じよう」だとか「コミュニケーションをとるのには何が大事か?」というものでした・・・。


その記事そのものは・・・読むに値するものばかりです。素晴らしいことばかりが記載されています。



・・・でも・・・その人が僕にした行為は・・・たとえ投げかけてくる矢が素晴らしい矢でも、投げかけてくるタイミングや投げかけ方のおかけで・・・読み手の僕からしたら「行動と内容が矛盾しているじゃないですか?」という疑問を生じさせるだけのものでした。


「FDさん、今のあなたに必要な事が書いてあるから読みなさい」・・・そんな風に善意でしてくれたのだと思いますが・・・その矛盾した行動が前提にあったので・・・非常に空虚に感じられました。



素晴らしい記事、感銘を与える記事はやはり僕も書きたいです。



そして・・・書いた後に、しっかりと実践できる自分でもありたいです。記事を書いた時点で完了、ではないようにしたいです。



そして、せっかく書いた自分の記事を、自らの判断ミスで相手に不快になるような提示の仕方はしないようにしたいです。



素晴らしい記事を書いたのも自分であり・・・その記事を相手に投げかけたのも自分・・・そして、勿論「他人は他人」ですからそんなに気にする必要はないけれど・・・周囲は、その全てひっくるめて僕という人間を評価します。



「FDってさぁ~・・・記事自体はいいこと書くけど・・・やってることは記事の内容に程遠いよね?」



という風にならないようにしないと・・・!と思います。





ブログって・・・本当に難しいなぁ・・・。



スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

コメント

はじめまして。
わらわも、似た様な経験があるのじゃ。

わらわが書いた記事を自分の事を指して書いている記事だと思い込み逆上した相互リンク先の者がおったのじゃ(凄いのなんのって・・・。

自分のブログでは
鏡の法則じゃの、江原&美輪かぶれ的な発言をしているというのに
こいつは、病んでいるじゃの
私が目立つ存在だから気にいらなくて攻撃して来るじゃの
自分のブログで事実を捻じ曲げて逐一報告しやがるのじゃ・・・。

「記事に書いている事と実際にやっている事が違いすぎる」という事を
その方の相互リンク先の方は気付いていないのじゃよ。
揉めたくないから気付かないフリをしておるのかも・・・。

そやつの事を、コメント欄で
貴方は良い人ですね~と褒めまくる訪問者たちが哀れじゃ。

  • 2006/10/13(金) 13:12:42 |
  • URL |
  • お局様 #BQCj88VQ
  • [ 編集 ]

少し感覚が違う点

下から3行目の部分に
ちょっと引っかかりました。
その点が私とFDさんの感覚の違いかな?

私は、物事の経緯も考えずに即物的な現象だけを見て
そんな風に判断を下してしまう人の評価は全く気になりませんし
原因があって、結果が生まれるものですから
結果だけを見て判断してしまう姿勢にこそ問題があると思います。

記事前半で書かれていることは
感情的なもつれによって相手が逆ギレして
その後、TBしてくる記事は良い内容の記事
ではあるが心情的には受け入れ難く
迷惑行為を行なったという事ですよね。

今回の私の件とは明らかにパターンが違いますし
まずはハナから斜めからの視点で他人を
評価してしまう危険性に注意しなきゃならないのでは?
と思ってしまいました。

  • 2006/10/13(金) 16:49:11 |
  • URL |
  • OYAJI #miF8IKPo
  • [ 編集 ]

TBをうつなら、うった人はその記事内容を体現してほしい・・・

お局様 こんばんは コメントありがとうございます。

上の記事は、普通にコメント会話する中において、コメントを畳み込まれたあげく自己完結したことに対して僕の我慢が限界に達し、怒ったことに対してTBをうたれたことでした。

「何故、僕が怒ったか?」という原因には一切触れず、「怒った僕が悪い、ちゃんとしてね」という内容のTBです。


僕は「馴れ合い」や「コメント・チャット」などといった区分けはあまり好きではありませんが、その時、はじめて「あぁ・・・Yahoo! ブログにおいては苦言を呈す、忠告することはできない・聞き入れない、仮に僕の苦言内容が誤ったものであったならば、それを冷静に切り返す人は少ない・・・だからこそ、皆、突っ込んだコメントをしないのだ」と痛感しました(笑)


TBを送ってきた方こそ、そのTB記事の内容を体現して欲しいと思ったのでした。

  • 2006/10/13(金) 19:48:06 |
  • URL |
  • FD #rHC6qD16
  • [ 編集 ]

表面上でとらえていないからこそ・・・

OYAJIさん こんばんは コメントありがとうございます。

先程、事務所に戻ったのですが・・・いやはや・・・また大量のコメントですねぇ(笑)


上の記事・・・事情に関してはお局様にもコメントしたとおりです。


感覚が違いますか・・・僕は啓蒙的な記事であればあるほど、「その記事を書いた以上、完全とはいわないまでも、自分もそれに沿った姿勢でいたい」と思ってしまうのですが・・・。記事を書いた時点で、完結してしまうのかな・・・。


OYAJIさんは・・・コメントを書かれる際、投稿ボタンを押される前に誤字脱字のチェック以外の推敲ってされてますか・・・?ここでの推敲とは、過去の自身の行為や記事、コメントとの矛盾も含めた推敲です。


原因があるから結果があり、その結果は常に自分に付きまといます。崩れた信頼を取り戻すのは容易ではありません。原因から結果に至るまでの過程をつぶさに見ているからこそ、問題となっている要素があると思います。


後程、記事にて一連のやりとりの区切りとさせて頂きますが、アンチ派とされていらっしゃる方々の中で理路整然とツッコミを入れてくる方々はそういったことを理解されていらっしゃると思いますよ。


この苦言は、今回の転載問題に限った話ではありません。少なくとも僕がOYAJIさんのところにコメントやTBを入れ始めた頃から今に至るまでの連続した心情です。


あっ・・・!OYAJIさん、今からそれぞれにコメントを入れたうえで最後の総括として記事を書きますから、よかったらそこまで読んで頂いてからコメント頂けますか?じゃないと、あっちこっちの記事にコメント・・・しますよね?そうなると・・・全てそれに対応しないといけないので・・・。



しばし・・・お待ちください。

  • 2006/10/13(金) 20:02:47 |
  • URL |
  • FD #rHC6qD16
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fd3sawada.blog56.fc2.com/tb.php/16-ab5ecfa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。