【FDの考え】

日常の、些細な事柄から心の琴線にひっかかったコトについて書き綴ってみようと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

似てるなぁ~・・・Yahoo!とアメーバ

強制的に閑話休題な記事を書きます!(笑)


てんさい よりも もっといいの阿檀さんの・・・


比喩としての無断リンク


・・・の中でアメーバ・ブログに関して書かれていました。



僕が「これはYahoo!ブログに似てるなぁ~」と思い、最近「ますますYahoo!ブログみたいになってきたなぁ~」と思っているのがこのアメーバ・ブログ。



現在、メインで運営されているこの【FDの考え】ともう一方のブログ・・・このもう一方のブログの界隈にはアメーバ・ブログが多いのです。



このFC2に負けず劣らずのコメント欄の文字数、そして大量のスパムのせいかTB欄を閉じ、交流は基本的にコメント。(いや・・・最近は僕のこのブログも言えない・・・コメントだらけだから・・・涙)



Yahoo!の「訪問者履歴」に相当する「あしあと機能」、「ファン登録」に相当する「読者になる」・・・これでアメーバ・ブログに転載機能がついたらどうなるのだろうと心配してしまったりしてます(笑)(livedoorにも「読者になる」はありますね・・・)




このブログと違って、そっちはどちらかというと普通の日記が多いからだと思うのですが・・・年末の頃のこちらのモードで向こうに行くと非常に違和感を感じるのでした(笑)








ある日、向こうの界隈で知り合い、リアルでも友達になったブロガーに言われました。「FDさん(名前は違います)の(向こうでやってる)ブログは・・・ちょっと変わってますよね・・・。TBしたりとか、引用とか・・・。」



「実はね、○○で△△なブログをやっててね・・・。そこでそういったことを学んだんだ・・・。」と言うとその彼「へぇ~そういったマナーとかルールとか、絶対ここらの人達知らないっすよ。」と・・・。



良いとか悪いとか、そんな二元的なものでなく・・・でも空気感の違いを感じている、今日この頃です。




ちなみに・・・もう一方のブログの常連さんのうち、数少ないこの【FDの考え】を知る人・・・その人がこの【FDの考え】を読み一言・・・「難しい・字が多すぎる・あまりおもしろくない」でした(笑)
スポンサーサイト

ブログを薦めてみたものの・・・

なかなか次の記事が書けないので少しコーヒーブレイク的な記事を・・・。



完全に誰が見に来るかわからないブログとまではいかないもの、結構不特定多数に読んでもらう書類を書く僕の仕事・・・。



ある日、女子社員と文章を作ることについて話をしていました。その女子社員の作る文章は・・・どうも冷たい・・・勿論、言うべきこと・伝えるべきことが不足しているということはありません。・・・が、何か冷たい・・・。



「なんだろうなぁ・・・語句の順番・・・いや、もうちょっと言葉をつけた方がいいのかなぁ~・・・。」



こんなことを呟きながらその子の書類を眺めていました。「どうやったら、文章、上手になりますかねぇ~。冷たいとかよくわからないんですよ・・・。」と女子社員・・・。




思わず「ブログやってみたら?」と・・・。




会社の肩書きもなく、思ったことを書く・・・見る人は、取引先どころか全くわからない人達・・・おかしなことを書いたらツッコミも入るかも知れません。それよりも何よりも読み手を意識して書くことはとても大事なことかと・・・。案外、観た映画のあらすじや、その日に起こった出来事をわかりやすく正確に書くことですら、難しいですしね・・・。


(まぁ、本当の書き手・・・特に無から有を生み出すような書き手は読み手を意識せず己からあふれ出す感情を書き殴ればよいのでしょうが・・・笑)



「別に『今日は上司にこんな小言を言われた!ムカツク!』でもいいんだよ(笑)・・・といっても、そういうブログやってることは・・・俺には内緒ね(笑)それ・・・見たら・・・俺、きっと泣く(笑)あ、あと・・・守秘義務だけは気をつけてね。」




その女子社員・・・果たしてブログをやっているのでしょうか・・・。ふと、どこかのリンクから、「うん?これは・・・まるで自分のことを言われているみたいだ。」などというブログが出てきたら・・・などと思ってしまう今日この頃です。

良い悪い、と解決するエネルギーの違い・・・

少々、反省してます。先程のコメント。



「ひっそりと・・・」シリーズで、転載機能著作権法の観点から見直す作業をしていた関係で、どうしても実際に発生した事例を参考としてしまっていました。


著作権法という法律に照らし合わせるとどういった解釈になるのか?という考え方から始まっていますので、現実に活字となっている各種の規約・ヘルプ、そして、現実に機能として存在するもの・・・だけをもって法律に当てはめる作業です。


そして・・・僕が現時点、転載機能に関して出した結論は危険であり、撤廃した方がよい、というものです。



しかし、当然、ユーザーの立場としては転載機能は素晴らしい、使ったっていいという方もいらっしゃいます。そして、悪意でもって被転載者の意図しない転載をした転載者が悪い、という主張もされます。



ここで、この記事の題名です・・・「良い悪い、と解決するエネルギーは違う」という点・・・。



例えば自動車事故・・・こちらは交通法規を遵守して走っていて、悪意あるドライバーにぶつけられることもあります。こちらは悪くないのですからそういったことを主張します。悪くない訳ですから・・・事故処理は当然速やかにすまされると予想・・・ところが、時々とんでもない主張をする人もいます。そのおかげで処理が長引くこともあるでしょう・・・。

例えば建物の賃貸借・・・契約上、解約の際は○ヶ月前に通知するという旨・・・ところが直前になって解約を申し出る賃借人が・・・「いや、契約は・・・だから」といっても納得しません。さて・・・どうしたもんでしょう・・・。


様々な契約書には「甲乙双方ともに誠実に協議し、解決するものとする」とあるにも関わらず、万が一争いになった場合は・・・誠実どころか双方が双方の権利を主張します・・・。「○○法という法律上、あなたの行為は△△だ!」と主張しても・・・オッケーば場合もあればそうでない場合もある訳です。


最終的に、「法律上・・・是か非か?」の判断にいくためには・・・いくところまでいくしかない訳です。(こういう書き方をすると・・・では何をやってもいいのか?と思われるかも知れませんが全く違います。やっぱりやってはいけないことはやってはいけません!・・・著作権法に関する解説をするサイトさんは、きっとこういう点・・・非常に苦労しているかと思います。)



僕が言いたいのは・・・自分が悪くなく、相手が悪いのに・・・問題を解決するという点で、非常にエネルギーを要する。そういった点を見逃してはならないということなのです。「悪いのは相手だ。だから削除すればよい。」だけで解決するのなら・・・世の中の紛争はおそらく・・・かなりの率で減少すると思います。



「では、こうして転載機能を解釈づけしても意味がないじゃないか?」



こんな意見も出るかも知れませんね・・・。



違うのです。



「良い悪い」と断じる次元ではなく・・・嫌な転載をされた時・・・解決するエネルギーが大変だと言いたい・・・それを「ひっそりと・・・」シリーズという解釈をしている時点・・・いわば机上で議論している段階で、「あぁ、知らずに転載をされて、相手に対してお願いして削除してもらうなんてエネルギー・・・使いたくない」ということを理解する・・・そういうことなのです。



これはきっと、今までずっと冷静に転載機能について語られてきた方々の共通認識ではないかと想像しています。最初から転載機能を否定とし、そのための材料を探しているのではなく、あくまで今の機能を検証した結果、否定という答えになったのだと思います。そして、その否定という答えを出す過程の中にはいざトラブルに見舞われた時には、良い悪いで簡単には解決しないということを要素として入れているのではないかと思います。




ふぅ・・・。「記事を軽く扱う」「黙示の許諾とは?」「Yahoo!への意見書」・・・あと何が残っていたかな?書き上げたいことがまだまだあります・・・。まだ、ちょっと時間がかかります(涙)(最近・・・記事を投稿するまでに物凄く時間をかけてしまうようになってしまいました・・・涙)



実は・・・リアルの世界で「私は悪くないハズだ!FDさんの言うとおり○○法にも適合しているハズなのに!」と言う方がいて・・・でも、その相手がゴネて・・・余計なエネルギーを消耗している姿を・・・転載機能に重ねてしまっていたのでした。(ちょっと・・・大袈裟かな・・・。)

「あ、そうなんだ。じゃあ・・・」となることは、善意転載記事転載の時と同じになるのでは・・・

オレ発:ヤフーブログ情報局の阿風さんが・・・

著作権を主張するのなら・・・に関する一考察

・・・という記事を書かれました。この中で、少々気になった点がありずっと考えていました。その詳細は今、文章を考えていますが、その記事の完成を待ってては事態が動いてしまいますので取り急ぎ心配している点だけを記事にします。


それなりの法的機関に、それなりの対価を支払って調査した結果を阿風さんは書かれています・・・


それなりの法的機関、というと皆さん色々と連想されると思います。そして、そこから出た回答には大きな影響力がある・・・いわば権威的なものですね。



しかし・・・忘れてはならないのは・・・一つの見解であり、決定された判断ではないということです。



「私はこう思う」「僕はこう思う」という考えを自身の記事で展開・・・いわば軸が一つであるのと違い、転載機能というのは転載するにせよ転載されるにせよ二人のブロガー・・・二つの軸が存在する行為です。だからこそ、転載されても仕方ないという考えは議論の中では展開されても、実行していい、ということではないと思います。そして議論の中でそういった危険性が予見できるからこそ、「転載は不可にしよう」と僕は感じています。「悪意で転載した人が悪い」となったって、転載された側の怒りや悲しみが発生しない訳ではありません。「善い悪い」の問題ではなく、「不要な怒りや悲しみを発生させる要素を高める必要はない」という意味です。



「いやいやFD、そんなことはしないよ。大丈夫だって♪へんなことするなんて、ないよ♪」



それなら安心です・・・が、実際、道義的に「???」と思う転載も過去にされています。



いじめ問題に関する善意転載の際、Yahoo!ブロガーのネットリテラシーが話題になりました。「あぁ、こういう機関が言っているのからいいのかな」と安易に鵜呑みにしてしまうこと・・・こういった判断基準は、よくないのでは?というものだったかと思います。



今回、そういった行為の二の舞にはならぬよう・・・。またネットリテラシーが・・・とならぬよう・・・。安易に行動せぬよう・・・。記事に挙げられた阿風さんもそういった行為の引き金になることを意図していないと思いますしね。




詳細はこの次の記事で述べます。取り急ぎ、上で述べた点、どうかご留意ください。



※「ほら、FDもそういうこと言ってる。見解や解釈は一つじゃないんだ」などと、逆に転載可を維持・推奨するエクスキューズにも活用はしないでくださいね。あくまで僕は現状の転載機能は、よくないと思ってますから(笑)(←こういう記述をしなくてはならない、ということが、僕にとっては問題であり、次の記事を書くうえで大変なことだと感じています)






黙示の許諾の勉強をする間に・・・妄想してしまいました。

これこそ、転載する側が礼をつくした転載では!と、とあるおバカな妄想をしてしまいました。



原作者が記事を書き、投稿する。当然、転載不可です。
→当然、悪意のある転載者を防ぐため


「ためになりますっ!転載させてくださいっ!」と思った人は、メールフォームか何かから礼をつくしてお願いする。
→頼みにきた相手のブログがどういったものなのか?うわべだけの礼かどうか?などなど・・・そして、フリーメールとはいえども、記事をくださいとくる以上、欲しい人にも何かしらの負担をさせるため。記事内に問題が発生した場合などの削除や訂正要請にも応えてもらえるかどうかの確認も必要?


転載をしてもよいかどうかを決定したら、メモ帳に保存していたソースをその相手のメールに送る。
(当然、「この記事は転載記事です。転載元は○○・・・」等のバナーつき)
(「この記事内の画像等を無断使用した場合は、○○までご連絡を」などもいいかも)
(当然、転載する人はそのソースを使って投稿する時は転載不可!
→先程のメールフォームはここでも必要


転載された側は「いつ・だれに・なんの記事を転載許可したか?」がデータとして管理
→削除や訂正要請のためにも活用できる。




書いてて思いました・・・これ・・・明示の許諾じゃないですかっ。




でも・・・文責を負う原作者・・・書いた内容に責任を持つ・書いた内容と矛盾したことをしない・・・そんな重たい責任を持っており・・・且つ文章の構成から画像の処理など手間もかけ・・・でもその向こうに何かしらの充実感がある・・・その何かしらの充実感を求めるために時間をかける原作者・・・そういった原作者に対し・・・。




「転載させてくださいっ」




の一言で、ボタンが押されるよりも・・・ある程度、手間をかけても欲しいという人・・・きっとそんな人は自分の記事も大事にしてくれる・・・そういった人に転載させてあげてもいいのでは・・・などと思ってしまったのでした。




以前、「転載機能の良い点」を募って、まだ宿題のまま放置してあります。その点について、僕は「転載する側のメリット」ではなく「転載される側=作者」の側でメリットはないのかなと今、考えているところです。(黙示の許諾とは別に)

長文になりましたので、記事化します。

前の記事でのOYAJIさんからコメントを頂戴しました。それに対して返事を書いていたのですが、あまりに長文に・・・(笑)僕の悪い癖です。FC2はかなりの長文がコメントに入れることが可能で、どうもそれにあぐらをかいてしまっています。Yahoo!ブログでしたら連投コメントですものね(笑)

参考・・・
OYAJIさんのコメント


(以後、読まれる方は、この記事の上部にOYAJIさんのコメントが存在しているように想像して読んでください)



OYAJIさん こんにちは!

えっと・・・

上でOYAJIさんが書かれた多く・・・それ、僕、既にコメントに先手をうって抑えたつもりなのですが・・・読みきれていらっしゃらなかったかな?

まず・・・「FDさんのような姿勢を貫ける」という褒め言葉はありがたく頂いておきますが、結局はそれ以後の文章で僕のその考えを全て否定していらっしゃる(笑)「そんなことないですよ」という言葉が瞬時に返ってきそうですが・・・OYAJIさんの行動の重箱の隅をつつかないで、あくまで正論で堂々と僕はOYAJIさんにぶつけており、その殆どを「違う」と返している点がそれを物語っていますよ。

今回のOYAJIさんのコメントで、まず転載機能を語る上で題材にするべきでないのが「改善要望を提案している点」です。これって、現状の機能を語る上で関係はないと思いますよ。提案をしているから偉いとか、今の仕様で転載機能を使っていいとか、その人の意見が正しいものとなるということでもありません。今、僕はYahoo!法務部に内容証明で嘆願書を出す予定でいますが、これをしたから僕は偉い人ですか?僕の考えは正しいものですか?違いますよね?

モラルの崩壊に関しては・・・これもOYAJIさんの悪い癖というか・・・以前、僕はOYAJIさんに「大きなテーマに頼るべきか」という名前の記事を作成しました(世には出ていません)。善意の転載の時もそうですが、OYAJIさんは物凄く大きなテーマを掲げ「だから・・・」と自身の行為の正当性を補助する材料に使う習性があるようですね。

勿論、モラルの崩壊に関しては、それは大いに語るべき問題です。しかし、モラルの崩壊そのものを考えの正当性の是非のための錦の御旗にしてはいけないです。あくまでその人の考え・アイデアが、後から「あぁ、この人の考えやアイデアは本当にモラルの崩壊に関して考えられたものだな」と周囲が認めるものです。OYAJIさんは、自身のモラルの崩壊に対する憂いの熱の高さを自身の考えの正当性に持ってきてしまっていますよ。


それから、これもOYAJIさんがよく使われる反論手法の

Yahoo!ブロガーさんの多くが「安易さという特徴を非常に持っている」のだったら安易さをなくすように注意していけば良いだけの話です。

というもの・・・「ご自身がHow to ブログを作ればよい話」とか「ご自身がYahoo!ブログを作ればよい話」・・・または「ご自身がいじめ問題に取り組めばよい話」・・・これも正直、頂けませんね(涙)

以前からOYAJIさんのこの言論、すごく不思議に感じていました。こうして僕自身も色々と記事に書いてます。転載機能に関しても、安易に飛びつかず、気をつけないと・・・むしろ、使わない方がいいという記事を書いてます。そして、OYAJIさんにもTBしてます。

・・・これって、OYAJIさんの仰る「安易さをなくすように注意」じゃないですかね?

OYAJIさんのこの発言って、何を意図したものなのでしょうか?「自分は自分の道を行きなさい。そして、意見が合わなくてもお互いに指摘し合わなくてもいい。」という意味?その反面、「意見交換は非常に大事ですし、いつも私は聞く耳を持っています」的発言もあります。


僕の活動は・・・不足ですかね?活動とは呼べないものですかね?Yahoo!ブログをメインにしてないから?FC2ブログには人気度という指標がないから?ファンの数が明確ではないから?逆に、もし・・・僕がそれらの項目でOYAJIさんを凌駕するような数値をはじきだしていたら?そして、その状態において今と同様の意見をOYAJIさんに発していたら・・・?そんな訳の分からない肩書きで、OYAJIさんのポリシーはぶれませんよね?


こうした不思議な発言の数々・・・ちょっと考え直した方がいいっすよ。反論に使う材料を物凄く間違えていらっしゃいますよ。


そして、転載記事のトレースの件ですが・・・僕は記事の本文でOYAJIさんだけを対象にあの記述をしている訳ではありません。ただ、僕の記事を読んだ立場としてOYAJIさんが先のコメントで書かれたのはわかります。僕も読み手としては他人の記事を読む時、自分のこととして読みますし。

そして、OYAJIさんの先のコメントに対して僕は、一般的なブロガーさんの事情を踏まえ、そういった中で広がり続ける転載記事の管理をトレースするのは難しいとしました。

僕は、どこにも「トレースすることは悪い」などとは書いていません。そういった大変な労力をかけてしまう危険を冒す必要はどこにあるの?と言いたいのです。


「そんな危険なんて、ないよ」とお思いかも知れません。それもある意味「安易さ」の一つではないかと思います。OYAJIさんもご自身で記述されているように、人は間違います。僕だってそうです。自身の庭にある状態なら、その間違いに気付いた時、すぐ軌道修正ができます。しかし・・・転載記事は・・・どうなのでしょう?


非難するべきでない、批判もしない方が良い、に関してですが・・・過去に僕はOYAJIさんに対して非難もしていますし、批判もしています。今のところ、表立って僕に対して「FD、それは違うぞ!」とは言われてはいませんが、いつかきっとそういった風が起きることもあるだろうと覚悟しています。

OYAJIさん・・・でもね、それを言い出したら、評論記事は何も書けませんよ(笑)OYAJIさんが書かれている食べ物に関する記事にしたって、「おいしい」という評価しか書けません。それって提灯記事じゃないですか(笑)「全体的にはおいしいが、○○の部分は頂けなかった。」とか「食事はよかったのだが、店員の対応には憤慨した」などという記事だって書けません。OYAJIさんの、例の教員に対する怒りの記事だって書けないっすよ。


誰だって、自分の出した作品に対してケチがついたらおもしろくないです。それは僕だって同じです。でも、それをおそれてたら何もできやしない。自分の脳内で済ませるだけ・・・若しくは本当にイエスマンだけを周囲におくしかない。でも、ブログではそんなことはできない。


批判や非難に対して、言葉を選ぶ・技術を磨くということと、批判や非難をしないということは全く別の話です。OYAJIさんは、僕の意見に対しては大きく噛みつかれはしないし、またお褒めの言葉もくださる。でもね、僕が言ってることは言葉は違えど、他の方々と大差ないのですよ。個人名を出してよいかわかりませんが、阿風さんやえっけんさんと変わりがないのです。ただ、直線的じゃないだけです。(だからこそ、僕は痛快なブログができないし、自分を偽善・臆病と思っているのですが)


「じゃあ、皆が皆、そういった能力を磨いて・・・」という反論も出てきそうですね。それはOYAJIさん、OYAJIさんにも言えることです。前述の「大きなテーマに・・・」ともリンクしますが、OYAJIさんは物凄く大きなテーマを掲げていらっしゃる割には、反論意見が出た後の対応は物凄く大きなテーマと矛盾した発言をしていらっしゃる。誹謗や中傷ともとれる言葉は活用しないまでも、その行動や使われる言葉は「売られた喧嘩は買うぜ!」的な粗暴なものです。使われる言葉は丁寧なものですが、とても本来その言葉が持つ丁寧なイメージとはかけ離れた雰囲気になっています。

OYAJIさんは、まだまだ単語として存在する言葉の意味だけを理解していて、その単語が文章として連なった時、化学反応で本来の意味を凌駕するマイナスイメージ(OYAJIさんが過去に言うところのマイナスのストローク)となることを理解していないのではないかと思います。(・・・といっても、僕自身が別に達人ということではありません。)



最後にもう一点・・・「危険性がにじみでているか」という点ですが、書き手のOYAJIさんはそういう意図があっても、どうしても読み手の僕の立場からするとそれは理解できません。これは立ち位置の違いなどではありません。転載機能にメリットを感じていないから斜めに見ている訳ではありません。「それでも転載機能を使う」という姿勢と、危険性を示した記述との大きな乖離・・・僕は「危険性を示した記事」と「転載を推奨する記事」を分けて眺めて、そして、最後にOYAJIさんのブログ全体の空気として眺めます。確かに「危険性を示した記事」だけを切り取ると、OYAJIさんの仰るとおりかも知れませんが、最後の段階、ブログ全体でみるとその危険性を示した部分が打ち消される・・・それではダメじゃないかなと思ってしまう訳です。


逆の立場で考えて想像してみてください。


この【FDの考え】がYahoo!ブログで展開されています。著作権法に関する記述をしています。そして、転載機能に関しての危険性が記されました。・・・でも、転載ボタンは存在している。


・・・すごく違和感を感じませんか?更に、一言でも僕が「転載する時は・・・」的記述でもしていたら・・・。



一気に僕の記述した考え・・・提唱した危険性は・・・くすむと思いますよ。



水域は・・・どこにあるのか?

デフォルトで「可」になっている時点で、そして、そのまま投稿した時点で Yahoo!ブロガーは「誰に転載されるかわかったものじゃない」状態に陥ります。



僕はもう何度も転載機能について記事を書きました。そして、場合によって転載を推奨する立場のブロガーさんに記事をTBしたりしています。



「だったら、全ての転載可にしているブロガーにTBしてよ」



・・・などという反論が返ってきそうです・・・。(こういう反論自体、ナンセンスではあるのですが・・・)




少し、自分の心情を振り返ってみました。




色々な転載にからむやりとりを見ていて・・・自分が「むむむっ、記事を書こう!」という水域・・・。





「転載可になんかするんじゃなかった・・・。知らなかった・・・(涙)」





・・・が、判断基準かなと感じました。




冒頭で示したとおり、知らずに記事を投稿した時点で誰に転載されるかわからない状態に陥ります。そして、どんな転載がされるかわかったもんじゃありません。


もう機能としての転載機能は記事に書いてます。その上で感じた転載機能は「包丁のたとえ」の「包丁」ではありません。(既にこれも記事として準備してあります。)以前、僕は転載機能を「Yahoo!ブロガーだけが持っているコピーカードで、道路にでんとおかれたコピー機によってコピーされる」と称しました。


別記事でも触れると思いますが、「調理道具が本当の目的(使途)」の「包丁」・・・違った目的で使うと危険な道具と化す・・・。転載機能の「目的(使途)」ってなんでしょう?更に危険な道具を親身に教え、使えるように指導すればという点についても・・・いわば「教える側」と「教わる側」の距離感が近いものを、ブロガー間にあてはめることができるのでしょうか?更に「ナイフや包丁は危険だから、しっかりとした使い方を覚えましょうね♪」と教える側が主導権を取れる包丁の指導と比べ、転載機能はあまりに転載者側に選択主導権がつき過ぎている、という理由が主なものです。



そういった距離感が希薄な状態において、更には主導権が転載者側に大いに与えられ・・・被転載者側としての心のよりどころは「転載する人の良心に頼る」以外にない状態・・・そんな機能って一体・・・です。


ファン専用記事で明かした自分の顔写真が転載されたり、著作権法上問題があるものが転載されたり、また法律上は問題がなくても内容上不適切な記事が転載されたり・・・。全てが「転載者次第」です。



また、転載された先で自分が意図しない展開に拡がってしまうこともあるでしょう・・・。そして後から自らの記事の間違いに気付くこともあるでしょう・・・。




その意図しない展開に拡がった際、後から自らの記事の間違いに気付いた際、きっとその知らずに記事を転載可にしていた人は、とある分岐点に立つと思います。



「転載させてしまった記事をどう処理するか?」



そして・・・



「今後も転載可とするか?」



・・・です。



そこで先程の「転載可になんか、するんじゃなかった・・・」です。




人は過ちに気付いた時、その次の行動が重要と思います。



「転載可になんか、するんじゃなかった・・・」と思い、必死に問題の記事を回収(という表現が適切かわかりませんが)しようとする人に対して追い討ちをかけることはしたくない・・・。



これは、「転載してください!お願いします!」でも同様の要素があるかもしれません。



転載してください!とお願いした点に関しては、まったく知らずに普通に記事を投稿した人よりも「自分の記事を積極的に広めようとした」という点において責められるべき要素は増すでしょう・・・。



しかし、「しまった!自分が広めようとしたコトには、問題があった!」と気付き、必死にそれを改善しようとしている人に対して・・・溝に落ちた犬を叩くがごとく追い立てるのは・・・自分にはできません。その記事が自分に直接影響のあるものでしたら別ですが・・・。




「転載してください!」と推奨している行為が責められるべき要素を増すとして・・・「じゃあ、転載してください!と推奨している全ブロガーにTBすれば?」などという、これまたナンセンスな意見については・・・。




これはあくまで僕の基準ですから他の方々はわかりませんが・・・。




「転載してください!」と推奨していたブロガーさんが、何らかの事情(提言や忠告、若しくは自発的に気付いた等)で自らの記事の内容に問題があると気付いてもなお・・・転載機能を推奨している時・・・。または自らの転載推奨によって大きな問題が発生しつつも、それでもなお・・・転載機能を推奨している時・・・。




・・・そんな時にTBをうつかなと思います。




どんな理由で転載機能を使って記事を広めようとしているのか、もちろん事例によって違うのでしょうが・・・僕にはわかりません。




ただ・・・これは小学生だろうが老人だろうが・・・関係なく・・・(まさしくこの関係ない、がブログの醍醐味かと思うのですが)・・・記事を広めようとした責任・・・というものがあるかと思います。そして、この責任というものは、少々厳しい言い方ですが、小学生だろうが老人だろうが関係ないとも思っています。(あくまで責任という点においての話です。自身の背景を述べるなという意味ではありません。)




広めに広めて・・・広めるだけ広めておいて・・・イザとなったら・・・これは・・・人としてみていて・・・です。そんな時は、何かしらの記事を書くかなと想像します。



善意による頒布目的にせよ、ブログの人気度獲得にせよ、記事が広まることを意図しているのであれば・・・その広まったことに対する目的達成の達成感を味わう権利だけでなく、その広まることによる責任も・・・人として考えて欲しいものです。


以前にも述べましたが、僕は正直に言って、著作権よりも文責を大事にします。もっと端的に言えば、「自分がしたこと(言ったこと)に対して責任を持つ」です。どこかで「転載によって著作権放棄したら、文責はどうなるの?」などというコメントを見た時、驚きました(笑)




自分が書いた内容・・・表現も含めて・・・そして、その書いた内容以後の・・・自分の行動・・・そういったものが大事かなと・・・。そして、その両者が相反するものであった場合・・・転載機能によってそれが生じた場合・・・僕はTBをうつことを考えるのかなと・・・。



そんな風に思ったのでした。




・・・といっても・・・自分自身を聖人君子・完璧・完全無欠とは思っていない・・・だからこそ・・・ハマーン・カーンのような論調はできないし、痛快なブログは書けないのでしょうねぇ(笑)





やれやれなブログです(笑)

テーマ:迷い+困り+悩み=人生 - ジャンル:日記

書けないこともあります・・・気持ちとは裏腹に・・・。

新年の挨拶記事からずっとほったらかしのこの【FDの考え】・・・



ノートPCのデスクトップに置いてある記事予備軍・・・10個を数えました・・・。




しかし・・・世に出せない・・・何か・・・何かわかりませんが出せない・・・。




書きたいこと、述べたいことは沢山あるのだけれども・・・最後のヒト押しが・・・ない・・・。





こんなこと・・・あるのですねぇ~。





転載記事に関する事柄は、実際に発生している問題も含めて沢山あります・・・。他のブロガーさんのトコでも「記事にしますが」とまで言ってるのに・・・。




う~む・・・少々、ブログでの論争とリアルでの仕事が重なってきてしまったからでしょうか・・・。




少々、「冬眠状態」の【FDの考え】・・・です。




(でも、しっかりROMはさせてもらってます)

テーマ:なんとか生きてます - ジャンル:日記

あけましておめでとうございます!

皆様、あけましておめでとうございます!



お正月はいかがお過ごしですか?僕は京都への初詣・・・そして、まったりと過ごしています。




PCの前からしばし離れて・・・思索に耽る・・・




また数日後には、せわしい毎日が待っています(笑)



今年も一年、皆様、宜しくお願い致します!

テーマ:あけましておめでとうございます - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。