【FDの考え】

日常の、些細な事柄から心の琴線にひっかかったコトについて書き綴ってみようと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素直すぎるのかな・・・Yahoo! ブロガーさん達は・・・。



最近、Yahoo!ブログで「Yahoo!ブログをお使いの皆様へのお願い」というものが発表されました。おそらく、数々の「こんなブログがあるんですけど・・・問題ないんですか?!」といった苦情をまとめあげたものを集計して、そこから主だったものを列挙したのではないかと推察します。


この中で、一番最初に出てくる「いやがらせ・・・」という項目について・・・ちょっと考えてみました。


おそらくこの類の項目って、どこのブログサービスにもある規定かと思われます。この【FDの考え】のFC2にもありました。


FC2ブログ 利用規約


ちなみに僕の別のブログの livedoor も・・・


livedoor ブログ 利用規約



・・・というより・・・この項目って・・・至極、あって当たり前のことなのですよねぇ~・・・。



ところが!



感じる箇所・・・感じる沸点・・・何に対して怒りの琴線に触れるのかなどは十人十色・・・「批判」と「誹謗中傷」の境界線が線引きできないのが難しい・・・。



最初、この「Yahoo! ブログをお使いの皆様へのお願い」を見て思ったのが・・・「あぁ・・・これでなんでもかんでも『この項目に該当しているからあなたのブログは違反です!』っていう展開が起こりそうだな・・・。」と思ってしまったのでした。



たとえば、「○○っていうブログの記事を読んだのだけど・・・つまらなかったなぁ~。」などという記事を書き、それに対して「うんうん、僕もそう思ったよぉ~。」「でしょでしょ?私も♪」などというコメントが連なった時・・・そして、それを「○○っていうブログ」の管理者が見た時・・・「いやがらせだぁぁぁぁ~!(怒)」ってなってしまうような気が・・・。



単なる感想なのに・・・。



拡大解釈をすれば・・・ブログの記事として、感想という要素をまったく入れることができない・・・いえ、負の感想(つまらない・おもしろくない・最低だったなど・・・)が入れられなくなる・・・正の感想のみ(楽しいね!おもしろいね!など・・・)の記事しか書けなくなるということ・・・。



こんなブログは・・・正直・・・おもしろくないかと・・・というより・・・違った意味で偏っている・・・!






ここで一つ思います・・・。



ブログとして世に出している以上・・・プラスの反応ばかりではないということを意識しておかなければならない・・・ということです。これはおそらく・・・他社のブログサービスで運営されていらっしゃる方々は当たり前と思っていることかと思います。



マイナスの反応もあるということ・・・。



そして・・・ここも重要かと・・・。案外、ROM者は画面の向こうで毒を吐いている(ハズ)・・・です。



「ふむふむ、あなたの言いたいことはわかるゾ!あの意見は俺には理解できん!」
「なーに言ってんだこいつは!あふぉちゃうか!」
「また・・・訳のわからないことを言ってるゾ。だから、その部分が矛盾してるっちゅーの!」



日本各地のPCの画面に対して、「コメントとして反映されないコメント」はかなりあるかと思います。




その点、Yahoo!ブロガーさん達は思いっきりストレートに感情を込めてコメントする傾向があるように思えます。だから・・・罵り合いになりやすく・・・そして、その結果・・・「おしらせ」の一番最初にあんな項目が掲げられることになるのだと・・・。



ある意味・・・素直なのかな・・・。素直に感想が出るというか・・・。



ああいった規約の一部ととらえられる項目の・・・一番最初にああいった内容が掲げられるということ・・・少し Yahoo! ブロガーさんには厳しい意見になりますが・・・。



それだけの質なのだとみなされている



という見方もできてしまう訳です。




安易にコメントを入れる習性・・・そして、批判を交えた記事に対して免疫があまりないという体質・・・だからこそそういった批判に対して過敏に反応してしまう・・・これが Yahoo! ブロガーさん達に多く見られる傾向なのかなと思いました。



実は・・・他で運営しているブログ・・・今現在、そのブログは結構な訪問者数をカウントするようになってきました。リアルの友人に「訪問者数をさ、もうちょっと多くしたいなぁ・・・勿論、今のスタイルは変えずに・・・。」とつぶやいた時、「Yahoo! ブログにTBうてばいいじゃない?」と言われましたが・・・断りました。


運営しているブログの性質上・・・Yahoo! ブロガーさん達の辛辣なコメントが怖いからです(笑)感情のままコメントしてきそうですから・・・(笑)


Yahoo! ブロガーさん達にそう思ってしまっている自分が・・・正直、ここにいる訳です。小心者なんですよ・・・僕は(笑)



「だったら見なければいいじゃない・・・。」とでも言われそうですね・・・。何故見るのでしょうねぇ~・・・やっぱり、最初に始めたブログ・サービスだからでしょうか・・・。そして、文章を書く者としてある意味、おもしろいからでしょうか・・・。





コメントをするなという訳ではありません・・・決して仲良しな状態を批判するつもりはありません・・・ギスギスしたブログ運営、議論するだけのブログ運営だけがブログの醍醐味ではないと思います。



・・・が、通常の生活にプラスしてブログという意見発信をしているツールを運営する以上・・・前述のマイナス反応というものを覚悟しておかなくてはならない・・・そして、そういったマイナス反応が発生した時にも対処できるよう準備しておかないといけないのかなと思いました。




今更ながらにして・・・「Yahoo! だけでなく、他社のブログも経験した方がいい」という言葉が身に沁みます・・・。(決して Yahoo! ブログをけなしている訳ではありません。Yahoo! ブログにも凄い文章書きがいるのを知ってますから。)




(この記事自体・・・Yahoo! ブログで書いたらYahoo! ブロガーへの誹謗中傷になるのかなぁ・・・)
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

コメント

あはは(笑)誹謗中傷では無いでしょ♪

なるほど。
「単なる感想」と「中傷誹謗」の境界線って
受け手の感情に左右される可能性があるんですかね?

「事実の列挙」→「(否定的)批判(中傷?)」
と受け取られてしまっては議論が成り立ちませんね。
私は、「人格攻撃=中傷誹謗」になると感じており
なるべくそのような言動にならないように気をつけているつもりですが
「事実の列挙」をしても「持論の押し付け」と受け止められてしまうと
論争にしかなりません。
「批判について」の個人的意見記事も書いて
自らを律しているつもりなのですが
感情や先入観を持つ「人間」相手の行動は難しいものです。

  • 2006/10/11(水) 05:14:22 |
  • URL |
  • OYAJI #miF8IKPo
  • [ 編集 ]

OYAJIさん おはようございます。コメントありがとうございます。

よかった(アセw誹謗中傷だ!ととられたらどうしようと思ってました(笑)

コメントもやっぱり、書き手の技量ってでますね・・・正負のコメントいかんにかかわらず・・・。

後段の部分、現在OYAJIさんが直面していらっしゃる問題と直結している内容だと思うのですが、一点、感じたことをば・・・。

「事実の列挙」そのものは悪いことではないと思いますが、この列挙具合がまた難しい・・・。「○○は△△ですよね?そして××は□□ですよね?どうですか?思うのですか?思わないのですか?」という手法って、よっぽど理論武装しておかないと諸刃の剣になると思いますし、どうも僕はワイドショーのレポーターを連想してしまうんです。

レポーターはある意味、第三者の立場で追求できますからその方法でも良いかもしれません。間違ったことを言っても回避できますから・・・(まぁ、次の仕事はあるかはわかりませんが)。

・・・が、当事者がそれを行って間違っていたら・・結構大変です。


「机上で展開できる法律論」と「人対人の現実の世界」とを融合させるべき世界で細々と暮らしているので、僕はあまり前述の方法は採用しません。落としどころがなくなる危険がありますから・・・。

OYAJIさんが書かれた「感情や・・・」の部分、これは本当に実感なんですよ(笑)

  • 2006/10/11(水) 10:26:11 |
  • URL |
  • FD #6tWBLJGM
  • [ 編集 ]

直面している問題については

後半部分に関しては
難しい法律論はともかくとして
『著作権侵害行為への(注意じゃなくて)指摘行為』は
あくまでも著作権者が行なえるもので第三者がとやかく
言うべきものではない。(アドバイスは別としてです)
という立場をずっと取っている身としては

逆に言うと、
『被著作権侵害の当事者であれば
当然の権利として、それを主張出来る。』
との考え方に基づいて(感情を排して)行動しているのですが
平たく言えば『本人が言わな、誰が言うねん』という事です。

ただ、その行動には『動機』があるんですよ。
まさしくその「感情」の部分についてなのですが
私は『方法さえ配慮』すれば、阿風氏の目的と行動には
賛同したいと思っています。なかなか出来る事ではありません。
自分が続けてきて身に染みて理解していることですからね。

動機としては、今の状況を仮に
私(追及者)を「阿風氏」と置き換えて、
阿風氏(被追求者)を(彼曰く)「直リン厨」「アバ画厨」と
置き換えてみた場合に、

追及者が禁止行為を持論の理屈で正当化してしまうと
被追及者までもが「持論の理屈」があれば、
禁止行為であっても正当化出来てしまう。
・・・という非常に好ましくない影響が出ると思うのです。

『相手からこうされたから、禁止であってもこれはいいんだ』

そんな風潮が蔓延するのは、更なるトラブルの発生が懸念されますし
Yahooが『「Yahoo!ブログをお使いの皆様へのお願い」』
ユーザー側に伝えようとしている事と逆方向に進んでしまいます。

『禁止行為』という明確なルールに「落しどころ」という曖昧な部分を
残してしまうと、それこそ現在のYahooブログカスタマーの煮え切らない
批判の多い運営方針の曖昧さが助長される危険性も
感じるわけですが・・・・

  • 2006/10/11(水) 13:06:06 |
  • URL |
  • OYAJI #miF8IKPo
  • [ 編集 ]

記事にしますね。

OYAJI さん、コメント書いてたのですが・・・ものすごく長くなったので、記事にしますね。

  • 2006/10/11(水) 17:53:02 |
  • URL |
  • FD #6tWBLJGM
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fd3sawada.blog56.fc2.com/tb.php/13-e10f31dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。