【FDの考え】

日常の、些細な事柄から心の琴線にひっかかったコトについて書き綴ってみようと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラスのストローク・・・定着が大事です。

ストロークは、打つ側・・・そして、レシーブは受ける側・・・。



まずは書き手・・・


色々なブログを見て回ると「プラスのストロークは大事」ということを書かれているブロガーさんがいらっしゃいます。


「プラスのストローク」ってなんだろう?



調べてみました・・・。


Google にて「プラスのストローク」で検索・・・



ふむふむ・・・「相手に対して、プラス要素の気持ちで接すること」・・・端的に言えば、そういった捉え方でよいのかな・・・?


な~んだ・・・難しく考える必要はないじゃないか・・・相手のことを慮って、礼節をもって当たる・・・昔から言われていることですよね・・・。



おそらく、ブログにおいて、そういったコトを強調されるのは・・・「ブログが活字を媒体としていること」に起因するからだと思われます。


活字というものは、本当に難しいものです。文字だけで相手に対して自分の考え・言いたいことを伝えないといけません。


しかも同じような単語でも、マイナスにとられやすい単語・そうでない単語・・・使い分けが難しい・・・。


だからこそ顔文字や絵文字が流行るのでしょうか・・・顔文字や絵文字は書き手の感情部分を補完しやすいですからねぇ。


「多分、この人はそれほど強く(きつく)思っていないだろうなぁ~」と思いつつも、冷淡な感じの文章・コメントになってしまう人・・・勿体無いですよね?


ではどうしたらよいのでしょう・・・?


これは一朝一夕ではできることではないのかもしれないです。言葉の引き出しを多く持ち、そして色々な方々(現実・ネット関係なく)の考えに触れ視野を拡げる・・・そういった要素を意識していないといけないでしょうねぇ~。


ただ・・・一点だけ気になること・・・それは・・・そういったコトを気にしすぎて文章が萎縮したものになってしまうのではないかということ・・・。僕は僕自身の書く文章を、そんな風に捉えてしまっています。ディベード向きじゃないんですよね(笑)


「FDの記事ってさ、すごく気を遣った書き方してるよねぇ~」


と、以前にリアルの友人に言われたことがあります(笑)特にこのブログはそうです・・・ほぼ毎日更新している僕の別のブログは・・・一番気楽です(爆)





そして読み手・・・

「言葉を発すること」に対して「ストローク」という表現がなされていました。僕はそれにプラスして、「文章をしっかりと読み取ること」という「レシーブ」についても考えてみたいなと思います。


「この記事は俺のコトを言っているのかぁ~!!(怒)」
「はぁ?!こいつ、何考えてるんだよ!(怒)」


時折、書き手はそんな風に思っていないのに、読み手が誤解をされ変な展開に拡がってしまうこと・・・ありませんか?


更には、「あなたの○○の部分、間違っていますよ。」や「その点に関しては、僕はこう思う」といった議論に発展する要素を秘めた記事などでは、「なにぃぃぃ?俺の意見に反発する気かぁ~??!!」というモードで相手の文章を読んでしまうと・・・とりようによっては、相手の書く文字全てがマイナスになってしまいます。


相手がはなたれたボールがプラスのテイストを持っていたとしても、受け手側でマイナスにとらえたら・・ボールそのものはプラスからマイナスに転じるのでは・・・?


文章を読む、という能力は、個人的な意見ですが書くと同様、開発可能な技術だと思います。そして、読む力が増せば・・・自然と書く力も増すような気がします。






意識して、更にしっかりと定着させること・・・

「プラスのストロークという言葉を使うのはあまり好きじゃない」と言ったことについて・・・


実は僕自身、この言葉を使うのはあまり好きではありません。それは・・・勿論、全てのこの言葉を使われる方がそうとは言いませんが・・・プラスのストロークを枝葉的に解釈している方が多いような気がするからです。


ブログに限定した話になりますが、ブログは記事があって、そしてそこからコメントが派生します。

コメントは特にコミュニケーションの色が強くでます。

「枝葉的」(こんな日本語、多分ないでしょうね)と言ったのは、このコメント部分にのみプラスのストロークを意識して、肝心の記事部分でそのストロークが発揮されていない場合があるからです。


更にもう一点・・・「自分はプラスのストロークをうっている」と思うこと・意識することは大事です。が、その言葉をもって「実際に表現する記事・コメントがプラスのストロークとなっているか?」はまた別問題です。


「私はプラスのストロークでもってあなたに接しています。しかし、あなたは私の言うことを理解していません。それは換言するとあなたの読解能力が、私のレベルに達していないということになります。そんなことでは駄目です!」


すみません・・・よい例文が浮かびません(涙)まぁ、こんな横柄な上から物言いの方はいらっしゃらないと思います(笑)が、「プラス・ストロークをうっているから大丈夫!」的な使い方をされている人が多いように思えます・・・。


何でも物事はそうですが、常に意識すること・・・これは非常に大事なことだと思います。ですから「プラスのストロークを意識して使う」のは良いことです。・・・が、実際に表層に表れる文章を常に自分で気をつけないと本当の意味でのプラスのストロークにはならないと思います。


『プラスのストロークで打つからねぇ~』ではなく、気付いたら『交わした言葉がプラスのストロークになってた』となるといいですよね。

ですから僕はプラスのストロークという言葉を使わず、でも自分の中では常に意識して礼節ある文章を作っていたいなと思うわけです。そして、他の方々の文章を読む際においても、読み手として礼節ある読み方ができたらいいなと思うわけです。



最近、積極的に外国人と接触する機会が増え、英語を勉強し、母国語である日本語のおもしろさを実感するようになってきました。だからこそ、自分の言葉で綴るブログを楽しいと思ってしまうのでしょうねぇ~。
スポンサーサイト

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記

言葉・表現が有する重要性・・・そして怖さ・・・。

言及記事
楽しむYahoo!ブログの作り方♪

違反直リンをやめようキャンペーン改訂版(考察用)
今回の改変に関して


とわ日記
「言葉」を読むということ、「言葉」を発するということ。

OYAJIさん、僕はブロガーはその職業や各自が背負っている背景というものでもって差はつかず、対等・・・だからこそ記事というものでコミュニケーションを図ることができる・・・そしてそれが、ブログの醍醐味の一つと認識しています。


であるが故に、あえて今回は少しばかり苦言を呈させて頂きます。


僕はOYAJIさんと他の方々の軋轢・・・過去にどういったいきさつがあったのか・・・その詳細はわかりません。「多分、この出来事のことかな?」という程度のものです。

ですから、僕は逆にそういったことに拘らず、あくまで今回の騒動になった流れのみをもって僕が感じたことを述べさせて頂きますね。


まず、直リンクに関する議論ですが、この議論に関してはこの記事においては話題にしないことにします。


今回、僕が話題として述べたいのは「書き手」としての慎重さの問題です。


「FD・・・お前もか!」


と、怒りの感情を前提に記事を読み、文章を怒りの感情で受け止められることのないようになるべく冷静に書こうと思います。あまり僕はプラスのストロークという言葉を使いたくありませんが(これは後日記事にします)、今回はあえて使います。僕はプラスのストロークでうちますから、OYAJIさんは「プラスのレシーブ」で受け止めてください(そんな言葉、ないとは思いますが・・・)


まず、「何故、改変がらみの記事に対して当事者でない方々が過敏に反応したか?」です。

これは純粋に、「原作者の同意なしに権限を有しない立場の人が添削のような形で公表した」からだと思います。

著作権などの難しいレベルの話ではありません。誰だって、例え駄文・乱文といえども、それぞれのレベルでもって言葉を綴ります。本来ならば、その文章を原作者の許可なく「こういった表現の方がいいよ」とすること自体、気分の良いものではないかと思います。そして自分の言葉で綴った記事を大事にする方であればあるほど、今回のOYAJIさんのアイデアに対して過敏に反応されるのではないかな?と思います。

「善意のアドバイス」と思って行ったようですが、それであるならばまずは「この記事を思うところがあり、別の形で昇華させてもらってもよいですか?」と事前に通知・許可を得るべきだと思いますし、逆に引用などを駆使し自らの言葉でもって作成する方法の方が適切であったと思います。


「色々な文面を見て改変をしてもよいのでは?と判断した」というのはあくまで読み手の解釈です。勿論、記事を読んで色々な想いを馳せるのは自由です。ですが今回の件はそういった「読み手の解釈の自由」の範疇ではないと思います。なぜなら「読み手の解釈の自由という、いわば読み手の内部の問題」ではなく「書き手の解釈、書き手の内部の問題に対して読み手という外部からアクションを加える問題」だからです。そこにはやはり「書き手の意思を尊重する作業・段取り」が必須となると思います。



「転載されていく様子を見て、そんな悠長なコトを言ってられない」のであれば、逆に「転載をしてこういった考えを普及させずに意見交換しましょうよ」「転載許可という部分だけは、やめた方がよろしいのでは?危険ですよね?」という提案でもよかったと思いますし・・・。(これは既に提案されていたかもしれませんが・・・)


原作の記事、そしてその中の意見に対しての反論に関しての表現方法の選択肢は他にもいくらでもあったかと思います。そういった意味でOYAJIさんは一番まずい方法を採用してしまったのではないかと感じました。




次に何故、直リンクの議論をしようとしているのに話がずれるの?何故、他の人間がずらそうとするの?に関してです。


ここはあえて厳しい言い方をさせて頂くとするならば・・・「そのきっかけを作ってしまったのは、ほかならぬOYAJIさん」だからです。

直リンクの問題・・・OYAJIさんはシリーズ化した記事でもって閲覧者に対して訴えかけてましたよね?その時には、こういった事態・・・発生してましたか?転載した先のブロガーが、訳のわからない文句をOYAJIさんにぶつけていた時もあったようですが、基本的に論点がずれずに展開されていってたと思います。


そして・・・あの記事です・・・そこからですよね?話がズレてきたのは・・・。


あの記事・・・もっと違う形で世に出ていたなら・・・?いかがでしょう?こんな展開になっていたでしょうか・・・?


「直リンクに関しては僕もよくわかっていないから、これを機会に勉強したい」と思い、転載&トラックバックの迷宮をさまよいつつも読み続けていましたが、あの記事を読んで「???」「勿体無い!」となってしまったのが正直なところの感想でした。




最後に反論・批判について・・・です。

誰しも、自分が行う行為に対してチャチャが入ること自体、気分の良いものではありません。自分が行う行為がよかれと思ってした行為であればあるほど・・・。

web という池(世界)に、記事という石を投げた途端、その石(記事)の材質(内容)によってどんな波紋が起こるか・・・それは過去にもOYAJIさんは身をもって体験されているハズです。

選択肢のメリット・デメリットを考慮し、記事の方向を定める。そして、その記事の内容に対しても更に公開するメリット・デメリットを考慮する。そして、その記事を構成する・・・積み上げられる言葉・表現に対しても注意を払う・・・そういうことによって記事は構築されていくと思います。

「もとより批判・非難は覚悟の上」という断固たる意思で行うこと・・・その行為には敬意を表します。が、だからといって「受けなくてもいい批判・非難を自ら受けに行く、若しくは受けやすい行動をする」こととイコールにはならないと思います。


OYAJIさんのコメントの内容、そしてあの記事以後の日常記事の中にちりばめられた一言一言・・・言葉を慎重に選ぶ「臆病な僕」から見ると、「自ら相手にカチン!(怒)と思わせる匂い」がプンブンです・・・(涙)


(確かに、一部のOYAJIさんのブログにコメントされる方にも「カチン!(怒)」を誘発させる文言が見受けられますので、そういったあたりは「おあいこ」なのかもしれません・・・。)


喜怒哀楽という感情自体、人間ですから当然持っています。僕自身もおそらく人よりもその揺れ幅は大きいと自覚しています。ただ、記事にせよコメントにせよ、その時々の感情をそのまま書き殴る・・・それは時に自らに災いとなって戻ってきます・・・まるでブーメランのように・・・。



僕自身も、今回の件を通じて、OYAJIさんが「素敵な記事」と称して紹介していらっしゃる「とわさん」の『「言葉」を読むということ、「言葉」を発するということ。』という記事にもあるように、「言葉・表現力の持つ重要性」に加え、「言葉・表現力の怖さ」というものに関しても今一度考えなくてはいけないなと感じました。


前回、転載機能に関してやりとりをさせて頂いた時と同様、論破だとかそういった趣旨でこの記事を書いたつもりはありません。ただ若干、前回よりも踏み込んで、ちょっとだけ第三者として見させてもらったなかでOYAJIさんの中にエッセンスの一つとして取り入れてもらえたらと思い・・・苦言という言葉を使用し記事にさせて頂きました。


トラックバック先
今回の改変に関して

「言葉」を読むということ、「言葉」を発するということ。

テーマ:こころのつぶやき - ジャンル:日記

再度、ボールを投げ返させてください・・・転載機能の件です。

先日、OYAJIさんのもう一度、転載について(1)という記事に対してYahoo!Blog転載機能・・・こんな考え方・・・かな。という記事を作成し、トラックバックをさせてもらいました。

そして、僕のその記事に関してOYAJIさんからもう一度、転載について(2)
という記事をトラックバックしてもらいました。



話題の方向が若干広がった感がありますので、ちょっと整理をしたいなと思います。


転載機能そのものに関する記述と、僕の記事の意図や目的の部分の記述の二つの話題が出てきていますのでOYAJIさんの記事の「行動するなら効果的な行動を」という項目を境に上下に分けて話をさせてもらいますね。


共通認識としては、やはりというか当然というか・・・著作権にからむ危険性、そして転載機能というものは使い方を誤るとトラブルの原因となるよ、というのは一致しているかと思います。


そして、ここからが意見の色合いが分かれる点ですよね・・・?いわゆる「転載機能をどう処理するか?」という点ですよね?OYAJIさんの記事の中の「行動するなら効果的な行動を」より上の部分が、それに対するご意見と解釈しました。


もう一点、これは前回の記事も併せて包括的な前提として捉えて頂きたい点・・・それは「トラックバックすることによって、OYAJIさんの意見を論破するだとか、僕の意見の正当性を証明するものでは決してないこと」です。

この前提をもって読んで頂かないと、記事から受ける印象が全く違ったものとなってしまいます。是非よろしくお願い致します。では本文に・・・。


第一、「もう一度、転載について(2)」及び「仕掛けとは何か?」部分から・・・

僕は「あるから使う」ではなく「あるけど、使わない」スタンスでいます。そしてOYAJIさんは「ルールを設定した上でマナーを遵守し、使う」というスタンスですよね?

僕は、どちらかというと臆病な人間なのかもしれないです。(自分の記事を人が転載したがる価値があるかないかは別としてですよ^^;)自分の管理下から離れた記事がどんな動き方をするか予測できない状態に陥ってしまったら、原作者・被転載者としてとても責任を負えないと考えてしまいます。


「いやいやFDさん、それは考えすぎだよ♪著作権に抵触しない、違法性のない記事ならさ、万が一マナー違反の転載のされ方をしたって問題ないでしょう?転載する人を信じようよ♪」


ぶっちゃけ、そうなのかもしれません。が、僕は「(転載機能選択が現在デフォルト可の状態において、可のまま何の意識もせず放置するという)そういったクセ」に慣れてしまうのが怖いのです。


ブログというものは、記事として投稿ボタンを押した時点で全世界の人間が見る機会をもつものとなります。

全世界の人間が自分の記事を読む機会がある・・・ちょっと大げさかもしれませんが、それだけで「ブログを運営していない状態」と比較して責任が一つ、自分の背中に加わります。

Yahoo! ブログ以外の他社ブログを運営し、アクセス解析を設置し自分のブログにアメリカ・ヨーロッパ・東南アジアから見に来てくれていることがわかってから、その責任に関する自覚がより一層増しました。

「自分で書いた記事に対する責任って重いよな・・・それがたとえ他人から見たら駄文といえども。」

こんな感覚です。そしてそういった気持ちが増えたが故に自分の記事をボタン一つで転載者のところに持っていける転載機能には「自分の責任の範囲の拡散」を真っ先に考えてしまう訳です。

OYAJIさんが提唱されていらっしゃるローカルルールは確かにOYAJIさん自身が転載機能に関しての危険性を認識され、少しでもその問題を減らそうという意識のもと行なっているということは理解できます。

ただ臆病な僕はOYAJIさんも記事内で発言されていた『転載機能が無かったとしても、「転載行為」が無くなるとは思えません。』という点に目がいってしまう訳です。

ローカルルールを設定し、それを理解している良識ある転載者に対しては浸透したとして、そうでない転載者、しかも悪意(法律用語でない、通常用語としての意味合いです)の者が転載、更には二次転載したならば・・・とついつい考えてしまう訳です。


実は、「やっぱり転載機能って、今の仕様のままじゃ駄目だよな・・・」と思った出来事が一つありました。それはOYAJIさんが転載なさった★都道府県の名前を当ててください!という記事でのコメント欄のやりとりです。

実は・・・僕も・・・あの記事を読んでいる途中、「え?これ、二次転載を推奨しちゃってない?」と思ってしまいました。

記事は上から下に向かって読んでいくものです。途中にそんな印象をもったまま最後の文末に・・・そして、OYAJIさんの一番最初の「この記事は転載記事です」という注意書きのコメントを見て、「あぁ、あの文章は原作者・被転載者自身によるものか・・・『転載元からの転載は自由です』という意味ね。二次転載を推奨するものではない訳ね。」と思った訳です。


転載機能によって転載された記事は、中身が改変できない関係上、原作者の言葉のまま他者のブログに転載されてしまい、原作を見ていない訪問者はその転載記事をOYAJIさんの記事として捉えてしまう危険性があるのではないか?と思った訳です。

「FDさん、それはあなたがバカだからでしょう?そんなのじっくり読めばわかることでしょう?」

なんて反論はしないでくださいね(笑)僕の文章読解力が高い・低いということではなく・・・いえ、僕の能力が低いと断定してもいいです(笑)

要は「転載によって読者が誤解しやすいものになってしまうのではないか?原作者・被転載者による言葉なのか、転載者による言葉なのか誤解しやすいのではないか?」と感じたのです。「同じ空を見ていた企画」の転載記事を見た時も同じ印象を受けました。


そうなると、原作者は「この記事は転載されてもいい」と意識した途端、「転載されることを想定し、更に訪問者が原作記事よりも先に転載された記事を読まれた場合も考え文章を構成」する必要も生じるのではないかと・・・。

例えば前述のクイズ記事・・・

問題の転載は可としますので、みなさんのブログでテストをしていただいても差し支えません。
転載時の「転載します!」などのコメントは不要です。
転載時には、転載先の確認のためにトラックバックも併せて入れていただきますようにお願いいたします。
※記事部分最下段部分の引用


とある部分を・・・

記事冒頭には「○○というブログの○○がこの記事を書きました」と入れる。
記事の文末には、「当該記事は転載可とします。但し転載は記事作成元である○○の元記事を転載してください。転載された記事から御覧になられた方は、誤ってその転載記事の転載(二次転載)なきよう、お願い致します。」と入れる。


うがー!良い表現が浮かばない・・・!(涙)というより、転載を想定して記事を書くと余計なものがつきすぎちゃう!(涙)

・・・と思ってしまいました。



「記事そのものが全く同じまま移転してしまう特性」が故に「場合によっては、転載者の言葉としてとらえられてしまうのではないか?」ということを言いたいのです。


実際、現在のYahoo!ブログの仕様においては、転載した記事と元々存在している記事の差というのは、記事右下の「転載元」という表記しかないですよね?書庫のリスト欄では【転載】と出ますかね?(間違ってたらごめんなさい)だからこそOYAJIさんはコメント部分にて「この記事は転載記事です・・・」という注意を喚起するコメントを一番に入れておられると思います。


SNSのように閲覧する人間がある程度管理者によって把握できる仕様と違い、ブログは本当に無秩序に閲覧可能です。Yahoo!ブロガーという肩書きがあるだけで転載できる権限を持ってしまいます。転載機能を使わずともコピペして転載もできる状態ですから転載機能があろうがなかろうが相違はないのかもしれません。ただ自分は自らに負担をかけてしまう要素を備えた機能に固執する必要はないのかな・・・と考えてしまう訳です。


結果としてOYAJIさんが提唱されている転載機能についての考え並びに現在の仕様に対する対処アイデアに対して反対している論述となってしまいます。でも・・・記事冒頭の前提を忘れないでくださいね。このやりとりを見て各ブロガーさんが、「自分だったらどうするかな?」と考えてくれたらいい訳ですので・・・。


「FDさん、あなたは別に How to 系のブログ運営をしてる訳じゃないんだから、そこまで深く考えなくても・・・」という声がROMをしている皆さんから聞こえてきそうです・・・(笑)。




第二、「行動するなら効果的な行動を」以降の部分から・・・

OYAJIさんの転載機能に関する純粋な考え、そしてそれに対するOYAJIさんの取り組みとして行っている記述がなされていた記事前段に対し、後半のこちらの部分からは「僕の記事全体、及び他の転載機能に対し否定的意見を述べられている方々に対するOYAJIさんの雑感的要素」の記述となっているかと思います。


ここから述べる僕の記述は冒頭に示したとおり

「トラックバックすることによって、OYAJIさんの意見を論破するだとか、僕の意見の正当性を証明するものでは決してないこと」

を前提にして読んで頂きたいと思います。

「OYAJIさんの意見を論破するために記事にして挑んだ(トラックバックした)」

というスタンスで記述を読むと、受ける印象が全く変わってしまう可能性もありますので・・・。


僕の「目的」について・・・
僕が「転載機能ってよくないよね」という記事を書いたのは、OYAJIさんが述べられた「危険な転載機能の乱用を少なくする為」という気持ちをもって記事を書いたのは事実です。


「何故OYAJIさんの記事にトラックバックしたのか?」という点について・・・。

OYAJIさんが自分の作成したブログ記事、そしてそのブログ内部にて自身で書かれた文章に対してどのような気持ちで書かれたかは内面の問題となります。

僕達読者はあくまで具現化されたもの=記事・文章から「あぁ、この人はこんな考えをもっているのかな?」と思いを膨らませます。


「楽しむYahoo!ブログの作り方♪」というOYAJIさんのブログ、いつ頃から僕は閲覧しだしたかもう忘れましたが、ゲストブックにある・・・

Yahoo!ブログ初心者の為のお役立ち解説記事が満載!
ブログペットやアクセサリーの設置方法
音楽ソースの付け方など、楽しむ為のノウハウ盛り沢山♪
(OYAJIさんのブログのゲストブックの記述を引用)


や、記事の文章、そしてコメントに対するOYAJIさんの対応ぶりを見させて頂いて「あぁ、初心者を中心とした方々に対してブログというものを運営するにあたり方向性を指し示そうとしているな」という点を感じています。


「How to 系ブログ」


というジャンルの仕方で区分けしていいのかわかりませんが、「PC知識・ネット知識の乏しい方々に対して様々な方法・手法を紹介し、導く作業を中心に運営されていますよね?

事実、過去において、僕もOYAJIさんのブログではありませんが(ごめんなさい)ブログペット設置に関して同様の運営をされていらっしゃる方の記事をROMしながら自身のブログにブログペットを設置しました。その時は本当に助かりました。

教えるという作業は、本当に大変ですからね・・・。

そういった苦労を読者が理解しているからこそ、「OYAJIさんOYAJIさん♪」と訪問された方々が親しみをこめて何度も足を運ぶのだと思います。

そして色んなところで「参考ブログ;楽しむYahoo!ブログの作り方♪」という紹介リンクまたは言及記事を見かけました。

「ここのブログ(OYAJIさんのブログです)のおかげで○○ができました♪」

といった紹介・・・そしてトップページに「お気に入りブログ」として掲げられている様子・・・そういった光景を多く見ています。


ブログに限らず色んなジャンルで「~~流」などという「教えの伝承が川のようにつながった形」ができあがっています。

僕はOYAJIさんは「OYAJIさん流」というYahoo!ブログ内において、一つの伝承の川を既に形成されていらっしゃる立場にあると思っています。

ブログに限らず、どんなジャンルにおいても How to 系、いや、換言して「人に教え導く立場」というものは教える醍醐味・喜びを味わえることと同様、大きな責任・影響力をもつものと思います。


「ブログ初心者なので、勉強させてもらいます」
「おかげで自分のブログが○○になりました!ありがとうございました!」
という感謝の言葉に喜びを感じ、明日へのブログ運営の活力となるかと思えば・・・


「だって、○○さんがこうしていいんだよ、って言ったんだもん♪」
「○○っていうサイトに書いてあったからさ♪」
などという言葉がいきなり襲いかかってくることもあるでしょう・・・



確かに訪問者数や一番最初に訪れるブログは?という問いについてはトップページに掲げられているランキングに入っているブログかもしれません。

が、しかし・・・「ブログとは?」「ブログのハード面の方向性」など、ブロガーが模索するべき状況に陥った時に訪問するブログは・・・?そして、立ち止まって色々なことを考える可能性が高いブログは・・・?


僕は、そういった時に頼るブログは、OYAJIさんのようなブロガーが運営している How to 系ブログであると思っています。


「ブログペットでどうやったらつけられるのかな?」
「アクセスカウンターつけてみたいけど・・・」
「ブログに音楽を流したいな♪」
「Yahoo! のヘルプじゃ Wiki文法がわからないや(涙)」


きっかけはどうあれ、自分のブログに対し、記事の充実以外の何らかのアクションをかけようとする場合に一番に訪問するブログは How to 系ブログであると思います。


その中で、OYAJIさんのブログは、そういった類のオーソリティーのようなブログではないかと僕は思っています。

ランキングにあがっているブログは確かに訪問者数は多いでしょう、が反面「素通りユーザー」が多いのも否定できないと思います。

逆にOYAJIさんのブログは、ユーザーが定期的に訪問しOYAJIさんの記事を何度も読み返し、OYAJIさんが指し示す方向に対し影響を受けているかと思います。


そんな影響力のあるOYAJIさんのブログだからこそ、こういった意見の交換をする価値があると思った訳です。

ブログペットなどのブログパーツの紹介やWiki文法の紹介のみならず、ブロガーとして初心者の方々を導いていくんだというような意気込みを記事やコメントから感じます。そして訪問者がOYAJIさんに対して投げかけるコメントには、OYAJIさんを師と仰ぐような発言をされる方も多いように感じられます。

現在、OYAJIさんが自身のブログに対してどんな考えをもって活動されていらっしゃるかわかりませんが、前述のような紹介記事を掲げ、更には記事にて表明・活動している以上、自身が持っていらっしゃる影響力を自身で認識しておく必要はあるかと思います。訪問者数○○人などの表層に表れるものばかりが影響力ではありません。


「なんでもっと実効性のある行動をしないの?」という点について・・・
「直接違反しているブログに対して行えばいいのではないか、その方が即効性がある」という記述をされていました。色々なブログを巡回して、そういった対象の方々に注意喚起せよという意味だと思うのですが・・・。


これは奇しくもOYAJIさんの記事から読み取れる、「現在の転載機能の仕様に対してウチはウチなりの対処法をしている。なのになんでこのFDは『転載機能否定!』などとトラックバックをうってくるの?」と持っていらっしゃる疑問が象徴しています。


他の転載機能否定意見を持っていらっしゃる方々の気持ちはわかりません。ですからこれはあくまで僕個人の考えとして記述します。

How to 系ブログとして初心者の方々に対して色々な啓蒙をしていこうというスタンスを持って活動をされていらっしゃるOYAJIさんですら、「なんでウチに?」的な感覚をもたれているのに・・・どうでしょう?いきなりバカスカ「あなたのブログ、違反ですよ!」というトラックバックをガンガンうちこまれたら・・・?

即効性を求める方法としてはそういった方法がよいのかもしれません。そういった行動により「あぁ、自分のブログ運営は間違っていたのか」と改心される方もいるかもしれません。が、記事内容と関連の薄い、しかも警告の内容が含まれたトラックバック・コメントがなされたら・・・しかもそういった訂正をさせる権限を持たないような一介のブロガーから・・・。


チマチマと、即効性のない行動かも知れませんが、ブログの真骨頂である「記事を書くこと」によって人に普及し、場合によってはトラックバックでそれぞれが繋がり、少しずつ少しずつ浸透していく・・・そういったコトでは駄目ですか?



「臭い物にフタ的思考では解決しないのでは?」について・・・

この部分の「当ブログが、全ての記事を転載不可設定にする事が目的でしょうか?」という感想を持たれている時点で僕は「OYAJIさんの意見を変えさせてやる!」と誤解されていると思ってしまいました。


クドクドと何度も言います(笑)そういうつもりでトラックバックをしている訳ではないです(笑)

このやりとりを見て、「自分だったらどうする?」と考える人が増えればいいと思っています。僕は正義の使者でもありませんし、「あなた、こうしなさい!」なんて意見を押し付けるつもりはないです。記事の読み手が各自判断していけばよいと思っています。

当該部分の中身に関しては、今まで述べてきた部分と重複しますので割愛をしたいと思います。



ちょっと蛇足として・・・これは議論でもなんでもない・・・言葉遊びです・・・。
「臭い物にフタ・・・」・・・「元を断たずにその場しのぎ」ということでしょうか・・・?転載機能にはメリットがあり、そのメリットを生かすべくアイデアを絞ればいいのに、その良さを見殺しにする形で全否定する考え方はいかがなものか、という意味で使われたのだと思います。


「臭い物」を「違法転載行為の撲滅」ととらえ、「フタ」を「転載機能否定という考え方」ととらえるのかな・・・でも・・・フタをしなかったら・・・?そして、閉じようとするフタが、規格外のものだったら・・・?


またまたこの記事の前提を忘れないでくださいよ・・・。「論破」でも「揚げ足取り」でもないのですから!(笑)

『転載機能が無かったとしても、「転載行為」が無くなるとは思えません。(だから使ってもいいのでは・・・?)』
『転載機能にローカルルールを設定しても、守らない人は守らない。(だから転載機能そのものを使うのやめたら・・・?)』

この二つの「フタ」・・・二つとも「臭い物そのものを除去」すること、できませんよね・・・(涙)じゃあ、「フタ」も「フタ」なら、より臭いを封じ込める具合の強いフタの方がよいのではと思ってしまう訳です。


僕は・・・そうですねぇ~・・・転載機能の否定のためのことわざとしては・・・「泣いて馬謖(ばしょく) を切る」かな・・・。


確かに使い方によっては可能性として広がりがありそうな転載機能・・・が、現在の仕様においてはメリットもあるのでしょうが、デメリットも・・・。う~む・・・Yahoo!ブログ界において統制を乱すような機能は・・・可能性がある機能を切るのは惜しいが・・・えい!(斬り!)・・・あぁ・・・こういう時はブログで音が出せるといいのですが・・・。

将来は有望な若手・・・才能あふれる若手ですが・・・切らなくてはならないツラさ・・・こんな使い方はいかがでしょう?

「泣いて馬謖(ばしょく) を切る的思考では?」という言葉に直して掲載されたら、より「プラスのストローク具合」が上がるのでは?と・・・。だって「臭い物にフタ」って、ネガティブイメージが先行してますから・・・それを見出しとして出されたら、短気な人はそれだけで「攻撃モード」になってしまいます(涙)・・・それではプラスどころかマイナスのストロークですよね・・・。

すみません・・・かなりの蛇足です。申し訳ありませんでした(涙)



第三、最近の直リンクの件で・・・ここからはもう世間話として読んでください・・・。

最近、OYAJIさんの記事から直リンクの話題で意見が交わされていることを知りました。色んな方の記事を読み、その話題に触れ、自ら考える・・・これこそブログの真骨頂です。

直リンクそのものの是非については、僕自身まったく知識がありませんので、どちらが良い悪いなどとても意見できません。


問題は、並びたつ二つの意見の普及が「転載機能」で広がっている点です。


実は、OYAJIさんの記事からトラックバックを辿って色々な記事をまわりました・・・。


その途中・・・「あれ?これ・・・さっきも見たな・・・」と・・・案の定、記事の最下部まで行ってはじめて「転載記事」だとわかりました。


そして、各転載記事に対してコメントがなされ、各転載記事ごとに論争が・・・。


しまいにはOYAJIさんがよかれと思ってしたことに対し、転載者がOYAJIさんにクレームともとれるコメントを・・・。


これ・・・OYAJIさんの提唱するローカルルールを完璧にこなしてたとしても、「各転載記事にて発生するコメントのやりとり」は制御できないような気が・・・。


そしてこの問題で僕が思ったのが「転載者は、『この記事、賛同できる』という気持ちだけで転載してしまって、論争になった時は自分の言葉で記事を綴っていないから大変だな」ということです。

「賛同できると思ったので転載したまでです」
「内容の詳細の知識は、自分にはありません」

なんて・・・まずいなぁと見てて思ってしまいました・・・。


そして、双方ともに「転載可、二次転載もいいよ」的書き方をしちゃってるので、転載・・・そして転載しました通知の意味合いのトラックバックのオンパレード・・・。


これは訪問者さん達が混乱してしまわないでしょうか・・・。


直リンクという、中身が濃いものが故に余計に混乱をしている気がします・・・。そして中身が濃いものが故に・・・記事の訂正などをする必要性にせまられた場合・・・。


「それは直リンクなんていうディープな話題だからだよ、FDくん。例えば企画モノの連絡事項などには転載機能なんてピッタリの機能なんだよ。」


というのはナシですよ(笑)何故なら、ブログを運営する人のネット知識・マナーレベル・物事に対する許容度・・・様々な要素で千差万別です。「記事の内容の程度」と「転載する側のレベル・問題に対する認知度の程度」の両方が備わらないと・・・。「記事の中身によって、そして転載者の程度によって機能そのものの是非の評価が変わりやすい」というのも・・・ですよね?


「直リンクの問題かぁ・・・考えたこと無かったなぁ・・・ちょうど良い機会だから、勉強させてもらおう」と思って記事に臨んだ僕でしたが、転載&トラックバックの迷宮に迷ってしまい「直リンクについて」考える間もなく・・・沈没してしまいました(涙)。




すみません・・・長々と駄文・乱文を書いてしまいました。でも、おかげで色々とよいやりとりができました。ありがとうございます。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

Yahoo!Blog転載機能・・・こんな考え方・・・かな。

楽しむYahoo!ブログの作り方♪もう一度、転載について(1)という記事に触発されて記事を書きたいと思います。



話題①
Yahoo!ブログの仕様としての「転載機能の是非」及び著作権に対する意識啓蒙

話題②
話題①に対する言及・行動


これを一つにくくった話題として捉えるのではなく、ちょっと分けてで考えてみようと思います。いわゆる脱線部分「コメントに関する点」は今回の記事では述べることはやめておきます。


話題①について
共通認識としては「著作権法に抵触するブログ運営の仕方はいけませんよ」は一致していると思います。ですからその認識についてはもう触れません。


その認識を踏まえてYahoo!ブログを見てみます・・・Yahoo!ブログには転載機能という他社ブログでは見かけない機能が存在・・・そしてそれが容易な方法にて他の方の記事の転載を認めるものであり、さらにデフォルトで「可」の状態になっている、ということですよね?

そして、Yahoo!ブログ・ユーザーの多くがその転載機能に関して、更にはその背後に潜む様々な可能性に関してあまり考えを及ぼさずにデフォルト「可」のままにしている。(色々な方々のご尽力により、設定を「不可」にしようとするユーザーさんもいらっしゃると思いますが。)転載機能を認識してて「デフォルト『可』」と転載機能を認識していないで「デフォルト『可』」では大きく意味合いが異なる訳です。

著作権法という大きな問題もさることながら、人の記事若しくは記事に含まれる画像その他一切を持っていかれる訳です。「著作権法違反だ!抵触している!」という問題に限らず「わたしが撮った写真が・・・知らないうちに・・・」「自分が作ったネタが・・・パクられてる・・・」という問題も全て包括して発生する訳です。

問題は、「問題の程度・質に関わらず、その問題が発生した後に転載機能の良くない点を理解する危険性をはらんでいる」ということです。


「え?そのまま投稿すると、勝手に転載されちゃうの?知らなかった・・・。」
「転載機能って、そういう使い方なんだ・・・。」
「そんな使われ方、されちゃうんだ・・・。」


その可能性を想定できてしまうからこそ、現時点における転載機能及びデフォルト「可」設定では駄目だよという考えになるのかなと思います。


確かに転載機能のメリットという点も否定はできないと思います。


ある特定の呼びかけや連絡事項など原作者(被転載者としましょうか)の意図を壊さないようにもっと多くの方々に広める・・・そんな点においては転載機能は被転載者さんの記事そのままを自身の記事にすることができる分正確な情報を伝達できるでしょうね。


転載は転載元から行う、転載をした場合はトラックバックなりコメントなりで通知するなどの取り決めをし転載するというローカルルールを設定し、更には転載者の良心に委ねる転載をこころがける。そういったことでトラブルの発生を防止する。


若干、心配なのが、これらの作業は全て「被転載者の願い」であり、「転載者の意思に委ねられている点」なんです・・・。


「別にボタン一つで転載できるんだからいいんじゃない?なんでトラックバックする必要あるの?」
「転載してくださいって記事にあるから転載しただけだよ。それは駄目なこと?え?イチイチ連絡する必要、あるの?」
「別に転載元から転載しなくたって、いいんじゃない?」


などというテケトーなコトを考える方(いないとは思いますが・・・)が転載をした場合、被転載者はどうされるのでしょうか?そのブログに訪問し、諭す作業をすることになるのでしょうか・・・?


「自分のブログに訪問されているブロガーさんは、そんな悪いことはしない!」というお叱りの言葉が聞こえます・・・。が、続々と流入してくる超初心者・低年齢者さん達・・・ネット・マナーを覚えて頂く必要のある方々・・・そんな方々がマナー・ルールを覚える前に「ポチッとな♪」と転載ボタンを押してしまったら・・・そして、それを更に「ポチッとな♪」と転載・・・。ネットポリスがごとくあらゆるYahoo!ブログを巡回し、「ルールに則ってないブログ探し」をする必要にせまられます。

自分の記事も考え作成し、コメントもしっかり返し、更にはルール上好ましくない転載をしているブログを巡回し、その管理者を諭す・・・。途方もない作業に思えてしまいます。



逆に「転載機能のメリットとして挙げられていた点」を従来から存在する方法で代用できないか?も考えてみます。


真っ先に挙げられるのがリンクでしょうね・・・。「実は○○の△△さんという方が、こんな企画を行っています。私もその企画に対して、○○なことができるので協力していきたいと思います。企画の詳細は下記リンク先まで」なんて書き方で企画の紹介をする訳です。



メリット・デメリットを比較検討して・・・という言葉をよく耳にしますが、転載機能によるメリットが他の方法にて代用が可能ならば、自ずと転載機能は是か非か?という答えは出てくるかと思いますが・・・。



「仕様としてある以上、使えばいいじゃない?あるものを使わないのは勿体ないよ。使いながら、著作権・マナーに対する意識啓蒙していこうよ。」


「今、自分が置かれている状況、目の前にある材料で、いかに物事を進めていくか?」という言葉、僕も好きです。「どうしよう、~になったら・・・どうしよう、~されたら?」などという未来の不確定な事柄に対して右往左往することなく、現時点の状況でベストをつくすということですよね?


僕は、「あるから使う」という選択肢ではなく、「あるけど使わない」という選択肢をとることも重要だと思います。


Yahoo!はユーザーの良識ある使用を想定して転載機能を設定したのかもしれません。そして色々な方のご尽力により、Yahoo!が想定している通りに正しく使用されるブロガーさんも増えているのでしょう。


が、あくまで転載者の良識に委ねられているこの仕様においては、悪意あるユーザーが発生した場合、Yahoo!の想定外の状況に陥ると思います。そして「良識ある使用を期待してました」というYahoo!の対応に、被転載者はどう思われるのか・・・。


「そういった事はさ、啓蒙活動をしていくことが大事なんだよ。正しい使い方を広めていこうよ。」


啓蒙活動というのは、時としてゴールの見えない活動になります。どの段階をもって啓蒙活動の終了・・・ということが見えにくい訳です。加えて前述の通り、ブロガーはどんどん増殖する訳です。転載機能条件付可+啓蒙活動により覚醒されたブロガーさんの増殖と、初心者ブロガーさんの増殖・・・増殖率を考えると・・・(涙)


決して、啓蒙活動そのものを否定している訳ではありません。そして「啓蒙活動やっても無駄」なんて、これっぽっちも思っていません。多くの時間を割き、初心者さん達をはじめとした多くのブロガーさん達に対して行っている活動は素晴らしいものだと思います。


僕はその活動が、より充実した効果のあるものであって欲しいと思います。


奇しくも「転載機能が無かったとしても、転載行為が無くなるとは思えません。」と記述されたようにマナーを守らない方は悲しいですがいらっしゃいます。そういった状況があるにも関わらず、更にその要素を増加させる現在の機能を使用するというのは・・・いかがでしょう?




話題②について
言及・行動もせずにいる・・・

「Yahoo!ブログの転載機能は、こんな危険性に発展する可能性を秘めている。だから使うべきではない」
「転載機能、やめようね。」
「著作権というものは・・・」

という記事・・・これまで何度見てきたことでしょう・・・。「自分の言葉で記事を綴り、ブログにて公開する」作業そのものが、この話題に言及しているなにものでもないと考えるのですが・・・。


そして行動・・・「自分はこれだけのことをやっている。記事にて批判記事を出すだけじゃダメダメ。もっと積極的にいかなくちゃ。」というコトを指していらっしゃるのでしょうか・・・。


「Yahoo!に改善の投書をしてない、若しくはしようとしないあなたが偉そうなコトを言う筋合いはない」
「違反しているブログにまで訪問し、諭すぐらいやらないとこの問題に対して意見する資格はない」


行動の量の多い少ない、活動の中身の濃い薄い、具体性の有無が、その者の意見の正しい正しくないを決める尺度にはなりませんよね?



「みんなさ、転載機能はダメって言ってるばかりで、それを記事に書くばかりで・・・そんなんじゃさ、どんどん新たに誕生する新規ユーザー・・・その中でも超初心者・低年齢者のユーザーには意見、届かないって!Yahoo!にだって投書しないと!間違ったことをしているブロガーには直接言って指導してあげないと!」


もっと沢山の賛同者を背景にかかえ、もっと初心者に対して啓蒙活動を行うHow to 系ブロガーさんがいて、その方が「私はこれだけの活動をさせて頂いております。そして私の転載機能に関する所見としては、NO!です。不要です!」となったら・・・?


何度も言います。そういった地道な活動そのものを否定している訳ではありません。自分にはできないことをしている時点で尊敬に値します。素晴らしいと思います。


・・・が、それだからといって盲目的に意見に賛成することとは違うと思います。


僕は、ブログにおけるそれぞれの管理者さん達は対等でいいのではないか?と思っています。だからこそ、その人の発する意見が、本当にその意見の中身だけを見て判断し、納得のできるものかどうかを決められるものと思います。



そして・・・対等なブロガーさん達が意見の表明・自己表現、そして発せられた意見に対して自身がその意見の良否を判断する最たるものはなにか・・・?それが「記事」ですよね?


記事で転載機能について考えて書いてみました。
自分は転載機能についてはこう考えています。
○○さんの記事に対して、自分はこう考えます。


それらを具現たらしめるのは、まさしく記事です。そして、記事で言及している訳です。



Yahoo!ブログ内で、多くの訪問者・賛同者さんを抱えるブロガーさんが発信する考え・意見、そしてそのブロガーさんがHow to 系であるが故に、それに対して批判という形で意見の矢が飛んでくることは多いかと思います。


それは何故か・・・?まさしく、話題①でも出た「超初心者や低年齢者がどんどん流入してくるだろう、そして、そういった方々が最初に訪れるであろうブログはHow to系ブログである」からです。それは「How to系ブログ」という看板を掲げた時点で明白であり、責務も大きくなってしまう訳です。(逆に運営されるブロガーさんは、その責務を乗り越えて味わう喜びも、ひとしおなのでしょうね・・・)


「じゃあさ、記事で言及するだけの行動でいいのならさ・・・マナーの浸透、期待できないよ。」


確かに、例えば僕のブログ・・・訪問者はかなり少ないです(笑)ですから、僕が啓蒙記事を書いたところでそれを閲覧する訪問者も少ないでしょう・・・効果も少ないでしょう・・・。


ですが、記事と記事は繋がります。現にこうして訪問者が少ない僕のブログの記事と多数の訪問者数を誇る大きなブログが記事によって繋がりました。


こういった行為は、行動とは言わないのでしょうか・・・?そして訪問者が少ないブログを運営しているからこそわかるのですが、誤った転載機能の使用による記事の増殖をとても個人で止める自信がありません。だからこそ、最初から使わない方がいいのでは?と思う訳です。


How to 系ブログの運営者さんであればあるほど、初心者・低年齢者ブロガーは著作権・ネットマナーに対する意識が低いよと実感し、その危機感もブログを運営されている中で実感をされていらっしゃると思います。であれば尚更、その危険を増加させる可能性を秘めたものに固執する必要はあるのかな?と感じます。




最後に・・・少し蛇足・・・
現在、僕は FC2 で一つ、 livedoor で二つ、Yahoo! で一つ、計4つのブログを運営しています。ローカルルールというかサイトポリシーとして何個かの自身のそのブログに対する趣旨を掲げています。・・・が、守らない人は守りません(笑)ですから、あまり運営者側でルールを設定しているから大丈夫!的発想はしない方がよいのではないかなと感じています。勿論、掲げるにこしたことはありません。

今回、久々にトラックバックをうつことを前提にして記事を書かせてもらいました。まさしくこういったやりとりがなされることによって、様々な人々がこの問題について関心をもってくれればと思います、という意見、大賛成です。


記事を書く動機を生じさせて頂き、本当にありがとうございます。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

目次的記事で毎日更新か・・・。

実は、またまたYahoo!ブログを閲覧していた時のコトでした。とあるブログで、そのブログ内で多くコメントをされていらっしゃる方のブログを閲覧してみました。・・・その方は、やはりコメントを多く残しているだけあって、どうやらそのブロガーさんをリスペクトしているようでした・・・。


適当に全記事を表示させ閲覧していると・・・



う~む・・・記事構成が、そのリスペクトしているブロガーさんとそっくりだ(笑)



「今日の運勢」「おみくじ」などがあり、ブロガーさんの挨拶が数行・・・。その日の一発目の記事がテンプレート状態となっています。



リスペクト具合が伝わってくる記事構成でした・・・。



た、確かにこの方法・・・ネット環境がない状況に追いやられない限り、確実に「毎日更新」できますね・・・。テンプレートはできあがっているのですから、残りは「数行」の部分だけ書き換えればよい訳です。



でも、実はこれって・・・訪問者さんの目が肥えてきたら大変なんですよね・・・。


何故かというと・・・。


僕はこのテンプレート記事・・・「雑誌の目次」という捉え方をしてしまいました。


例えば週刊誌・・・表紙に「○○が離婚!」「W不倫?!」などという見出しが大々的に掲げられ、人々の購買意欲をそそります。そして中身の目次・・・その週の特集記事をはじめ、エッセイなどの恒例記事・・・。

構成が一緒なんですよね・・・。目次の配列も一緒ですから、後は「細部修正」をかけるだけの話・・・。



毎日、目次的な記事を掲載する訳です。



でも、読者は・・・当然、目が肥えます・・・。「あぁ、この人、また一緒の記事ね」などと思ってしまう訳です。


「あの週刊誌ってさぁ、見出しだけが派手だけど、中身ないんだよねぇ~」ならぬ「あのブログってさぁ、毎日更新されてるんだけど、中身ないんだよねぇ~」と思われてしまいます。



目次しかない新規記事・・・「あぁ、また定型記事ね」と思ってとばして読むようになってしまった自分がいます。中身がわかってしまっているからです。


毎日更新にこだわってしまった結果、このアイデアが生じたのでしょうか・・・定期的に訪問する方々を思って、このアイデアが生じたのでしょうか・・・。



「ブログがおもしろいorおもしろくない」は人それぞれですし、そういったことを判断する権利など僕は持っていませんから何も言いません。こういった手法で更新すること自体にも、本来は何も言うべき権利を持っている訳ではありません・・・が・・・。



毎日更新!ということにこだわり過ぎて、記事の中身を考えずこの手法に頼りすぎると・・・それによって得るものがある代わりに失うものもあるような気がしてなりません・・・。



毎記事が目次!の毎日更新ではなく、自分なりの充実した記事!で、不定期更新でありたいなと思ってしまいました。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

人はそれでも転載する・・・う~む・・・理解できない(涙)

転載・・・天才・・・天災・・・


あまりYahoo!ブログYahoo!ブログと・・・局地的なネタから始まるのは嫌なのですが・・・ついつい、「筆を取るきっかけ」となってしまいます・・・。


機能・仕様など、自身で転載機能をチェックしている訳ではないという前提でこの記事を書きますので、間違った点がありましたらご指摘ください。


「ブログは色んな楽しみ方があるハズだ!」


この言葉が錦の御旗のごとく掲げられて、なんでもありの状態になっている気がしないでもないYahoo!ブログ・・・その要素の一つとして転載機能が挙げられ、それに関する議論があちこちでなされています。


僕もこの件に関しては一度、記事にしました。



仰るとおり、人それぞれ色々な楽しみ方がある訳で・・・「こんなおもしろいサイトがあったよ」と「転載して」紹介するのもアリな訳で・・・。



しかし・・・しかし・・・「自分の言葉でもって自分のブログを綴りたい」と思っている僕からすると・・・どうもしっくりこない・・・(涙)


な、何故・・・自分のブログ記事にしてしまうのか・・・著作権だとか、そんな大きな問題の前に・・・画像ソフトなど、それぞれがそれぞれの時間を費やし作成したものをボタン一つで自分のブログに連れ込んで・・・。


特に「ブログはこうあるべきだ!」と教えを広める立場(と自認している)の人がすると・・・余計にそう思ってしまいます。


「コメントは転載元に」「転載元から転載して」云々かんぬん・・・こういった補完作業・補完マナーを加えたところで・・・「他の人が作成したものを自分の記事にした行為そのもの」は変わりないのに・・・。


勿論、僕自身もブログパーツなどをつけています・・・「あなたも他の無料サイトから頂戴してきてるじゃない?」と言われれば「はい」としか言えません。「転載可、としているのは、それと同じ意味じゃないの?」と言われたら・・・。


でも、やっぱり違うと思います・・・。


記事が中心にあるブログ・・・アクセス解析やカウンター、ブログペットなどはあくまでブログを飾るもの・・・そういうものを紹介する無料サイトは、普及してもらうことを前提に配布していると思います・・・。


が・・・中心の記事は・・・?それこそは・・・自身の言葉で・・・絵を中心としたブログなら自身の絵で・・・写真を中心としたブログなら自身の写真で・・・構成されるものなのでは・・・???


完全なるオリジナルの文章・・・それが笑い話でも恋愛モノでもホラーものでも・・・それが「おもしろいから自分のブログに持っていこう!」と簡単に持っていかれたら・・・。


How to系をされる方々でも、苦心して素人ユーザーにわかりやすいように解説記事を作成・・・にも関わらず簡単に持っていかれたら・・・?


僕は「記事そのものに対する感想は十人十色、だからその内容をもってブログに格差をつけたくない」けれど、「いくらどれだけつまらない記事・内容でも、その人が頭を使って、時間を使って作成した行為・努力」には敬意を表したいと思っています・・・ですから、それを簡単に持っていく転載機能は・・・


まるで・・・転載元の代理店のような雰囲気・・・販売元が用意したものを使い集客する・・・。「集客する」という行為に対し心血を注ぐ・・・。



わからない・・・。



あ!そうか・・・!記事そのものは転載でも他からのリンクばかりでも、テンプレート状態になっててもいいんだ・・・!





記事そのものが「引用」で・・・コメントが記事になってれば・・・(爆)主従の関係に・・・これはなりますか?(笑)




だからこそ「コメント演説」が成立するのかな・・・。




Yahoo!チャット出身の僕が最近Yahoo!ブログで感じるコトは、「Yahoo!ブログユーザーは、自分のブログを他でとらえられているブログと感じずにPM(プライベートメッセージ)のハコかなにかとしてしか考えてないのかな?」です・・・。


炎上したりしているブログばかり見てるからかな・・・本当に、しっかりとしたYahoo!ブログを運営されていらっしゃる方がお見えでしたら、ごめんなさいです・・・。


テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。