【FDの考え】

日常の、些細な事柄から心の琴線にひっかかったコトについて書き綴ってみようと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「他の世界も見てみなさい」の意味が最近、理解できました・・・。

Yahoo! ブログから始まった僕のブログ生活です。



最初は、コメントをもらえただけで嬉しかったです。自分が作った創作小噺に傑作がついて嬉しかったです。ファン登録されて嬉しかったです。ランキングにのって嬉しかったです。ブログ・パーツをつけることができ、嬉しかったです。



その「嬉しい」を知っているから、上記の行為に対してあまり無下に否定的にはなれません。



ただ・・・現在、一年と数ヶ月前に始めた他社ブログによって、かなり考え方は変わりました。


そのブログはこの【FDの考え】他二つのブログとは一切リンクでつながってはいないブログです。現在、僕のメインのブログとなっています。そっちのブログは毎日更新です(笑)



当初、時々しかつかなかったコメント・・・しかし、その時々しかつかないコメントは深いものが多かったです・・・。一記事を投稿した直後の訪問者数の跳ね上がりは Yahoo! ブログの方が上なれど、しっかりとした記事を書いていくと、ある日突然どこかのブロガーさんに紹介され、格段に訪問者数は上がります。リンクを貼られて「ここのブログ、すごくいいよ。」って・・・。各種のブログ・ランキングにも登録してありますが、ランキングの順位というよりも「そこから見に来てくれる」という単なる「きっかけの一つ」としてしか捉えていません。



決して Yahoo! ブログを否定してません。そして、他社ブロガーが上などとも思いません。



・・・が、ここは一つ、騙されたと思って巡回サイトの中に他社ブログを混ぜてみては・・・?そして、他社ブログにトラックバックをうってみたら?



それぞれがメインとする柱って、各ブログにあると思います。「楽しい日記」「映画や音楽といった趣味」「エッセイ」「創作作品」・・・共通項をもつ他社のブログを巡回してみるんです。騙されたと思って・・・。



いつもどおり Yahoo! ブログで記事投稿は続けて、いつもどおりコミュニケーションを図ればいいです。ただ、ちょっとだけ外の空気を吸ってみる・・・。


大丈夫です。PCの画面は噛み付きません(笑)素通りして帰ってこればいいんです(笑)



Yahoo! ブログだけをやっていた時「他社ブログをまわってみなさい」の意味があまり理解できていませんでした。・・・が、今はなんとなく理解できます。また違った影響を受けると思います。


できることなら、他社でブログを一つ開設して運営してみるのも良いかもしれません。時間に余裕がないならば、Yahoo!ブログに投稿するものと同じ記事を投稿したっていいでしょう。それぞれのブログをリンクで繋いでおいて・・・。



「やっぱ Yahoo! の方が楽しい!」になるかもしれません。どんな化学反応が待っているかわかりませんし、保障はできませんが・・・初心者と自身を思う方であればあるほど・・・試してみる価値、アリです(笑)



ちなみに・・・他社ブログ・・・Yahoo! ブログと比べて難しい印象があるかもしれませんが・・・初心者でも十分に開設から記事投稿までできます。テンプレートの自由度がYahoo!と比べて格段に高いですから、そういった点は面喰うかもしれませんが・・・。でもリンク・ボタンなど、よく使うHTMLタグなどはボタン化されてますので大丈夫です。



是非・・・一度!
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

な・・・なんということをしてしまったんだ・・・ごめんなさい(涙)




先程帰宅しました・・・。



そして、PCを起動し、御飯を食べながらこのブログの最新の記事を見ていると・・・



な、なんと・・・とても失礼な過ちをおかしている!




一つ前の記事「怒りにまかせます・・・!」の中の引用として掲載した部分・・・



現在:「これはらぶさんやjiwer5959さん以外への閲覧者全員への冒涜ですよ!」


正しい記載:「これはらぶさんやjiwer5959さんだけでなく閲覧者全員への冒涜ですよ!」




です。



現在の記事の内容ですと「らぶさんとjiwer5959さんを除いた方々」となってしまっています・・・。




らぶさん、jiwer5959 さん・・・大変失礼致しました!




ごめんなさい・・・。




まったく・・・言葉は大事だと偉そうに言っておきながらこのザマです。




本当にごめんなさい・・・。






テーマ:しょんぼり(´Д`∥) - ジャンル:日記

怒りにまかせます・・・!

OYAJIさんが書かれた「ヤフーは法律を上回る」という記事・・・


その中の8:36のコメントに愕然し、コメントしようとしましたがはねられましたので記事で送ります。


怒りがこみあげています・・・。


書こうとしたコメントは以下のとおりです・・・


OYAJIさん!8:36のコメントの書き方、非常に不愉快ですよ!それは「こういうブログをやっていないと言う資格がない」ということと同意です。それこそ、何様なんだ?という話です。では言います。初心者の方を導くブログをやっているのなら、徹底して初心者の方を導きなさい!中途半端に迷わせるような論理を展開してはなりません!「危険だからやめよう♪」としっかりと指導することも大事なのですよ。これはらぶさんやjiwer5959さん以外の閲覧者全員への冒涜ですよ!



初心者の方を導き指導する姿勢に関して・・・誰が非難していますか?


OYAJIさんの初心者への苦労はわかります。ただただ「教えて教えて」とくる人々に対し真摯に応えている姿勢は真似できません。


・・・が、だからといって「俺は偉い!」と直結させてはなりません。


何様なの?・・・となります。


初心者を導いている立場のOYAJIさんが「?」を感じる考えを展開させているから皆が素朴な疑問を呈しているのですよ?何故、それで「だったら、お前がやれよ。」なんですか?

OYAJIさんもどこかの記事で「表現の自由」という言葉を使いました。僕はあまり「~の自由」という言葉を使いたくありませんが・・・普通の閲覧者の立場で意見を出したら、何故「こういうブログを運営すればよい」となるのでしょう・・・?



そんなに・・・偉い立場なんでしょうか・・・?



そして・・・OYAJIさんの耳障りのよいコメントしか発してはいけないのでしょうか?






OYAJIさんのこういった発言が・・・批判をよぶことに、何故わからないのでしょう?




今回のコメント・・・転載機能と著作権とは全く別物です。OYAJIさん自身が展開している論理事態にはなんらの感情もありませんが・・・このコメントには怒りを感じています。



文章には・・・人柄がでますよ。

テーマ:もうだめだorz - ジャンル:日記

思ったこと・・・感じたこと・・・

転載機能の是非を論じる時に使われる・・・


「何故、現在ある機能を有効活用しないの?良いものへと変化させて使いやすくすればいいじゃない?」


・・・という考え方を拝見することがあります。そして・・・大抵、その後に続くのが・・・


「反対する人は、意見を具申すればよい。そうやって広めればよい。」
「現実のものとして、転載機能は普及してしまっている。」


という考え方です。


「今の転載機能の機能としての是非を論じるのに、この考え方って、必要なのかなぁ~」と思います。


良いものへと変化させるのには、どうすればよいのでしょうか・・・。



マイルールを設定する。そして、転載後、転載者から通知のTBをしてもらう。



・・・くらいしか実行されていません。



これってすべて・・・



機能そのものは変化してない。全ては利用者の工夫のレベル。



であり・・・更にはその工夫された動作そのものが・・・



転載する人の意思にかかっている



のですよね・・・。



これって・・・機能の改善ではないですよね・・・性善説にもとづいた相手への信頼・・・マナーに訴える方法でしかないのですよ・・・。




「現実に転載機能は広まってしまっている」についたって・・・


広まっていること=著作権法で保護されてるとは現時点言えないし、広まっていようがいまいが、今回の件は勃発したら同じこと・・・。


一定数の転載記事が頒布しているから悪意の転載者に対して断罪できる訳じゃありません・・・。




そして・・・「反対する人は意見を具申すればいい」については・・・


これ・・・


文句があれば、こちらに言わないで。Yahoo! に言って。


・・・の言い換えであり、「転載機能の是非の議論」になんら関係がないのですよね・・・。「頼むから反対派はこちらに文句言ってくるなよ。頼むわ。」ということですよね。(実際、これが究極の本音だと思います・・・。)


議論をしていくにあたり・・・この二つはもう出してもらいたくないです・・・。多くの方々が、この二つをスルーしていることが物語っていると思います。



更に・・・


「多くのブログでは転載を推奨している」事実・・・


・・・だから現状の転載機能を認めて欲しいということかな?


こういう議論をするにあたり、「○○ではこうだ」という事実の出し方って難しいのですよ・・・


多くのブログって・・・どこ?
多くのブログって・・・どれくらいの数?


こんな訳の分からない展開になってしまうのですよ・・・(涙)「こういう事例があります。」という事例を出す場合は、本当に注意しないといけないということを痛感しています(涙)


通常・・・なにかの証明をしたい時は、証明をしたい側がその事実をもってきます。立証責任というのですが・・・。こういった場合・・・どうなるのでしょうかねぇ。


更に・・・


多くのブロガーが認めているから転載機能・・・賛成?


などという、これまた訳の分からない展開になってしまう気が・・・。


では、もし・・・転載機能反対派の人々が徒党を組んで「転載機能反対同盟」なぞを組んで、物凄く多くの賛同者を得て、この議論の土俵に上がっていたら・・・?そして、この「転載機能反対同盟」が持ち出している考えが誤ったものだったら・・・?


こんなところに民主主義の数の論理など入れたくはありません・・・。


純粋に、転載機能の今の機能に関して、意見を交わす形・・・そうじゃないと駄目だと思いますよ。



それをみた Yahoo!が転載機能を見直すかもしれないし・・・。



・・・でも・・・



「私が意見を具申したから、転載機能は変わったのです!」



・・・って言う人、出てきそうだ・・・(笑)



「どっちが勝った」って・・・あまり関係ないことなのに・・・。




憲法に関する判例を勉強していて、今の僕のバックボーンになっている判例が二つ・・・


一つは、「薬局の設置の距離制限」もう一つは、「公衆浴場の設置の距離制限」・・・


二つとも憲法の営業の自由と公共の福祉のぶつかりあい・・・そして結果は・・・それぞれが異なる判決がおりています。


薬局に関しては、「薬という人体に影響を与えるものを販売する以上、あまり企業論理を持ち込ませすぎてコスト削減の悪影響がでてはならない」という趣旨で設定されていた距離制限について「そういったコスト削減の悪影響が、直接的に薬そのものに影響を与える訳ではない」という考えで違憲・・・薬局を設置するにあたって距離制限はしなくてよい、となりました。


公衆浴場に関しては、「お風呂という人体に直接影響を与える要素が大きい内容においては、その影響を多大に考慮する必要がある。コスト削減によりお風呂の湯のはりかえの回数が減ってばい菌が繁殖されては・・・」という考えで合憲・・・公衆浴場の設置には距離を考慮する、となりました。


(手元に資料がなく、うる覚えで、更には専門用語をさけてわかりやすく書いてますので、誤っていたらご指摘ください。)


同じ「営業の自由」でも・・・「我に権利あり!」といくら叫んでも、通じるものと通じないものがあるのです。


僕はいつも心に「天秤」を置くようにして仕事に臨んでいます。


片方の主張(権利)と、片方の主張(権利)・・・社会一般的な見地から、天秤でどうバランスがとれるか・・・です。



今回の転載機能・・・僕の心の中の「天秤」は・・・「転載を可とした大人の責任」が大きな要素として組み込まれています。



逆に言えば・・・こうまで僕が噛み付く理由としては、「権利を自分の好きな時に好きなように主張してもいいが、それはちゃんとしている時でなければならない」という気持ちがあるからです。


ひらたく言えば・・・


自分で判断しておいて・・・なんで困った時だけ権利をふりかざしてくるんだい?


です。


これでもし・・・Yahoo! の判断じゃなく、裁判の判断で「転載機能を可としても、著作権を放棄したとはいえない」などという判例が出ようものなら・・・。


僕は・・・法律というものに対して、信頼を失います。


Yahoo! が通知で「本ブログに設定されている転載機能は、著作権者の著作権が放棄されたものではありません」という表明を出す分にはいいです。「あぁ、そういうルールね」と納得するだけです。


でも・・・きっと、「それみたことか!転載機能は著作権放棄してないじゃないかっ!」と言われるでしょうね(笑)


それならそれでいいんです。仕事柄常に「最悪の状態を想定」します。そしていつもお客さんに「FDさんは心配しすぎだよ。」と言われます。


いいんです。後になって「FDさんの心配は杞憂に終わったね♪」となった方が、それは結果としてお客さんが危機を回避できた証拠ですからね。


僕はそれがコンサルタントじゃないかなと思います。いわば僕の世界における「How To系」です。


機能の良い面ばかりをとらえ・・・反対派に対して「使用すること」を第一義に反応することは・・・「How To系」としては・・・。



世の中には・・・機能としてついていても、問題があったりして使われないものも沢山あるというのに・・・。



「楽しいからブログをする」のですから、「楽しくならないように自分で防御する」ことも大事だと思うのだけどなぁ・・・。


転載機能が持ってる機能って、反対派が想定してる危険を凌駕するだけの魅力・・・あるのかなぁ・・・。



実際・・・悪意の転載されて・・・対応に困ってるという事実があるのに・・・。それは「楽しいブログ」なのかなぁ・・・。


転載「不可」にしておいて、完全コピペで「証拠保全」なんてされてたら、堂々と訴えればいいのに・・・。





色々と考えてしまいました。

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

転載機能を語るうえでの基本原則。

転載機能を今一度最初から考える・・・。


OYAJIさんが書かれた「ヤフーは法律を上回る」という記事・・・


正直に言いまして、過去から現在に至るまでにあたって各種の転載機能に関して議論がなされてきましたが、今頃になってまだこんなことを記述しないといけないのか?と思ってしまっています。



著作権法は、著作権だとか同一性保持権だとか、種々の権利の名称がついていますが、根本的には


原作者の注いだ苦労、そしてそれが具現化された作品


を保護する法律です。「何かあったら、原作者の権利として保護しますから沢山良い作品を生み出してくださいね」という基本理念です。


そして、著作権法は「著作権者の意思が介在しないところで使用された行為」に対してキバをむきます。


・・・では、転載機能です・・・。


転載する人は・・・どうやって転載してますか?どうやったら転載できるのですか?



原作者(著作権者)が転載「可」としているから


じゃないですか?



直リンやドラッグして保存して・・・などの行為と比較しましょう。



とあるサイトで素晴らしい写真が掲載されていた。それを使おうと思い、画像保存して自分のサイトに持っていった。


そこに・・・



原作者の意図は存在していますか?



著作権者(原作者)と転載者、そして上の例の著作権者(原作者)と画像保存&自サイトでの掲載者との大きな違いが・・・。



著作権者の意思が双方向か一方通行か?
(訂正します。正しくは、「著作権者の意思と著作物使用者の意図が双方向か一方通行か?」です。)


なのですよ。


前者は、「転載機能を可」としている著作権者の意思が存在し、後者は、画像保存&自サイトでの掲載者の意思しか存在していません。



そして・・・著作権法は・・・後者の場合に著作権者(原作者)が画像保存&自サイトでの掲載者(無断転載者)に対してキバをむける権利を保障している法律なのです・・・。



論議がわかれるのは大いに結構です。それで議論が闊達になるのは・・・


でも・・・


原作者(ブログ管理者)が、自分の作品を世に出す(公開する)にあたり、転載は「可」とする意思表示をした


・・・は、まぎれもない事実なのです。そして、議論をする際には、その事実は事実なのですから、絶対に忘れてはなりません。



OYAJIさんが今回列挙した事例と比較するにあたって、この点だけは考慮した方がいいです。



あと、OYAJIさんがよく仰る「だったらYahoo!に反対を表明すればいいじゃないか」は、ハッキリいって議論には関係のない話です。ですから僕もOYAJIさんが努力されているYahoo!への意見具申に関しては何にもいいませんよね?


反対表明しているから僕の考えが正しくなるものではないし、OYAJIさんの改善要請があるから、今のOYAJIさんの考えが正しい訳でもないのですからね。


今後は、この件に限らず「私は、こんなことをしているのです」的なことは控えた方がよろしいかと思います。



あと、初心者が向かう最初のブログでも転載を推奨しているのを忘れないでとありますが、これも議論には関係ありません。


色々なブログで転載を推奨しているから正しい訳ではありません。


もちろん、民主主義の世の中ですから圧倒的な意見が多いことが採用されます・・・が・・・



トラブルの渦中に放り込まれた時、そこに民主主義という要素は介在しません。己で戦うしかないのです。



「○○さんのブログで転載可にしていても良いって言われた」などという理由で、悪意の転載者に訴えたって、その悪意の転載者には関係のない話です。



「善意の・・・」とか「願わくば、好意で転載してほしい」というのはあくまで原作者の「願い」です。そして、それに矛盾した転載をされた場合、被転載者は転載者に向かって・・・



「すみませんが、削除してください」



・・・とお願いするしかないのです。




仮に、被転載者が Yahoo! に対して著作権者として権利を侵害される機能を放置しておいた責任がある、善管注意義務違反だ!ということで訴えたとして・・・


Yahoo! にも弁護士はいます・・・。


当然・・・


「管理者が、管理者としての判断で転載機能で『可』としたのです。もちろん、著作権の理念は知っています。だからガイドラインにも掲載しています。でも、管理者として『可』とした事実がある以上、当社としては管理者の意思を尊重したいと思います。」


・・・と言うに決まってます。



何故・・・そういったことがわからないのだろう・・・?世の中に「クーリング・オフ制度」が普及したのもそういった理由でしょう・・・?もともとは「大の大人が契約したことだからひっくりかえせない」だったのですよ・・・。それで大の大人の契約はひっくり返せない・・・でも、それでは消費者保護にならない・・・だからクーリング・オフ制度が充実したし、消費者契約法などが成立しているのですよ。


現在の転載機能へのフォロー(警告が出るなど)は現状、ありません。あくまで「投稿の際、管理者が可か不可にする」だけ。ですから今の材料で僕達は是非を判断するしかないのです。将来、改善されるかどうかなどという要素を現在の議論に入れること自体、ナンセンスです。



ちなみに・・・転載記事ばかりで構成されているブログが削除された理由は、もちろん著作権という要素はあったかもしれませんが、大半の理由は・・・「苦情」だと思います。ですから、この転載機能と著作権に関する議論に対して上のブログが削除されたのは転載可でも著作権が保護されているからだという理由に直結しません。


「苦情だなんてわからないじゃないか!」という反論はナシです。


なぜなら・・・


「転載記事が著作権保護されていて、それが原因で削除されたかも確定されたものでない」


からです。



議論をするにあたり、色々な例をもってくるのはかまいませんが、もってくるにあたっては十分に議論の材料となるかを吟味してから提示する必要があります。




Yahoo! ブロガーさんって、こういう自覚が薄いのかなぁ~と心配になってしまいます。こういった自覚が薄いってことは・・・現実の世界でも被害者になる可能性が格段にあがります・・・。そして・・・加害者になる可能性も格段にあがります。



「だって・・・いいと思ってたんだもん♪」(これは加害者の立場でも被害者の立場でも出てくると予想されるセリフです)



・・・で片付けられてしまいそうです(涙)



今回の事例・・・別の箇所でもおそらく勃発する危険性はあると思うのですが・・・不謹慎な発言だと思うのですが・・・是非、いくところまでいって判例を作ってもらいたい・・・。(ごめんなさい、不謹慎です)



心情的には・・・一生懸命作った作品を自由に転載された時の怒り・・・理解できます。でも、転載機能は「不可にする」、そして、「使わない」という己の選択もあるのですから・・・。


「機能としてあるからいいんじゃない?楽しもうよ」


は否定しません・・・だからといって、困った時だけ法律にすがるというのは・・・ちょっと・・・。



法律は・・・そんなに優しくはないですよ。だから、様々なところで争いが起き、皆が苦労するのです。



著作権者は、著作物を自由に処分する(この場合の処分は捨てる処分ではありません)権利があります。そこには頒布してもよいよ、という権利と同時に『頒布させない』という意思表示をする権利もあるのです。



あ・・・あと、ちなみに、消費者契約法などの立法趣旨に「素人・無知な人を保護する」という要素があると思います。転載機能に対して「私、知らなかったから」という要素はあると思いますが・・・。



これは、対Yahoo!には、業者という専門知識を有する立場に対しては活用できる大義名分でも、転載してきたブロガーには使えるか疑問です。なぜなら・・・ブロガーは対等な立場だからです。

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記

OYAJIさんへ・・・

OYAJIさんが僕あてに書いてくれた
FDさんへの返信(20061013)
という記事を読んでTBさせて頂きます。おそらくこの件についてはこの記事が最後になると思います。

①転載機能についての話

今回、転載機能の無断転載という点から話が広がりました。


まず前提としてOYAJIさんに理解をしておいていけないと思う点・・・これを列挙します。



OYAJIさんが「ガイドライン違反だ!」と声高に叫んでいること・・・これ自体、本当にガイドライン違反かは定かではないこと。だからこそ僕を含め、「いや、こういう考えじゃないの?」という意見が出ていること。


「自説以外の皆が間違っている!」じゃないんですよ。「そういった解釈もできる!」ということなんですよ。


だから阿風さんが言っている考え(転載可としていたのだから転載した)ということだって、考えとしてはアリなのですよ。


「またFDが訳のわからないことを言ってきた」と思わず最後まで聞いてください。


ガイドラインが出た時点で、錦の御旗が掲げられたと思われていらっしゃるかもしれませんが・・・あのガイドラインって・・・各条項に関しての補足説明・・・「お願い」の記事ですが・・・多くのブログで語られてきたこととどう違いますかねぇ~・・・あらためて活字になったものではないでしょうか?むしろ、インパクトの度合いとしてはアバターに関する規制の方があったと思います。



ですから、OYAJIさんが仰っている主張は、「お願い」が掲載される前から主張できるものなのです。(ずっと以前は「批判目的の転載は駄目」で、今回から「著作権」という言葉に変わったかと思いますが、どちらの考えにせよ、根底は「著作権」だと推察します。)



そして・・・阿風さんが、というより僕もなのですが・・・思っていることは「ガイドラインやお願いの記述においては、転載機能に関しては定義されていない」ということです。ですからブログ管理者が「可」という選択をした以上、機能として使ってよいという考え方もできる訳です。


現状のガイドライン、転載機能に文句があるなら Yahoo! に改善を求めたら・・・という発言はここでは意味をなしません。何故なら、それは反対側の意見の立場からも言えるからです。「転載可にしても著作権は保護されます。という文言を入れるよう要請すればいい。」という訳です。


「せっかくの記事、善意で使って欲しい」


これは理解できます・・・あくまで「心情として」です。僕だって、ギスギスした世界を好んでいる訳ではありません。・・・が、解釈の部分に心情という十人十色な要素を入れるのは・・・となる訳です。


更にマイルールに関しては、これも実は解釈には考慮は難しいと思います。なぜなら、「一部のマイルールだけが認められて、他のマイルールは?」といった問題に発展するからです。


そして、最後に「お願い」部分の「当事者間で誠実に話し合ってください」という点については、OYAJIさんの数々のコメントから推察するに「自分は著作権者としての権利でもってあなたに言っている。あなたは誠実に話し合う義務がある。削除しなさい。」という姿勢でいらっしゃると思います。


この「誠実に話し合ってください」ってのは、Yahoo! からのまさしく「お願い」なんですよ。勿論、義務として捉えてよいのでしょうが、ここにもまた十人十色の色分けがされるのです。


通常、こういった類の条項は「努力条文」として色々な契約に形を変えて載ることが多いです。「契約当事者は、本契約に規定のない事項に関してはお互いに協議し、誠実に対処しなければならない。」というものです。


・・・しかし、おそらく「この条文に違反している!」とは叫ぶ人は少ないと思います。



転載機能に関しての解釈については、いずれ Yahoo! が意思表明をするでしょうし、ひょっとしたら本当に裁判まで持ち込む人がいるかもしれません(笑)その時に、はっきりするでしょう・・・が、この「誠実に・・・」の部分は、他でも活用できる知識なので、認識を改めておいた方がよいと思います。



僕が拡大させた点について

10月12日のOYAJIさんが書かれたコラム部分に対して噛み付いたことで転載機能の点から余計な拡がりをさせてしまったことについては謝ります。ごめんなさい。


返信を頂いたので読ませて頂いたのですが、「やはり・・・」と思った部分がありましたので、締めの記事として筆を入れます。


(・・・と思ってOYAJIさんのブログを覗いたらまた新しい記事ができてる!・・・こりゃおっつかないな・・・。)



僕が「やはり・・・」と感じた点は・・・ズバリ!


私は、過去の過ちは



・間違った引用はしない
・同一性保持権の侵害はしない



ことだと思っており
(FDさんへの返信より引用)



部分です。


「~はしない」「~はしない」と「~をした」「~をしない」は、時制の違いと助詞が違うだけのものですが・・・大きく印象が変わるのです。


「~はしない」の場合、「現在形の否定」若しくは「意思」を感じさせる表現です。「僕は今現在、違反してません」若しくは「僕はこれからも(場合によっては今までも)違反なんかするもんかっ」という意図が入ります。

「~をした」の場合、「過去形」・・・そして「告白」を感じさせる表現です。「僕はさぁ、前に違反したことがあるんだよぉ~」


です。



「~をした」「~をしてしまった」「~をしなかった」等ならよいのです。



「たかが、てにをは、と時制くらい・・・」とは言っては駄目っす。勿論、誤字脱字は誰だってあります。僕だってあります。もし、該当部分を間違えていたのならちゃんと修正すればよいです。


・・・が、わざわざ箇条書きにしている部分です・・・しかも大事な箇所です。間違ったらマズイっす。


この違いだけで・・・OYAJIさんの記事の表情が大きく変わったのです。


「~してしまったこと」を悔いて、今はこういった努力をしている、ならわかります。そして、被害に遭われた方々も理解できると思います。


でも、「~はしない」では、過去の反省が現在につながっていないととられかねません。


「FDさん・・・細かすぎ・・・」はNGです。なぜなら、OYAJIさんはとわさんの記事を文末に出されています。言葉使いというものはこういうことを大事にしないといけないんです。とわさんの記事は「書き手はしっかりと言葉を使えるようにし、読み手は書き手の意図をしっかり読み取ろう」です。読み手にばかり依存しすぎているのです。



僕は全ての読者に迎合しろなどとは言ってません。さらに大々的に謝罪記事を書けなどとも思っていません・・・が、今回のコラムから僕への返信から「あぁ、過去の謝罪が今に生かされていないな」と思ってしまったのでした。文章の枝葉に・・・とわさんが言うところの気持ちが沁みてないんです。第三者の僕が思うのですから・・・。



謝罪意思はある!だから私が今までやってきたこと・・・そして数字として表れているデータを見てください!これが Yahoo! ブログ初心者への貢献です!


これは・・・僕は格が落ちるという表現を使いました。


その貢献というのは・・・謝罪とはなんら関係がありません。そして、議論の良否の判断材料にもならないのです・・・。


このブログは過疎ブログです。ここ数日は大賑わいですが(笑)、普段は「書きたくなったときに書く!」というブログです。


毎日更新している僕のブログの訪問者数・・・実はOYAJIさんに匹敵、とは言わないまでも・・・かなり勝負できる数字になってきました。


・・・でも、こんな数字・・・関係ありますか?「僕は○○というブログでこれだけの数字を出している。だから正しい。」とも言えないですよね?



バナーに関する数字にしても、それはその活動そのものに対する功績です。だから僕はいつもOYAJIさんに凄いと言ってます。そしてこれからも凄いと言うでしょう。




・・・でも、僕が投げかけたこと若しくは他の局面における議論の核心に関係はありますか?




同じような内容を書くのに、なんでこれほどまでにアンチがつくのだろう・・・そうは思いませんか?こういった細かな事柄が積み重ねられている結果です。




原因と結果、なのですよ・・・。



「あいつ、攻撃しようぜ♪」とおもしろ半分に来る方もいらっしゃるかもしれませんが・・・ズバッと正論で切ってくる方々(非ログインも当然含みます)は・・・OYAJIさんの活動を過去から含めて(原因と結果)見てるからこそズバッとくると思いますよ。そして、そういった方々は、普段はしっかりROMしてるハズです。とわさんの記事の言うところの「しっかりと読んで」です。


読み手に要求し、書き手の意図しない展開となった時には、とわさんの日記を出したりして読み手の能力向上に依存する・・・これは「もうちょっとちゃんと読んで」と言っているのと同じです。これ・・・読み手をバカにしてるんですよ(涙)だから相対的にという表現をしたのです。


とわさんの日記の記事や、コミュニケーションに関する記事を常に念頭において活動するのは良いんです。でも、それを本当に実践できるようにしないといけないし、その記事を相手に見せて相手に対してこうなれという使い方・・・それは傲慢です。そういった対応に対して、様々な人々が噛み付いたりするのではないでしょうか・・・。



今回の記事、過去から現在まで大きくわけで3回、僕はOYAJIさんに投げかけたと思うのですが、いわゆる「諭す記事」としては最後になるかと思います。何故なら、今までと同じ傾向を辿っていらっしゃるからです。


今まではオブラートに包んだ表現できましたが、今回は普通に友達に語るように書きました。




もう次に書くときはそれ以上の書き方しかできません・・・そうなるのは嫌ですし・・・まるで仕事をブログに持ち込んでいる風になってしまいます。元々、OYAJIさんとそんな骨肉の争いがしたくてTBしてる訳じゃないですからね(笑)



ただOYAJIさん・・・早い段階で自身の弱点に気付いて修正する意識をもたないと・・・必ず同じ紛争は起きます。「同じ紛争が起きないように過去を糧とし謙虚に前に進む」というのも初心者の皆さんに教えてあげる大事な要素ではないでしょうか・・・?






最後に・・・僕はOYAJIさんがコツコツと初心者に教えている姿勢は本当に素晴らしいと思っています。OYAJIさんのブログをROMする度、OYAJIさんのところにくる「初心者なんで・・・」という錦の御旗を掲げたブロガーさん達にいつも僕は画面の向こうで「まずは己で調べぇ~!○○で△△を□□のように調べました。そうしたところ、△が○になってて・・・僕は○は×だと思うのですが・・・いかがでしょうか?」まで調べられたら扉を叩きなさい!聞く側には聞く側の礼儀があろう!OYAJIさんの負担を減らそうくらいに考えなさい!そういった努力は初心者・ベテラン関係なくできるでしょう?」と思っていますよ(笑)まぁ・・・元々が体育会系ですから(笑)




これで筆をおきます・・・。ここ数日間、付き合って頂いてありがとうございました。







本記事とは関係ありませんが、トンコさんから投げかけられた宿題は、もうちょっと考えたいと思います。単に議論の題材として・・・。トンコさん、よろしくです。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

またまたコメント返しを記事でします。ごめんなさい。

事務所を出る前に画面を見てしまったばっかりに・・・(涙)


OYAJIさんへのお手紙です。記事にしました。(時間表示はOYAJIさんのブログでのOYAJIさんのコメントを指します)

1:38の分

過ちを本当に自分の糧としているのであれば、その後の文章・文体に必ず影響が出ます。そしてその変化は文章を書きまくってる人ほど、読みまくってる人ほど気付きます。

10月12日の記事の文面で僕がストレートに感じた印象は「ご自身が過去にやられた過ちを棚上げして、さも自分だけが著作権問題や転載問題に真正面からとりくんできた」というものです。そして相対的にご自身に攻撃する方を下げることで自分の価値を高めようとしている書き方になっている気がします。もし、「そんなことない!」と思っていらっしゃるのであれば、文章の文体を根底から変えないと、また誤解が生じる危険はあるかと思います。

(本当はこんな書き方・・・したくないんですよ、OYAJIさん・・・。だから婉曲にしたのに・・・。))

リンクしてある記事そのものは素晴らしい記事ですよ。でも、それをどう自分の中で捉えているかの部分については疑問です。


1:43の分

このコメントも、推敲したものかわかりません。おそらく「人の記事を読む際は、読み手が尊敬している人が書いたものと設定して読んだら?」だと思うのですが、最初に「私の記事などでの発言や・・・」とありますので、読み手に対して「全てを受け入れるような姿勢で読みなさい」ととられかねません。これは物書きとして「自分の文章能力はダメです」と自ら言っているようなものです。読み手に「文章を広い心で受け取ってね。」と頼んでいる訳ですから・・・。そしてご自身の評価はどうでも良いと思っている点・・・前提として「尊敬している人が書いた記事のように読んで欲しい」とお願いしているのに自身の評価は気にしない・・・もし、読み手が「筆者に言ってることはおかしい」という意見を出したらそれに対しては「あなたの読み方が悪い」ということを言うのでしょうか?確かにご自身の評価はしていないです。・・・が、相対的に読み手を酷評することによりご自身の評価を上げる方式「自分は悪くない。間違ってとらえる読み手が悪い」となります。

このコメントは、そういう意味のコメントですよ。


多分、感情に任せて反射的にコメントをされているのだと推測します。ただ・・・以前にも指摘させてもらったように・・・注意しないと自らのコメントによって自らの首を絞めることになりますよ・・・(涙)


コメントも、れっきとした「文章」であり「その人の文章能力・人柄」がでるのですから・・・


ごめんなさい、OYAJIさんのブログでコメント・・・ことごとく拒否されたので・・・。


とりあえずもう事務所を出ます・・・。きっと戻ってきたら山のようなコメント群になっていると思いますが・・・。多分、疲労困憊でレスできないかも・・・レスできなくても、「返す意見がなくなった」なんて思わないでくださいよ(←これは冗談ですw)

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

閑話休題・・・過去のことを思い出しました。

一連の著作権と転載機能に関する記事に関しては、法律や判例、更にはガイドラインなどを精査したいのでもう少し時間をかけたいと思います。


閑話休題・・・過去、とある人にされたことを思い出しました。



今や開店休業状態になっている Yahoo! ブログが、まだバリバリに更新されていた時の、とある人とのやりとりです。


その人はブログを開設しては閉鎖する方で、一時期僕のブログを気に入ってくれ何度も足を運んで頂いていました。


その方とのやりとりで、ふとした齟齬が発生し僕が怒ったことがありました。


するとその人は「やってられない」と過去にご自身が書かれたコメントを削除しまくり、僕への投げかけか独り言かわからないコメントを連発し、啓蒙記事をTBしまくってきました。


その啓蒙記事の内容は・・・「相手がマイナスでぶつかってきても、プラスの気持ちで応じよう」だとか「コミュニケーションをとるのには何が大事か?」というものでした・・・。


その記事そのものは・・・読むに値するものばかりです。素晴らしいことばかりが記載されています。



・・・でも・・・その人が僕にした行為は・・・たとえ投げかけてくる矢が素晴らしい矢でも、投げかけてくるタイミングや投げかけ方のおかけで・・・読み手の僕からしたら「行動と内容が矛盾しているじゃないですか?」という疑問を生じさせるだけのものでした。


「FDさん、今のあなたに必要な事が書いてあるから読みなさい」・・・そんな風に善意でしてくれたのだと思いますが・・・その矛盾した行動が前提にあったので・・・非常に空虚に感じられました。



素晴らしい記事、感銘を与える記事はやはり僕も書きたいです。



そして・・・書いた後に、しっかりと実践できる自分でもありたいです。記事を書いた時点で完了、ではないようにしたいです。



そして、せっかく書いた自分の記事を、自らの判断ミスで相手に不快になるような提示の仕方はしないようにしたいです。



素晴らしい記事を書いたのも自分であり・・・その記事を相手に投げかけたのも自分・・・そして、勿論「他人は他人」ですからそんなに気にする必要はないけれど・・・周囲は、その全てひっくるめて僕という人間を評価します。



「FDってさぁ~・・・記事自体はいいこと書くけど・・・やってることは記事の内容に程遠いよね?」



という風にならないようにしないと・・・!と思います。





ブログって・・・本当に難しいなぁ・・・。



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

う~む・・・現状・・・落としどころがないですね(涙)

先程作成した記事に関してOYAJIさんからOYAJIさんの考えをコメント頂いたのでまたまた記事を作ってみたいと思います。


「Yahoo! ブログの運営が基本的に性善説にたっている」という推測・・・わからなくもないですが・・・仮に Yahoo! がそう思っているのであれば、企業として非常に見通しが甘いという感想を持ってしまいます。


仕事柄、規約というものを作ることがあります。そういった作業をするにあたって、一番大変なのは「各種の約束事が相互にバッティングして矛盾しないこと」です。Yahoo! が設定してある転載機能の仕様は、明らかに著作権の概念に対して矛盾を生じさせているものと思います。


今回、はじめて転載機能に関して問題が勃発した、というのならまだしもこの機能に関しての是非の論議はもうずっと前から行われていると思います。そういった中で、色々なブロガーさん達がいました。中には転載記事だけで構成されたブログもありましたっけ・・・。そういった状況をつぶさに見てきている訳ですから・・・ユーザーの立場からすると、記事を掲載するにあたって「転載可・不可」の選択は非常に大事なこと・・・まさしく自己責任になってくると思います。


自分の記事が、他の場所で変な風に使われたくなかったならば・・・転載を「可」とすべきでない。転載を「可」にした時点で無断じゃなく「転載していいよ」という意思表示とみなされる。


これにつきると思います。だから「大の大人が・・・」という表現をさせてもらったのです。そして更に民法の考えが思い浮かんだのです。


著作権を根拠に使用を中止できるから・・・という点についても、「イザとなったら、著作権を根拠に中止を要請できるから転載可にしとけばいいや♪」的発想で仮にいたとしたならば・・・少し厳しい言い方をすると・・・ワキが甘いと言わざるを得ない部分があります(涙)


何故か・・・?それは前述の、今までの事例から想定される危険性の予測と・・・イザ法律解釈論になった時には泥沼になることを理解していないから・・・です。検索機能の発達によって知らない間にされた転載を検索しやすくなったからといって、その都度そのブログに行って「著作権者に無断で転載しないでください」という申し出をし続けないといけません(涙)



過去のOYAJIさんの著作権に関する過ちを振り返ってみてください。機能としての転載を使わない状態においてですら、大きな問題になったのですよ?著作権者の意図には反していないという見解をもってしても異論を出されたのですよ?そういったことをされた経験があるにも関わらず・・・ということなのです(涙)



転載可能記事にはちゃんとマイルールを設定してある・・・という部分、「もし、これが裁判になったら・・・?」という見方で見ていた中で唯一「ここが防波堤かな?」と見ていましたが・・・いかんせん「マイルール」なんですよね・・・(涙)しかも「批判目的の転載禁止」などの文言もないし・・・(涙)仮にあったとしても・・・と思います(涙)


分譲マンションの管理規約などにおいても、入居するにあたって特定の団体の構成員であることを禁ずるルール設定などをする場合もありますが、実際、普通に暮らしている人をそのルールだけをもって排除ができないのが現状です。住む自由というのもある訳ですしね・・・。


ですから、マイルールというものは・・・まさしく性善説を相手に期待してしまっているのですよ・・・。



OYAJIさんの仰るとおり、現実として改善されない転載機能・・・ですから見本をというお考えはわかります。それそのものは悪いことではないと思います。現状ある材料を知恵を絞って最大限やるには・・・ということだと思います。ただ一点、それでもあくまでマイルールという説明も、いるのかもしれませんね・・・。



「じゃあ、FDは著作権法違反にあたらないと思ってるのか?あっちサイドの人間か?!」などと決めつけないでくださいね(笑)僕は自分が今までしてきた経験から「こうじゃないのかな?」と思いを記事にしており、判断を下す立場ではありません。(そういう点では一番無責任な立場です。ごめんなさい。)



前述した「法律解釈論は泥沼になりやすい」・・・色々な法律に○○説・△△説・判例という解釈がある以上・・・この問題はいきつくとこまでいかないと解決しないと思います。


それを考えた場合・・・いたずらに相手のブログでコメントを重ねる行為・・・これはこの問題の是非以外のところでOYAJIさんへのマイナスになるとROM人間から見ると思えてしまいます。



今の状態は・・・落としどころがない・・・そしてコメントを重ねる度に・・・他の何かが失われていく・・・そんな風に見えます。




しかしながら思うのですが・・・いつもOYAJIさんは孤軍奮闘ですよね・・・何故、いつもの常連さん達は毅然となんらかの考えを表明しないのでしょうか・・・。まぁ・・・ヘンに介入すると罵り合いになってしまうからしない方が賢明なのかな・・・。


ただ・・・ブレーキをかけたりするのも仲間の大事な要素・・・とも思うのですがねぇ~・・・。それはOYAJIさんに噛み付く人の側にも言えることなのですが・・・。火に油がガンガン注がれてるような雰囲気ですから・・・(涙)

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

転載機能を使った上での「無断転載」・・・。

コメントを書いていたらすごく長くなったので、記事にしました・・・。


僕が今回のことで疑問に思っているのは、著作権法って民法の特別法だという考え方ならば・・・「特別法に規定のないものは一般法の規定で」という考え方になるかと思います。(一部には特別法ではないという意見もあるようですね)

ここでYahoo!の転載機能とからんでくると思うのですが、現状、制度的に問題あれ、悪意・善意問わずにボタンさえ押せば転載できるこの機能・・・どうとらえるか?ですね・・・。

(未成年は別として)基本的に成年が行った行為に関しての取消(この場合の取消は法律用語の取消、通常使われる取消は撤回という使われ方をされるかと思います)は民法においてはかなり限定されています。そして、転載機能というのは投稿者が己の意思で転載可とするか不可とするように設定されています。そして今回、成年であるOYAJIさんがその機能に基づいて「転載可」と判断した・・・。

ですから後から何らかの理由で「やはり転載可じゃなくします」と方向修正しても、それまでに転載された記事というものに関しては取消並びに撤回はできないのではないかと思ってしまうのです。仮に撤回するのならば、それは将来に向かって取り消すものであり「転載可」としていたものを「転載不可」と修正することで意思表示されるものではないかと考えます。

もう一点、ガイドラインにおいては確かに「著作権者の許可なく・・・」とありますが、それをあまりに大々的に掲げてしまうと・・・「では転載機能って何なのか?」という話になります。ガイドラインに掲げられている事柄は至極当たり前の事・・・大原則です。そして、それに対して現状矛盾した機能となっている転載機能・・・だからこそ、否定的な考えの方々は「危険だ!」と言っていたのです。「転載機能は一種の著作権放棄とみなされるおそれがある」訳です。著作権者の許可なく著作物を無断で利用してはいけないという保護の大前提の元に、その保護された著作権者が自身の判断で「転載可・不可」を選択し記事投稿する・・・こういう形態ですよね?「著作権を放棄した訳ではない!著作権者に許可無く、若しくは意図にそわない利用はされたくない!」のであれば・・・その危険を未然に防ぐべく・・・「転載不可」ですよ・・・元々、Yahoo! が(というより法律で)大前提としてそういった権利は保護してくれてるのですからね・・・。更にネット上の画像を取ったりする行為との比較も同列にはできません・・・なぜなら、機能として認められているものと単なるコピペは違いますよね?前者は著作権者の意思が少なからず介在し、後者は著作権者の知らぬところで行われるからです。


冒頭で述べたとおり、僕は著作権法に関してはズブの素人です。ですから著作権法上に「著作権者の著作権の放棄の撤回、更にはその撤回に遡及効(時間の巻き戻し)は存在するのか?」みたいな条項があるのかもしれません。そういった点を勉強せねばと感じています。ただ・・・色々な法律って共通した性質があるのですが、基本的に「大の大人が決めたことを後から撤回して遡及(時間を巻き戻す)した場合、既になされた決定で第三者を巻き込んでいる場合は、その第三者の権利を保護する」傾向があります。ですから著作権だけが特別!ではないような気がします・・・財産権としての所有権の、例えば不動産所有権の売買の解除と登記の先後の争いなどに近い気がします・・・ただ、こればっかりは勉強してみないとなんともいえません。

あともう一点、これは法律論でない部分の話・・・。転載機能で「転載可」としていた時点で、どんな使われ方をしても仕方ないという危険認識は持っておくべきではなかったのかなと思ったりもします。転載機能の使用については、「批判目的で使用しない」などといった制約はありません。事実、色々な記事が転載されて、それぞれのブロガーが自分達のブログでその記事について論議されています。中には眉唾な話なども転載され、「え?これって?」といった意見が出たりしていますよね?たまたま転載した時点では批判はなくとも、後から皆が批判にまわる・・・こういったこともある訳です。そういった意味では、転載機能による転載意図という動機の部分を原因として相手に問い詰めるのは展開は厳しいのではないかと思います。ガイドラインの「個人への中傷項目」を活用するにせよ、それは「無断転載された事実」に対してではなく、「その転載された記事から派生されたコメント群」に対してなされるべきとも思います。そして転載機能が有する危険性を理解したうえで「でもある機能だから使おうよ♪」と判断したのは・・・まぎれもなく被転載者自身であるOYAJIさんなのですよ・・・。


今回、転載された記事を削除してもらうには・・・前述の著作権法の条文次第ですが・・・僕は著作権を理由に要請することは非常に難しいのではないかと思っています。誤った記述を転載された場合の修正のお願いにまわるように、お願いして削除してもらうことしかないような気がします。


やっぱり・・・転載機能って問題あるな・・・とつくづく見てて思いましたよ。


(法律解釈など、特に著作権法にあたる部分に関しては誤った記述があるかもしれません。その場合はご指摘ください。お詫びのうえ、加筆修正致します。)



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

素直すぎるのかな・・・Yahoo! ブロガーさん達は・・・。



最近、Yahoo!ブログで「Yahoo!ブログをお使いの皆様へのお願い」というものが発表されました。おそらく、数々の「こんなブログがあるんですけど・・・問題ないんですか?!」といった苦情をまとめあげたものを集計して、そこから主だったものを列挙したのではないかと推察します。


この中で、一番最初に出てくる「いやがらせ・・・」という項目について・・・ちょっと考えてみました。


おそらくこの類の項目って、どこのブログサービスにもある規定かと思われます。この【FDの考え】のFC2にもありました。


FC2ブログ 利用規約


ちなみに僕の別のブログの livedoor も・・・


livedoor ブログ 利用規約



・・・というより・・・この項目って・・・至極、あって当たり前のことなのですよねぇ~・・・。



ところが!



感じる箇所・・・感じる沸点・・・何に対して怒りの琴線に触れるのかなどは十人十色・・・「批判」と「誹謗中傷」の境界線が線引きできないのが難しい・・・。



最初、この「Yahoo! ブログをお使いの皆様へのお願い」を見て思ったのが・・・「あぁ・・・これでなんでもかんでも『この項目に該当しているからあなたのブログは違反です!』っていう展開が起こりそうだな・・・。」と思ってしまったのでした。



たとえば、「○○っていうブログの記事を読んだのだけど・・・つまらなかったなぁ~。」などという記事を書き、それに対して「うんうん、僕もそう思ったよぉ~。」「でしょでしょ?私も♪」などというコメントが連なった時・・・そして、それを「○○っていうブログ」の管理者が見た時・・・「いやがらせだぁぁぁぁ~!(怒)」ってなってしまうような気が・・・。



単なる感想なのに・・・。



拡大解釈をすれば・・・ブログの記事として、感想という要素をまったく入れることができない・・・いえ、負の感想(つまらない・おもしろくない・最低だったなど・・・)が入れられなくなる・・・正の感想のみ(楽しいね!おもしろいね!など・・・)の記事しか書けなくなるということ・・・。



こんなブログは・・・正直・・・おもしろくないかと・・・というより・・・違った意味で偏っている・・・!






ここで一つ思います・・・。



ブログとして世に出している以上・・・プラスの反応ばかりではないということを意識しておかなければならない・・・ということです。これはおそらく・・・他社のブログサービスで運営されていらっしゃる方々は当たり前と思っていることかと思います。



マイナスの反応もあるということ・・・。



そして・・・ここも重要かと・・・。案外、ROM者は画面の向こうで毒を吐いている(ハズ)・・・です。



「ふむふむ、あなたの言いたいことはわかるゾ!あの意見は俺には理解できん!」
「なーに言ってんだこいつは!あふぉちゃうか!」
「また・・・訳のわからないことを言ってるゾ。だから、その部分が矛盾してるっちゅーの!」



日本各地のPCの画面に対して、「コメントとして反映されないコメント」はかなりあるかと思います。




その点、Yahoo!ブロガーさん達は思いっきりストレートに感情を込めてコメントする傾向があるように思えます。だから・・・罵り合いになりやすく・・・そして、その結果・・・「おしらせ」の一番最初にあんな項目が掲げられることになるのだと・・・。



ある意味・・・素直なのかな・・・。素直に感想が出るというか・・・。



ああいった規約の一部ととらえられる項目の・・・一番最初にああいった内容が掲げられるということ・・・少し Yahoo! ブロガーさんには厳しい意見になりますが・・・。



それだけの質なのだとみなされている



という見方もできてしまう訳です。




安易にコメントを入れる習性・・・そして、批判を交えた記事に対して免疫があまりないという体質・・・だからこそそういった批判に対して過敏に反応してしまう・・・これが Yahoo! ブロガーさん達に多く見られる傾向なのかなと思いました。



実は・・・他で運営しているブログ・・・今現在、そのブログは結構な訪問者数をカウントするようになってきました。リアルの友人に「訪問者数をさ、もうちょっと多くしたいなぁ・・・勿論、今のスタイルは変えずに・・・。」とつぶやいた時、「Yahoo! ブログにTBうてばいいじゃない?」と言われましたが・・・断りました。


運営しているブログの性質上・・・Yahoo! ブロガーさん達の辛辣なコメントが怖いからです(笑)感情のままコメントしてきそうですから・・・(笑)


Yahoo! ブロガーさん達にそう思ってしまっている自分が・・・正直、ここにいる訳です。小心者なんですよ・・・僕は(笑)



「だったら見なければいいじゃない・・・。」とでも言われそうですね・・・。何故見るのでしょうねぇ~・・・やっぱり、最初に始めたブログ・サービスだからでしょうか・・・。そして、文章を書く者としてある意味、おもしろいからでしょうか・・・。





コメントをするなという訳ではありません・・・決して仲良しな状態を批判するつもりはありません・・・ギスギスしたブログ運営、議論するだけのブログ運営だけがブログの醍醐味ではないと思います。



・・・が、通常の生活にプラスしてブログという意見発信をしているツールを運営する以上・・・前述のマイナス反応というものを覚悟しておかなくてはならない・・・そして、そういったマイナス反応が発生した時にも対処できるよう準備しておかないといけないのかなと思いました。




今更ながらにして・・・「Yahoo! だけでなく、他社のブログも経験した方がいい」という言葉が身に沁みます・・・。(決して Yahoo! ブログをけなしている訳ではありません。Yahoo! ブログにも凄い文章書きがいるのを知ってますから。)




(この記事自体・・・Yahoo! ブログで書いたらYahoo! ブロガーへの誹謗中傷になるのかなぁ・・・)

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。